前日版(400円)

1月27日(日)分の【最強競馬予想】です。提供レースは以下の5鞍です。

根岸S、シルクロードS
東京9R、京都9R、中京11R

続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?
1月26日(土)・当日版の【最強競馬予想】です。提供レースは4鞍です。

【最強競馬予想】
━━━━━━━━━━━━━━
東京10R
クロッカスS(L) 1月26日(土) 若い3歳馬同士

3歳馬が争うオープン特別で、舞台は芝1400m。若駒同士の戦いになり、みなが何かしら課題を抱えている。

◎はダイワメジャー産駒のディキシーナイト。巨漢馬で緩さが残り、頭が高くなる分で2戦目からシャドーロールを着用している。実戦でもキレイな競馬ができないが、それでも前走でオープンのジュニアCを3着に好走した。攻めの動きから気になる反動はなさそう。1400mというタイプでもないが、広い府中ならじっくり乗って末を活かせるし、狙い目があるとみた。

相手の筆頭は、良血の牝馬ルガールカルム。体が固まる前で本格化は先だが、新馬勝ちで見せた切れ味は強烈だった。

以下はカルリーノ、ドゴール、デンバーテソーロなどで、連勝式はうまく狂ってくれるといい。

◎7番ディキシーナイト
○6番ルガールカルム
▲1番カルリーノ
△4番ドゴール
※2番デンバーテソーロ
×9番ヘイワノツカイ
×3番ジャカランダシティ
×10番オトナノジジョウ

【単勝】7番(20%)・6番(20%)
【複勝】7番(60%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
7→1.2.3.4.6.9.10
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
7→1.2.3.4.6.9.10(21点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
7.6→1.2.3.4.9.10(36点)

━━━━━━━━━━━━━━
東京12R
4歳以上500万下 1月26日(土) 伏兵の差し馬狙い

500万下の芝1600m戦。スピードある先行馬が数頭いて、レースは淀みない流れで推移しそうだ。そこで、差して脚を使える伏兵馬を狙うことにした。

◎は4歳の牝馬レッドイリーゼ。昨秋の福島の2戦では直線でしっかりと脚を使っていて、下級条件では上位の素質を備えている。リフレッシュ放牧を入れて成長をうながし、菊花賞馬フィエールマンと併せるなどして攻めは意欲的。ヤネにフランスのブロンデルを配し、うまく末を活かすと一発がある。

相手の筆頭は、4歳の男馬ダークナイトムーン。のちに菊花賞を3着することになるユーキャンスマイルとクビ差の勝負を演じたことがあり、こちらも素質は高い。中京の前走(12着)は直線で捌けずにほとんど追えなかった。

以下、ソロフレーズ、テンワールドレイナ、ケルベロスなど、軽視できない勢力が多くいる。

◎14番レッドイリーゼ
○6番ダークナイトムーン
▲9番ソロフレーズ
△15番テンワールドレイナ
※7番ケルベロス
×10番アビーム
×11番ファストライフ
×2番エピックスター

【単勝】14番(10%)・6番(10%)
【複勝】14番(50%)・6番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
14→全通り
6→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
6.14→全通り(14点)
9.14→全通り(14点)
14.15→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
14.6→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━
京都10R
木津川特別 1月26日(土) ハンデ戦で穴狙い

1000万下の外回り芝1600m戦。ハンデ戦で6キロの上下差がある。55キロ以上を背負う人気が確実な3騎(7番、8番、10番)の力は上なのは確か。しかし、配当面で妙味がなく、ハンデの軽い伏兵馬を狙うことにした。

◎は牝馬のバルベーラ。500万下の2勝は道悪で挙げたもので、今の荒れた馬場は歓迎と言える。ひと息入れてリフレッシュ効果が見込めるし、うまく捌くと激走シーンも。

相手の筆頭は4歳のオメガラヴィサン。ソラをつかうなど気難しさがあるが、昇級緒戦の前走では仕掛け遅れになりながら狭いところを割って3着に伸びている。

以下はステイオンザトップ、フォックスクリーク、シベリアンタイガーなど。

◎1番バルベーラ
○10番オメガラヴィサン
▲8番ステイオンザトップ
△7番フォックスクリーク
※2番シベリアンタイガー
×3番サウンドバーニング
×4番メイショウミツボシ
×5番ベルカプリ

【単勝】1番(10%)・10番(30%)
【複勝】1番(60%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
1→全通り
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
1→全通り(36点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
1.10→全通り(48点)

━━━━━━━━━━━━━━
京都12R
4歳以上1000万下 1月26日(土) 伏兵の差し馬狙い

1000万下のダ1800m戦。初ダートになるキボウノダイチがハナ候補だが、他にも先行タイプがいる。どんな競馬になるのか読みづらく、展開次第で結果は大きく変わってきそうだ。

穴を狙ってライトオブピースに◎を打った。昨秋の福島での500万下勝ちが、直線の立ち上がりで外に膨れながら豪快に差し切る強い競馬。昇級緒戦は18キロ増と太めでの6着で、次走は12キロ絞ったものの、スタート後に挟まれる大きな不利を食らって8着に終わった。中間の攻めは意欲的で、坂路(栗東)の最終追いでは50秒3の一番時計をマークしている。ヤネは追いの甘い武豊だが、折り合いに課題にある同馬に対しては慎重に乗るだろう。混戦になると差し込むシーンも。

相手の筆頭は4歳のマイネルカイノン。ズブさがあって揉まれると弱いが、前走では長く脚を使って2着に上がっている。

以下、メイショウエイコウ、テイエムチェロキー、カレンカカなど、侮れない勢力は多い。

◎12番ライトオブピース
○3番マイネルカイノン
▲4番メイショウエイコウ
△1番テイエムチェロキー
※8番カレンカカ
×11番スズカスマート
×13番ハローマイディア
×10番ハクサンペリー

【単勝】12番(10%)・3番(30%)
【複勝】12番(60%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
12→全通り
3→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
3.12→全通り(11点)
4.12→全通り(11点)
1.12→全通り(11点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
12.3→全通り(66点)

━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール
著者:大谷内泰久

元『競馬研究』記者。的中精度の高さから、入社わずか2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組「ニュースバード」で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!
今週末の予想提供
◆2月23日(土)
【土曜版】(500円) 前日22時ごろ
アクアマリンS、仁川S
東京10R、東京12R
京都10R、京都12R
小倉11R

【土曜無料版】(無料) 当日10時ごろ
東京9R、京都9R

◆2月24日(日)
【日曜版】(500円) 前日22時ごろ
中山記念、阪急杯
東京10R、東京12R
京都10R、京都12R
小倉11R

【日曜無料版】(無料) 当日10時ごろ
東京9R、京都9R

予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -