プロフィール
著者:大谷内泰久

『競馬研究』元記者。的中精度の高さから、入社2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。不可能と言われた馬連の全レース購入・均等買いでの年間回収率プラスを達成。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

ダイヤモンドS(令和2年)で3連単355万馬券のビッグヒットを達成。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックお願いします
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

◆12月11日(土)
【土曜メインレース】(400円)
 …前日23時ごろor当日10時ごろ
師走S、中日新聞杯

【土曜後半レース】(未定)
 …当日12時ごろor当日14時ごろ
2鞍以上(10R以降)

◆12月12日(日)
【日曜メインレース】(400円)
 …前日23時ごろor当日10時ごろ
カペラS阪神ジュベナイルF

【日曜後半レース】(未定)
 …当日12時ごろor当日14時ごろ
2鞍以上(10R以降)
予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

【今週末の予想提供】、【先週の予想コメント】

【今週末の予想提供】
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

◆11月20日(土)
【土曜メインレース】(400円)
予想+全頭診断・騎手評価
 …前日23時ごろor当日11時ごろ
東京スポーツ杯2歳S、アンドロメダS

【土曜後半レース】(未定)
 …当日12時ごろor当日14時ごろ
2鞍以上(10R以降)

◆11月21日(日)
【日曜メインレース】(400円)
予想+全頭診断・騎手評価
 …前日23時ごろor当日11時ごろ
霜月S、マイルチャンピオンシップ

【日曜後半レース】(未定)
 …当日12時ごろor当日14時ごろ
2鞍以上(10R以降)

※携帯電話料金と一緒にお支払いしたい方は、『note』版をご利用ください

ブログ『note』はコチラから

キャリア決済は、docomo、au、ソフトバンクモバイルに対応しています。携帯料金と一緒に支払いができるサービスで、パソコンからも決済できます。noteに会員登録(登録料無料)している方のみ、ご利用になれます

━━━━━━━━━━━━━━
【先週の予想コメント】(日曜メインレース、日曜後半レース、土曜メインレース、土曜後半レース)

【日曜メインレース】

エリザベス女王杯
馬 連 5万1,870円
ワイド   9,600円
ワイド   7,450円
複 勝    650円(30%)
ステラリア2着(7人気)

福島記念
3連単 5万2,260円
3連複   7,500円
馬 連   4,470円
複 勝    310円(30%)
複 勝    180円(50%)
ヒュミドール2着(6人気)
アラタ3着(1人気)
▲○◎でヒット

阪神11R
エリザベス女王杯(GI) 11月14日(日) タフな馬場が鍵に…

牝馬が争うGI競走で、舞台は阪神の芝2200m(内)。

外回りの1コーナー部分からのスタート、内回りでコーナーを4つ回る。3コーナーの残り800mから直線の残り200mまで緩めの下り坂が続き、200m~100mは急な上り坂になっている。直線距離は356.5m(Aコース使用時)。もちろん競馬によるが、残り600mあたりからペースが上がり、ラスト1ハロンが少しかかるというラップ構成になりやすい。

芝は連続開催の6週目で、Aコース使用6週目になっている。京都が改装工事に入り、使用頻度が高くなっている阪神。内が少し荒れ、全体にタフな馬場になってきている。

JRAからは「コース全周に亘り、内側に傷みがあります。特に内回り3コーナーから4コーナーの傷みが顕著です」と発表があった。土曜の競馬を見ると、意外と内を突いた馬が走れていて、ただ、上りがかかって外からの追い込みが決まるケースもあった。

間違いなく言えるのは、時計を要す状態であること。結果を出すにはパワーとスタミナが必要になり、あと、折り合って末を残せるかどうかも大きなポイントになる。

──────────────
以下、全頭診断と騎手評価(50音順)。全頭診断は相対評価、騎手評価は絶対評価で、騎手評価は騎乗馬との相性を考慮する場合がある。

【アカイイト】評価B 騎手A-
4歳馬。3歳時に忘れな草賞(L)で4着、ローズSで7着。3勝クラスは2→3→2→1着でクリア。4歳になった5月のシドニートロフィーは、道中で力んだ走りになり、直線でラチ沿いを抜け出したものの、最後で鈍ってソフトフルートに差された。続く阪神芝1800m(外)は、後方でタメて直線で大外へ。展開自体も向き、グイグイと長く伸びて追い込み切っている。秋は4ヵ月ぶりという状況で府中牝馬Sに挑戦、攻め量は少なめだった。ボコッと出て後手に回り、少しハミを噛んだ走り。直線に向くと外に動かして追い出し、しっかりと脚を使って0秒5差の7着まで詰めた。自身の上がりは33秒4だった。中間は栗東の坂路で乗り込み、2週前の金曜に52秒4、1週前に53秒0で追われている。今週は幸英明が跨り、終いに追われて51秒6-12秒7。ラストの動きは重かったが、雨が残った悪い馬場の中で速めのラップを刻んだだけに致し方ない。4ハロンの時計は自己ベストとなる数字で、陣営は「この馬史上、最高のデキ」と話している。気のいい馬なので折り合いがポイントになるが、レースは流れてくれるし、2戦目でガス抜きはできていそう。相手が強く、56キロを背負うのは初めて。それでもしっかりとタメが利けば、2200mの距離でも終いに脚を使ってくるだろう。もつれる展開になってくれれば。
【アカイトリノムスメ】評価A+ 騎手A-
3歳馬。母アパパネは牝馬三冠を達成し、エリザベス女王杯は3歳時と4歳時に走って共に3着だった。春はクイーンカップを早めに先頭に並んで渋太く勝利。桜花賞はポジションを取りに行く競馬で、直線はジリジリと脚を使っての4着だった。レコード勝負の中で0秒2差だから中身は濃かった。オークスは馬群の中で折り合い重視でじっくりと。直線はスムーズには捌けず、少しウロウロすることになる。最後は内めを割って2着に上がった。秋華賞はぶっつけ、十分に乗り込んで好仕上がり。タテ長の競馬の中、中位の前の外でスムーズな競馬ができた。直線に向くとしっかりと脚を使い、残り100mで先頭に立って押し切っている。馬場は良でも少し渋っていたし、当日は強い風が吹いて厳しい状況だった。勝ち時計は2分01秒2で、レースのラスト1ハロンは12秒9とかなりかかっている。断言はできないが、結果的にレベルの高くない競馬だったかもしれない。少し休ませてから、美浦でウッドコース中心の乗り込み。1週前は3頭併せの内につけてラスト1ハロンが11秒6、今週は追走して内に併せ、強くは追わずに67秒4-11秒9という時計だった。見えない疲れがあるかもしれないが、順調に乗ってはきた。スパッとは切れないものの、スタミナと持久力があり、根性を出して長く伸びるのが特徴的。このあたりはアパパネとそっくりだ。初の古馬との手合わせといえ、2キロ少ない54キロで走れるのは大きい。荒れてきている阪神の馬場は問題なく、内回りの2200mにも対応可能。戸崎圭太は馬群に入ると捌きが甘いところがあるが、うまく立ち回れば争覇圏にも。

【イズジョーノキセキ】評価B 騎手A+
4歳馬。3歳の春にはチューリップ賞で4着、忘れな草賞で2着。秋に1勝クラスを勝った時には、2着エアロロノア(現オープン)に2馬身の差をつけている。4歳になって、春に阪神の芝2000m(内)で3勝クラスをハナ差の2着。タメる競馬でなだめつつの追走、4コーナーで動きづらくて厳しい情勢だったが、最後は馬群を割って伸びて強襲した。続くマーメイドSはハンデ52キロで7着。やはり少しハミを取るところがあり、直線は弾けなかった。秋緒戦は自己条件で、舞台が阪神の芝1800m(外)、秋華賞と同じ日。インでなだめ、直線で大きく外に動かす形に。追われると、しっかり伸びて2着に上がった。さらに外から差したジェラルディーナは強すぎた。馬場を考えると、1分46秒4(良)の走破時計、33秒7の上がりは優秀な数字である。中間は栗東でじっくりと乗られてきた。1週前にCWコースで66秒台-12秒級。今週は和田竜二が跨ってCWに入れ、追走して内に併せていく。直線は楽な感じで先着し、時計は66秒級-12秒台だった。2200mを走るのは初めて。折り合いがつくかと56キロの克服が鍵になるが、まだ全能力が見えていないところがあり、何か不気味な存在である。噛み合うと一発も。

【ウインキートス】評価A+ 騎手A-
4歳馬。岡田一族。今年の春に3勝クラスをクリアしてオープン入り。日経賞(15着)は3コーナーで外から寄られてラチにぶつかり、あとは鞍上が追わなかった。続いて東京芝2500mで目黒記念をV。ハンデは52キロで、2番手につけて超スローの流れに。直線で少し外に動かして楽に先頭に立ち、追われるとグッと後続を離して快勝した。ラスト2ハロンは10秒6-11秒1という速さで、自身の上がりは32秒5だった。夏の札幌記念は9着。好位の外で走りはスムーズだったが、勝負どころで反応できずに下がってしまった。18キロ増で太かった感じだ。中山のオールカマーは14キロ絞って472キロ。中位のインで脚をタメ、直線に向いてから追い出す。頭が少し高くなり、外に動かす形にもなったが、長くしっかりと伸びて2着に上がった。中間は美浦で意欲的な調整ぶり。1週前にはウッドコースで併せ馬を行い、大外を通る形に。追われるとグイグイ伸びて突き放した。時計は66秒6-11秒8だった。今週はウッドで単走、やはり大外から。馬の気持ちに任せて強くは追わない。それでもバランスが良く、力感ある走りで66秒3-11秒9をマークした。馬体は充実しているし、いいデキにあるのは間違いない。阪神は初になるが、問題なく対応できそう。ゴールドシップ産駒でスタミナとパワーがあり、今の力を要す馬場は合っている。56キロも克服できていいだろう。あとは長距離輸送の影響が出ないといい。自在に運べる点は強みになるし、好勝負が可能とみた。

【ウインマリリン】評価A- 騎手S
4歳馬。岡田一族。3歳時には春にオークスで2着。好位のインから直線でラチ沿いを伸びるという競馬で、勝ったデアリングタクトとの差は半馬身だった。秋は秋華賞ではリズムの悪い走りになって15着に大敗。次にエリザベス女王杯を使って4着に健闘した。オークスの時のようにインでタメ、直線で2番手に上がるかのシーンをつくっている。上位3頭はラッキーライラック、サラキア、ラヴズオンリーユーで、価値ある3歳での4着だった。4歳になって、春は日経賞を制覇し、天皇賞(春)で外を回る形になりながら5着に駆けた。秋緒戦はオールカマー。好位のインにつけ、直線に向いて手応え十分。スペースがなくなったが、外に切り返して追い出し、2頭の間をグッと割って抜け出した。強い勝ちっぷりだった。その後は元から問題があった右の肘種が大きくなり、熱が上がってしまう。それでも美浦でウッドコースを中心に乗り込んできた。1週前は横山武史が跨り、マイネルファンロン(オープン)を追いかける稽古。直線の推進力はひと息で、遅れてしまった。今週は単走で終い重点。追われてからの伸びは先週よりも良く、ラスト1ハロンは11秒5だった。上がってきてはいるのだろう。やはり熱が出たことが実戦で影響しないかがポイントになる。もちろん、実力的には上位。武史は追いに関しては現役トップクラスだし、力を出し切れば上位にも。

【クラヴェル】評価B 騎手A+
4歳馬。祖母ディアデラノビアは、06年にエリザベス女王杯を3着、07年に4着。今年の6月に格上挑戦でマーメイドS(ハンデ51キロ)を使って2着。後方に下げて道中は行きたがっていたが、直線で大外からグイグイと伸びてクビ差に強襲した。続く中京記念(ハンデ52キロ)は直線で荒れている内を突く形になっての3着。新潟記念(ハンデ52キロ)は折り合い重視でじっくりと。直線で外に動かしてよく伸びたが、さらに外を走らせた牡馬2頭に及ばずの3着だった。それでも中身は濃い。その後は放牧に出され、栗東に戻ってからの調整は意欲的。1週前の金曜には、坂路で52秒5-12秒3でしっかりと追われた。今週はCWコースで前の2頭を追いかける形。直線で内から取りつき、楽な手応えのまま同入している。時計は66秒台-12秒台だった。いいデキにあるとみていい。行きたがる気性が課題だったが、控える形で息が入るようになってきた。GIで流れればガツンとは行かないだろうし、阪神の2200m(内)にも対応できていい。斤量が前走から4キロ増えて56キロになるのは楽でないが、末脚を活かす競馬ができると食い込むシーンも。

【コトブキテティス】評価C 騎手B
4歳馬。重賞の経験は、3歳時の紫苑S(10着)のみ。2勝目からの3勝は、すべて舞台が府中の芝2400m。3勝クラスの前走は、7番人気の低評価で、大外18番枠から出て中位の後ろで脚をタメる形に。直線に向いて、大外に構えて手応え十分。追われてしっかりと加速し、残り200mを待たずに先頭に立つ。そのまま最後まで脚を使って押し切った。2分25秒7(良)だから時計は強調できないが、競馬としては強かった。馬体重が444キロ。春に2勝クラスを勝った時が432キロだったから、パワーアップしてきたのだろう。中間は美浦でウッドコースと坂路を併用して熱心な乗り込み。今週はウッドコースで前を大きく追いかけ、直線で内に併せると馬なりのまま軽快な動きを見せて同入した。時計は67秒3-11秒7だった。さらに上向いてきた印象がある。阪神の芝2200m(内)にも対応できそうだが、GIでとなると微妙。56キロも楽でない。輸送で馬体を減らさず、終いに徹すれば詰めてはくるか。

【シャムロックヒル】評価B 騎手A+
4歳馬。今年の6月に阪神芝2000m(内)のマーメイドSをハンデ50キロで10番人気ながらV。良発表でも少し渋った馬場、1番枠から主張してハナへ。道中は負担がかからないペース。直線で飲み込まれそうな感じになったが、そこからが渋太く、なかなか抜かさせずに最後はクラヴェルの追撃を抑えて勝ち切った。夏のクイーンSは別定の55キロ。大外11番枠から出していって3番手の外。3コーナーを過ぎると、鞍上の手が激しく動いて下がってしまう。直線で盛り返す感じで少し脚を使っていて、バテたというわけでもなかった。その後は放牧に出され、栗東に戻ってからCWコースで意欲的な調整ぶり。1週前にはジョッキー騎乗でしっかりと追われ、65秒台-11秒台をマーク。今週は大きめにとどめ、時計は70秒台-12秒級だった。ノビノビと走っていて、デキは良さそうだ。速い脚はないが、スタミナと持久力に富んだタイプ。阪神の内回りコースは、2200mを含めて2戦2勝である。GIで56キロでは楽でないが、バラけた好位でソツなく立ち回ると、見せ場はつくってくるだろう。押しが利くかとなると、簡単ではないだろう。騎乗する団野大成は若手の実力派で、同馬で2勝。

【ステラリア】評価A- 騎手S
3歳馬。春に阪神芝2000m(内)で忘れな草賞をV。中位で軽く抑えるぐらいの追走になり、直線は外めからしっかりと伸びて差し切った。1分58秒0(良)と勝ち時計が速いが、レコード決着になった桜花賞と同じ日で、高速馬場の中でのものである。オークスは13着。大外18番枠から流れに乗せようとしたが、2番手まで行って掛かってしまった。失速したのも致し方ない。夏場は休ませ、秋はぶっつけで秋華賞。攻めは大きめが中心で、実が入っていなかったのだろう。実戦ではヨレてスタートでうまく出られず、後方でタメてジッとして動かない。直線で少し外に出し、ジリジリと伸びて0秒5差の6着に上がった。中間は栗東のCWコースで意欲的な調整ぶり。1週前は追走する形から早めに内に併せ、直線は楽な感じのまま力強く引き離した。時計は66秒台-11秒台だった。今週は大きく追いかけて気持ちが入った走り。直線で内から追いつき、余裕ある手応えで同入している。時計は65秒級-11秒台だった。前走時より速い時計が出ていて、調教後の馬体重は前走比8キロ増の498キロ。叩いた分の上積みは大きそうだ。父はキズナで、母の父はモティヴェイター(Motivator)。モティヴェイターは英ダービー勝ち馬で、その父は仏ダービー、愛ダービー、凱旋門賞を勝ったモンジュー(Montjeu)である。また、BMSがモティヴェイターというのは、先に菊花賞と逃げ切ったタイトルホルダーと同じだ。強くはない体質を考えると軽い馬場の方がいいが、しっかりと攻められている状況ならタフな芝で走れるかもしれない。内回りの2200mも問題ないだろう。ヤネはガッツリと追ってくる松山弘平に強化。54キロの斤量利は大きいし、侮れないムードだ。

【ソフトフルート】評価B 騎手A-
4歳馬。3歳の秋に2勝クラスを圧勝して秋華賞に挑戦。大きくアオッて最後方から。4コーナーで上がっていくときに外に弾かれ、かなり外を回る形に。それでも直線で長くしっかりと脚を使って0秒3差の3着に伸びた。続くエリザベス女王杯は6着。中位の前でスムーズな立ち回りができ、直線は伸びてはいても切れ負けしたといった内容だった。上位3頭は強く、4着のウインマリリンとは3/4馬身+クビの小差だった。4歳になって、春に中京で外から力強く差し切って3勝クラスをクリア。マーメイドS(ハンデ54キロ)は1番人気で8着に終わったが、少し気分良く行かせすぎたか。秋緒戦は新潟牝馬Sを使って2着。スタートでヨレ、無理せずじっくりとタメる競馬に。直線で外に出し、渋太く伸びて2着に上がっている。体は増えていたし、確実に成長している感じだ。中2週とレース間隔は詰まっていて、攻めは栗東CWコースで2本。1週前は終い重点でラスト1ハロンが11秒台。今週は追走して内に併せ、直線で軽くうながして先着している。時計は68秒級-12秒だった。疲れはないとみていいだろう。軽い馬場の方が切れるが、少しタフな状態でも結果を出している。タメを利かせれば終いは確実。56キロは影響するかもしれない。型にハマるとあるいは。

【デゼル】評価B 騎手B
4歳馬。母は仏オークス(芝2100m)、仏1000ギニー(芝1600m)と、GIを2勝。3歳デビューで2戦目にリステッド競走を勝ち、オークスは2番人気になって11着に終わっている。4歳になって、春に3勝クラスと阪神牝馬Sを外から差し切る競馬で連勝。ヴィクトリアマイルは外からジリジリと詰め、8着でも2着とは0秒2差だった。走りのバランスはひと息で、上積みのない状態だったのだろう。夏場は休ませ、秋は府中牝馬Sから始動して16着。陣営が「急仕上げ気味」という状態で、17番枠から好位に上がって少し気持ち良く走り、4コーナーで反応がなくなっていた。その後は栗東で意欲的な調整ぶり。1週前にジョッキー騎乗でCWコースで追われ、3頭併せの内からで65秒台-11秒台をマークしている。日曜もCWで終いにやられた。本追い切りは、坂路でダービー馬マカヒキとの併せ馬。相手は馬なりで、こちらは一杯に追われて食らいついた。時計は52秒9-12秒9だった。使った分の上乗せは大きそうだ。2200mは長い印象だが、丁寧にタメて末を残せば伸びてきておかしくない。56キロの分は少し心配だが、いい脚を持っているので怖さはある。

【テルツェット】評価A- 騎手A+
4歳馬。2代母の仔にラヴズオンリーユー(オークス、クイーンエリザベスII世カップ(香港)、BCフィリー&メアターフ(米))。4代母が米、英、仏でGIを計10勝したミエスク(Miesque)。3歳の秋から休養を挟みつつ条件級を3連勝した。4歳の春にダービー卿チャレンジTに挑戦。スタートでトモが入らずに置かれたが、3コーナーを過ぎて外を追い上げ、直線で力強く抜け出して快勝している。しかも、ゴールした時に余力が残っていた。これで4連勝である。続くヴィクトリアマイルは後方のインで抑えつつの追走になり、直線は伸びずに14着に終わった。夏は函館芝1800mのクイーンS。ルメールが手綱を取って丁寧に脚をタメ、直線で馬群を割ってグイグイ伸びて差し切った。これもダービー卿チャレンジTの時と同じで、ゴール板を過ぎてスタミナが残っていた。その後は放牧に出され、美浦に戻ってからはウッドコースを中心に乗り込んできた。1週前はジョッキー騎乗で終い重点の併せ馬。追われてラスト1ハロン11秒7で先着した。今週は大外を回って71秒3-12秒5と大きめのメニュー。直線はバネのある走りを見せ、体もふっくらとしていた。420キロ台で小ぶりだが、いい瞬発力とスタミナがあり、パワーも感じさせる。前走の感じなら、56キロも克服できそうだ。初となる阪神には対応できるはずで、少し気のいいところがあるので折り合いがポイントになる。あと、長距離輸送で体が減らないといい。厳しい条件ではあるが、まだ奥がありそうで、警戒が必要になる。

【ムジカ】評価B 騎手B
4歳馬。3歳の秋にローズSで馬群を割って伸びて2着に好走している。続く秋華賞はゲートでアオッて後方から。4コーナーでゴチャつくシーンがあり、直線で大きく外に動かすという雑な競馬になった。それでも直線で脚を使って8着にはきた(4コーナーは15番手)。4歳になって、春に福島牝馬S(新潟芝1800m(外))で0秒2差の5着。直線で外からラチに押し込められる不利があり、引いて追い直してから脚を使っていた。秋2戦目の新潟牝馬Sは、後方から伸びて2着とアタマ差の3着だった。3勝クラスで勝ち切れないが、オープンや重賞でも相手なりに応戦してくる。中2週のレース間隔で、速めの時計は今週の1本。坂路(栗東)に入れ、終いに強めに追われて53秒2-12秒4をマークした。動きはしっかりしていた。ゆったりとした跳びで長めの距離は合う。56キロでも走れて良さそうだ。メンバーは強力だが、紛れがあれば。

【ランブリングアレー】評価A- 騎手A-
5歳馬。4歳の秋に京都芝1800m(外)で牡馬を相手にリステッド競走を勝っている。4歳になって、春に愛知杯(ハンデ54キロ)でクビ差の2着に好走。中位馬群でなだめつつ脚をタメ、直線で割って伸びて先頭に躍り出る。最後は甘くなってマジックキャッスルに交わされたが、3着に3馬身の差をつけていた。次走の中山牝馬Sは劣悪な不良馬場、ハンデが55キロ。中位の外を進んで泥はかぶらず、直線で外を伸ばす形に。自身も苦しくて大変だったが、前が止まったことで差が詰まって差し切る結果となった(レースのラスト1ハロンは14秒4)。ヴィクトリアマイルは一転して高速馬場で、10番人気と評価は低かった。後方のインでなだめて脚をタメる競馬に。直線はスペースができず、少し待ってから外に動かす。追われてからしっかりと伸びて2着に上がった。夏場は休ませ、秋緒戦はオールカマー。中位の前につけ、行きたがるのをなだめつつ追走に。3コーナー前からは外が動いて馬群に入る形になった。動きづらそうで、戸崎圭太は手綱を抑えたまま。戸崎のいつも捌き下手が出たかと思ったが、仕掛ける気もなかったか。直線に向いてから追い出し、ジリジリと伸びて0秒6差の7着で入線している。中間は栗東のCWコースと坂路で熱心な調整ぶり。もともと時計の出るタイプで、2週前、1週前とCWで65秒級で追われている。今週はCWに入れて楽に4ハロン51秒台-12秒3。前向きに気持ち良さげに走っていたし、体も充実している。叩いた上積みは少なくない。56キロはこなせそうで、問題は折り合い。オールカマーは今回に向けての試走とも思える乗り方だったので、これが勉強になっているといい。馬体や血統からは2200mに適性があるはずで、道中で息が入れば末脚を繰り出してきそうだ。

【リュヌルージュ】評価C 騎手B
6歳馬。古い話になるが、3歳時に忘れな草賞でハナ差の2着に駆けている。5歳になって、2月に2勝クラスを勝ち、次走で中山牝馬Sに挑戦した。馬場は不良、ハンデは50キロ。2番手を追走して直線で先頭に並び、粘り強さを発揮して3/4馬身差の2着に残った(勝ち馬フェアリーポルカ)。6月のマーメイドSはハンデが53キロ。中位のインを進み、直線で内めを渋太く伸びて3着に上がっている。秋にはエリザベス女王杯を使って12着。タテ長の展開の中位を進み、直線は目立つ伸びなし。ただ、バテているわけではなく、切れ味で負けていた。4着ウインマリリンと0秒6差で、大敗ということでもない。6歳になって結果が出ていないが、春の大阪-ハンブルグカップ(ハンデ52キロ)は道中で力むところがありながら直線で追い比べに加わろうかという場面があった(9着)。秋緒戦の新潟牝馬Sでは初めてチークピーシズを着用。逃げて少し気持ち良く走り、直線はジリ貧という下がり方だった。中2週になり、速い時計は今週の1本。ジョッキー騎乗で芝コースに入れ、新馬と併せた。外で並んで手応え良くキビキビとした動き。時計は65秒台-11秒台だった。叩いて順当に上向いている。今回もチークピーシズを着用する予定。ロザムールを行かせて2番手の競馬になるか、それともハナを奪うか…。スタミナはあり、後続の仕掛けが遅くなれば見せ場はつくってくるかもしれない。荒れ気味の馬場もプラスになる。ただ、やはり決め手では劣勢で、上位となると難しそう。

【レイパパレ】評価A+ 騎手S
4歳馬。3歳の1月に新馬を勝ち、そこから連勝を続ける。12月のチャレンジカップでは、2番手追走で力むところがあったが、4コーナーで先頭に並び、直線で渋太く脚を使って牡馬をしりぞけた。4歳なって春に大阪杯に挑戦、馬場は重。モタれてゲートはうまく出られず、二の脚がついてハナへ。道悪を苦にすることなく、気持ち良さそうに逃げる。4コーナーで後ろからグランアレグリア(4着)とコントレイル(3着)が動いてきたが、手応えは優勢。直線に向いて川田将雅が内を避けて外に動かし、しっかりと脚を使って4馬身差で快勝した。無傷の6連勝でのGI制覇となった。続く宝塚記念はユニコーンライオンを行かせて2番手から。道中はずっと少し力んで走っていた。直線で先頭に出たが、抜け出す余力はなし。クロノジェネシスに交わされ、最後はユニコーンライオンに差し返されて3着に終わった(2着とはクビ差)。秋緒戦は中山のオールカマー。10キロ増の442キロと、馬体が増えていたのは良かった。実戦はロザムールを行かせて2番手の追走。宝塚記念の時と同様に力みがあった。4コーナーではグローリーヴェイズがプレッシャーをかけてきて、早めに先頭に立つ形に。直線は残り150mまで頑張っていたが、最後は4着に落ちた。その後は放牧に出され、10月21日に栗東に帰厩。そこから坂路でこれまでよりもハードに乗られてきた。1週前には終いにしっかりと追われて53秒0-12秒5で先着。日曜にも55秒6-12秒4を乗られている。本追い切りはルメールが跨ってライトウォーリア(オープン)と併せ馬。追走して並んでからの感触が良く、最後は強めに追われて先着した。雨が残った馬場の中、52秒9-12秒5で動けば十分である。馬体も充実している感じだ。荒れた馬場はまったく苦にしないし、56キロは宝塚記念で経験している。やはりポイントは折り合い。あと、トモが入り切らないところがあるので、スタートをうまく出したい。そういう面からすると、ルメールというのは間違いなく適任者である。ロザムールとリュヌルージュが主張しそうで、好位で慎重に運ぶような競馬になるだろう。後続も同馬を意識はするだろうが、早くかぶせていくと自身が苦しくなりかねない。古馬のGIを勝っている唯一の存在。息が入ってスムーズなら戴冠まである。

【ロザムール】評価C 騎手A-
5歳馬。4歳だった昨年の12月に中山で3勝クラスをクリア。明けて5歳緒戦が中山金杯(ハンデ52キロ)で、ペースを落として逃げて4着に粘っている。春の中山牝馬S(ハンデ52キロ)は不良馬場の中を逃げ、4コーナーで並ばれる厳しい展開に。それでも一旦は後ろを少し離し、苦しくなりながらもハナ差の2着に残った(勝ち馬ランブリングアレー)。夏口は七夕賞(ハンデ53キロ)を使って2着に好走した。自分の競馬はできたが、2番手にいたのが力のある牡馬トーラスジェミニ(57キロ)。4コーナーで並ばれ、直線で1馬身ほど前に出られたが、最後まで渋太く抵抗してクビ差に踏ん張った。秋緒戦はオールカマー、2200mは初めて。外の15番枠からハナを奪い、道中は軽く抱えるぐらいの手応えだった。4コーナーでレイパパレに楽に並ばれ、直線ですぐに交わされる。それでもバタッとは止まらず、残り200mを過ぎるぐらいまで自身なりに頑張っていた。最後は脚が上がって10着に終わった。その後は美浦に在厩して乗り込んできた。1週前はウッドコースで大きく前を追いかける形。直線は気の悪さを見せ、併せ馬にならなかった。今週は単走で大外を回る形に。頭の高いフォームだったが、最後までしっかりと動いていた。時計は66秒8-12秒0だった。陣営は逃げ宣言。リュヌルージュとの兼ね合いがどうなるか。あと、レイパパレの折り合いと動き方がポイントになる。自分の競馬ができれば渋太く、荒れた馬場は問題にしない。恵まれればというところはあるが、GIではそれが叶うかは…。

──────────────
クロノジェネシスとラヴズオンリーユーが不在。GI馬はレイパパレとアカイトリノムスメの2頭のみである。また、56キロで走った経験のある馬が3頭しかいない。

レースはロザムールとリュヌルージュのどちらかがハナへ。その後ろにシャムロックヒル、レイパパレが続くことになるだろう。ジョッキーたちはタフな馬場のことを考えないといけないし、隊列、ペース、バラけ方は流動的である。

後半の先行勢の動き、後続の仕掛けるタイミングも読みづらい。内回りの牝馬の戦いは、駆け引きがあって見応えあるものになりそうだ。

スタミナとパワーを持ち合わせ、血統面でも魅力がある伏兵馬2騎を狙うことにした。

◎は宗像義忠厩舎(美浦)の4歳馬ウインキートス。詳しい解説は全頭診断にある通りで、岡田一族が育てた馬らしく、力比べ、消耗戦に強い。目黒記念とオールカマーの走りから、牝馬のGIでも十分に通用するはずだ。

はち切れそうな馬体で素晴らしく充実していて、攻めで豪快に動いた。問題はこのデキをキープできるか。中山でも輸送で減らしてしまうところがあって、今回は初となる関西圏への輸送である。陣営も対策は取っているようで、当日に大きく減っていないといい。

外の15番枠を引いたが、丹内祐次は同馬を手の内に入れていて、うまく流れに乗せて脚をタメるような騎乗をしてくるだろう。上りのかかる競馬になりそうで、渋太さ比べでの浮上に期待したい。

もう一頭の注目したい伏兵馬が斉藤崇史厩舎(栗東)の3歳馬ステラリアである。こちらも詳しくは全頭診断まで。まだ完全に固まっていない段階だが、豊富なスタミナを持っていそうな母系で、スムーズさを欠いて6着だった秋華賞を叩いて攻めを強化してきた。

同時にヤネも松山弘平に強化。調教後の馬体重で前走比8キロ増だったのは充実している証で、こちらも◎と同様に輸送で体が大きく減らないといい。54キロで走れるのは有利だし、穴を開けるシーンがあっても。

▲にはまったく人気のないイズジョーノキセキを置いてみた。3勝クラスからの挑戦では常識的には厳しいが、この馬は何か隠し持っている。ヤネは考えて乗ってくる和田竜二で、課題である折り合いがつくと大激走も。

△レイパパレはルメールとの相性が非常に良さそう。馬体が増えて体質が強くなってきたし、リズム良く走ることができれば大阪杯に続いて2つ目のGIタイトル奪取がある。

※アカイトリノムスメは母アパパネが成し得なかったエリザベス女王杯制覇に挑む。激戦だった秋華賞を勝ち、美浦に戻って中3週で再遠征。攻めは動いていて、目に見えない疲れが残っていないかだ。

以下はテルツェット、ランブリングアレー、ウインマリリンなど。

タフな馬場の中、タテ長で難しい競馬になる可能性あり。◎と○は伏兵馬で、連勝式は手を広げて買っていきたい。

◎15番ウインキートス
○5番ステラリア
▲4番イズジョーノキセキ
△1番レイパパレ
※3番アカイトリノムスメ
×8番テルツェット
×6番ランブリングアレー
×9番ウインマリリン
×11番ソフトフルート

【単勝】15番(10%)・5番(10%)
【複勝】15番(50%)・5番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
15→全通り
5→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
5.15→全通り(15点)
4.15→全通り(15点)
4.5→全通り(15点)
1.15→全通り(15点)
1.5→全通り(15点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
15.5→全通り(90点)

━━━━━━━━━━━━━━
福島11R
福島記念(GIII) 11月14日(日) エリ女に似た状況?

福島の芝2000mで争われるGIII競走。

4コーナー奥の引き込み線からのスタート、コーナーを4つ回る。1回目にゴール板を通過してから2コーナーにかけてなだらかな下り坂。向正面には上り坂がある。4コーナーから直線残り170m付近までは緩めの下り坂で、そこから残り50mまでが上り坂になっている。直線距離は292.0m(Aコース使用時)。

芝は開催の2週目で、Aコース使用2週目になっている。土曜は良発表でも少し水を含んだ状態だったが、それにしても時計がかかっていた。ペースが緩んで先行馬が粘り込む競馬があったが、レースが流れて外からの追い込みが決まるケースもあった。気温が下がってきている福島での開催…。芝は使うごとに傷んでしまうのかもしれない。

──────────────
以下、全頭診断と騎手評価(50音順)。全頭診断は相対評価、騎手評価は絶対評価で、騎手評価は騎乗馬との相性を考慮する場合がある。

【アラタ】評価A+ 騎手A-
今年の春から休養を挟んで4連勝。夏の函館芝2000mでの3勝クラス勝ちは、レースが流れた中で外を動き、早めに先頭に立って押し切る強さだった。1分59秒3(良)の勝ち時計も評価できる。続いて中京芝2000mのオープン特別を重馬場の中でV。好位の後ろの馬群の中で追走ぶりが良く、直線で追われると長く渋太く伸びて差し切った。その後は放牧に出され、美浦に戻ってからはウッドコースを中心に熱心な調整ぶり。1週前にはメイショウムラクモ(3歳オープン)と併せて同入した。今週も併せ馬を行い、終いに少し気合をつけられて同入。時計は66秒6-11秒8だった。動きは良く、いい仕上がりにありそうだ。追われて少し頭が高くなるところがあり、まだ完成はされていないのだろう。その分が奥の深さを感じさせる。初の福島には問題なく対応できるだろう。ハンデは2キロ増えて56キロになり、メンバーも強化される。条件は楽でないが、4連勝中の4歳馬の勢いは軽くは見られない。大野拓弥は同馬を完全につかんでいる。

【ヴァンケドミンゴ】評価A- 騎手A-
祖母がオークス馬ウメノファイバー。4歳だった昨年は、夏に今回と同じ舞台の七夕賞をハンデ54キロで3着。秋はカシオペアSで3着に駆け、中1週で当レースに挑んでハンデ55キロで外から伸びてクビ差の2着に好走した。今年の秋も臨戦は昨年と一緒。カシオペアSは斤量が57キロで、荒れ気味だった馬場の内から脚を使って2着している(クビ差)。中1週でも栗東のCWコースで併せ馬を敢行(ジョッキー騎乗)。追いかけて内から並び、追われて先着した。時計は65秒台-12秒級。動きは少し重たいが、もともと攻めは地味なタイプである。今年はハンデが昨年から1キロ増えて56キロになるが、問題にはならないだろう。(4.1.1.1)のコース巧者、酒井学は同馬に乗って(1.2.2.1)。外を回す競馬が多いが、前走のことがあるので、状況次第で内を狙うかもしれない。タイミング良く動けると上位争いが可能になる。

【エフェクトオン】評価B 騎手B
ジワジワと地力を底上げし、5歳になった今年の夏口に福島芝2000mで3勝クラスをクリア。後方でじっくりと脚をタメ、直線はラチ沿いをスルスルと伸びて勝ち切った。ハンデは54キロと軽かった。初の重賞挑戦となった新潟記念は、ハンデが53キロ。外差しが決まる競馬の中で内めを伸ばし、0秒5差の8着で入線したから悪い走りではない。今回は2ヵ月半ぶりの実戦。美浦のウッドコースで乗り込み、時計になるところを6本乗っている。そのすべてで、ラスト1ハロンが11秒台だった。今週はサンダーブリッツ(オープン)と併せ、大きく先行する形から楽に先着。時計は66秒8-11秒8だった。これだけやれているのは、充実している証明になる。ハンデは引き続き53キロ。3勝クラスを勝った時のような決め打ち的な騎乗をするとハマる可能性がある。亀田温心は3年目で甘さのあるジョッキー。

【ココロノトウダイ】評価A+ 騎手A-
当レースに出走するフェアリーポルカの弟。3歳時は2月に共同通信杯で5着に駆け、夏に福島芝2000mで2勝クラスをV。秋にやはり福島芝2000mで3勝クラスを勝った。4歳になって年初の中山金杯を53キロのハンデでクビ差の2着。インの追走で少し行きたがっていたが、直線は勝ち馬ヒシイグアスの内に併せる形でしっかりと伸びた。前走は骨折明けで9ヵ月半ぶりの実戦。別定の57キロ、好位からで正攻法の競馬になり、直線は内にモタれて伸びを欠いた(9着)。中間は順調に乗り込み、今週はウッドコースで単走追い。大外を通り、終いに気合をつけられて推進力ある走りを見せた。時計は69秒2-11秒5だった。叩いた上積みを見込んでいい。ハンデは55キロと手頃。(3.1.0.0)と得意とする福島で脚をタメる競馬をすれば、しっかりと末を伸ばしてくるくるだろう。これまでの10戦はすべて丸山元気が手綱を取っている。重賞制覇のチャンスあり。

【コントラチェック】評価B 騎手B
5歳の牝馬。3歳時にフラワーカップ(中山芝1800m)とターコイズS(中山芝1600m)を逃げ切ってV。5歳になって春に中山芝1200mでオーシャンSを好位からの競馬で勝ち切っている。前走の京成杯オータムH(中山芝1600m)はスイスイと飛ばして逃げて1000mのラップが56秒8。1400mの通過は1分19秒6で、さすがに脚が上がって差し込まれた。それでも着差はクビである。美浦での調整は意欲十分。2週前にウッドコースで65秒9で追われ、1週前はウッドで65秒4。今週は追走する形で抑えたまま内から並び、最後も抑えたままで相手を煽る動きを見せた。時計は66秒2-11秒7だった。明らかにスタミナ強化を意識したハードなメニューである。ハンデは前走と同じで55.5キロ。初めて2000mを使うことになるが、折り合い重視で運ぶのは当然で、ハナにはこだわらないかもしれない。1200mのオーシャンSでも力んでいたので、息を入れられるか微妙ではある。スピード能力に関しては完全に上位。?み合えば馬券に残ることもあるだろう。北村宏司はテン乗りになるが、中間に稽古をつけてきた。

【ゴールドギア】評価B 騎手C
3代母がオークス馬アドラーブル。5歳だった昨年の春に目黒記念(東京芝2500m)を5着。直線は内でうまく捌けず、上位もあった内容だった。6歳になった今年の春に東京芝2400mでリステッド競走を差し切ってV。続く目黒記念では、上がりの速い競馬の中で外を動いて5着に食い下がっている。秋緒戦のオールカマーは11着。ダッシュがつかずに置かれる形になり、直線はジリジリと脚を使った程度だった。中間の乗り込みは順調。1週前にはウッドコースで3頭併せの外を進み、直線で追われて66秒8-12秒0で同入した(ジョッキー騎乗)。今週もジョッキー騎乗の併せ馬で、68秒0-12秒7で先着。1週前も今週もズブさを見せていたが、しっかりやれていればいい。ハンデは55キロで問題なし。福島は初めて、ハイペース見込みの2000mだと置かれることになるだろう。上がりがかかり、時計自体も少し要してくれないと…。初めて着けるブリンカーが効いてくれるといい。

【サトノエルドール】評価B 騎手A-
5歳になった今年の春に初めてブリンカーを着用。中山芝2000mの3勝クラスを早めに動く競馬で勝ち切った。続く新潟大賞典は大きな見せ場なく10着。夏は函館芝1800mでオープンの巴賞を勝ち、函館記念はハンデ56キロで直線で一旦は2番手に上がっての5着だった(2着とタイム差なし)。秋緒戦のオクトーバーS(L)は17着。大外18番枠からのスタート、外の追走で力み気味になっては伸びがなくて当然である。中間は美浦でウッドコースを中心に熱心な残り込み。1週前には3頭併せの内を通って無理はせずに66秒1-11秒8。今週は追走する形で内から追いつき、終いに軽く気合をつけて同入した。時計は65秒4-11秒9と見た目の印象以上に速く、仕上がりは良さそうだ。ハンデは56キロで問題ない。ヤネは3勝クラスを勝った時に跨っていた横山和生。ゲートが良くないし、少し雑な競馬になりがちだが、重賞でも脚力は通用する。折り合って進めるかどうかだ。

【ステイフーリッシュ】評価B 騎手A+
6歳の実力馬。デビュー2戦目にGIのホープフルSで3着。3歳の春に京都新聞杯(GII)を勝った。4歳時に福島記念を走り、57.5キロのハンデでクレッシェンドラヴの2着に駆けている。6歳になった今年の2月には京都記念で2着。2番手追走から早めの競馬で直線で少し引き離し、ラヴズオンリーユーに交わされながらも連対を守った。夏の札幌記念は心房細動で競走中止。秋のオールカマーは大外16番枠から出ての5着で、中1週で使った京都大賞典は直線で伸びを欠いて7着だった。中間は栗東で順調に調整。1週前のCWコース追いでは、ジョッキー騎乗で中ほどを通り、気持ち良く飛ばす感じで64秒台をマークした。今週は坂路の併せ馬。追われてモタついて遅れ、時計は52秒2-12秒4だった。目立ちはしなかったが、しっかりやれているから大丈夫だろう。切れる脚がないが、地力はGIIIで上位。ただ、トップハンデの57.5キロ、ハイペースになりそうで展開的には楽でない。軽視はできないが、崩れるケースがあり得るので強くも推せないといった感じである。坂井瑠星はテン乗りになるが、強くしっかりと追ってくる若手。攻めで跨っていて、感触はつかんでいるだろう。

【ディアンドル】評価B 騎手A+
デビュー2戦目から芝1200mで5連勝。4歳の秋から距離を延ばし、5歳の2月に小倉大賞典(芝1800m)で3着。次走の新潟芝1800m(外)で行われた福島牝馬Sを逃げて渋太く押し切り、GIのヴィクトリアマイルでは控える形から2着とクビ+クビ差の4着に応戦した。夏の中京記念(小倉芝1800m)は逃げて末をなくして8着。GIのあとだっただけに致し方ない面がある。今回は4ヵ月ぶりの実戦。いつも通り栗東の坂路で乗り込み、2週前が54秒1、1週前が54秒4だった。今週は併せ馬で同入して、時計は53秒5-37秒5-12秒5。動きは軽く、デキの良さがうかがえる。55キロは自身は問題としない数字。先行タイプが多いメンバーで、好位あたりからの競馬になるだろう。レースが流れて折り合えたとしても、2000mは少し長い印象で…。

【バイオスパーク】評価A- 騎手B
5歳だった昨年の夏に函館記念で3着(ハンデ55キロ)。同年の秋に福島記念を制覇した。ハンデは55キロ、中位のインで抱えるぐらいの手応え。直線で少し外に出し、しっかりと伸びて勝ち切るという内容だった。今年は夏に函館記念(ハンデ57キロ)で2着とハナ差の3着。続く札幌記念は、スタートして手綱の一部がハミに絡まり、競走中止になった。その後は放牧に出され、栗東に戻ってからは意欲的な調整ぶり。2週前に坂路で52秒0で追われ、1週前はCWコースで楽に67秒級-12秒台。今週は坂路で55秒5-13秒4と大きめで済ませた。体つき、動きは良く、、陣営は「申し分ない状態」と話している。昨年より2キロ重たくなるが、57キロのハンデで走れることは証明済み。スパッとは切れないものの、根性を出して粘り強く応戦するタイプ。テン乗りの泉谷楓真が慌てずにうまく誘導できるかがポイントになるが、スムーズに運ぶと上位浮上があっても。

【パンサラッサ】評価A+ 騎手B
3歳時は、夏にラジオNIKKEI賞で2着(ハンデ54キロ)、秋にオクトーバーSで2着。4歳になって2月に小倉の関門橋Sを好位追走から早めに抜け出す競馬で2着し、続く中山記念は出遅れて外を回る形になりながらジリジリと脚を使って0秒8差の7着とまずまずの走りを見せた。今年のオクトーバーSは、約半年ぶりの実戦。2番枠からハナを奪ってスイスイと離して逃げ、最後で鈍りながらアタマ差で粘り込んだ。ゴールしたあとは、またスッと脚を使っている。無酸素運動の限界がきたもので、スタミナが切れたわけではなかった。中間は栗東の坂路で順調な乗り込み。1週前に51秒1-12秒7でしっかりと追われている。今週はサッという感じだったが、それでも52秒9-12秒2が出た。軽い走りで、疲れもなく元気いっぱいだ。ハンデは56キロで、斤量は前走と同じ数字。菱田裕二は関門橋Sで跨っていて、2度目の騎乗になる。コントラチェックとディアンドルの動きが鍵になるが、ハナは譲らないか。自身は好位からでも競馬ができる。他に行かれた場合、菱田には冷静に対処してもらいたい。スピードは十分、スタミナと粘り強さも十分。自分のリズムで走れれば勝ち負けになる。

【ヒュミドール】評価A+ 騎手B
昨秋の東京芝1800mでの3勝クラス勝ちが馬群を割って突き抜ける強い競馬。その後の3走は長距離重賞で5着、5着、4着。5歳になって夏に小倉記念をハンデ55キロで2着。外で抑える形でコースロスがあったが、直線で外からしっかりと伸びた。さらに後ろでタメていた53キロのモズナガレボシに差された。前走の京都大賞典は10着。中位のインで追走ぶりは良かったが、直線は狭くなるシーンもあり、ジリジリとで目立つ脚は使えなかった。中間は美浦で順調な乗り込み。1週前にウッドコースで外を回って65秒7-11秒9の好時計が出ている。今週は大めを乗って終いに気合をつけ、しっかりと伸びてラスト1ハロン11秒3をマークした。前走で馬体を減らしたが、細くは映らない。ハンデは据え置きの55キロ。福島で勝ったのは2勝クラスの芝2600m戦で、2000mで今回のメンバーだとレースが流れて忙しくなるかもしれない。ただ、気持ち良く行くようなところを見せることがあり、折り合って脚をタメられると理想的である。力自体は通用するし、末を伸ばしてくるシーンがあっていい。

【フェアリーポルカ】評価B 騎手B
ココロノトウダイの1つ上の姉。3歳時に紫苑Sでハナ差の2着。4歳の春には中山牝馬S、福島牝馬Sと重賞を連勝している。5歳になった今年2月の小倉大賞典で久しぶりに牡馬と手合わせし、結果は0秒5差の8着だった。前走のクイーンSは56キロの斤量で強気の運び。直線で先頭に立ち、最後は鈍って4着に終わった。栗東に入厩してからは入念に乗り込んできた。2週前には坂路でジェネティクス(オープン)と併せて52秒9-12秒3で楽な手応えで同入。1週前にはCWコースで64秒級-12秒台の好時計をマークしている。今週は坂路で終いに強めに追われて、時計は55秒8-12秒6だった。大型牝馬だが、きっちりと仕上がっている感じだ。55キロは問題なく、2000mの距離にも対応できる。牡馬相手でタフな競馬になりそうだが、自在性があり、無理せずタメてタイミング良く動くと食い込むシーンも。

【ブラヴァス】評価B 騎手A+
ヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナの仔、祖母の仔にシュヴァルグラン(ジャパンカップ)。4歳だった昨年に重だった七夕賞(福島芝2000m)で2着。次走で新潟記念を外から差し切って勝利し、12月のチャレンジカップではレイパパレの2着に駆けた。5歳になった今年の春は3戦して、いずれも凡退。鳴尾記念は良発表でも水を含んでいて、すべて馬場が悪かった。今回は5ヵ月ぶりの実戦。栗東に戻って10月3日が初時計で、その後はしっかりと乗り込んできた。3週前にはCWコースでユーキャンスマイル(オープン)と併せ馬。2週前にCWで中を通って65秒級-12秒級が出ている。今週はポリトラックで大外を通って67秒級-11秒台という調整で、動きはキビキビしていた。障害練習を取り入れているし、仕上がりは良さそうだ。ハンデは57キロで、楽ではない数字。福島は合うコースだし、しっかりとタメて末を活かす競馬ができれば浮上するシーンも。岩田康誠はテン乗りになり、稽古には跨っている。

【マイネルファンロン】評価B 騎手A-
オークス馬ユーバーレーベンの兄。4歳だった一昨年の夏に函館記念でクビ差の2着。2番手追走から直線で先頭に出て、マイスタイルに差し返された。力んで走ってしまうのが課題だったが、今年の夏の新潟記念では出負けしたこともあって後方で抑えつつ末を残す競馬に。直線は外に動かし、外ラチ沿いまで行きながらしっかりと伸びて差し切った。続く毎日王冠もタメる競馬をしたが、行きたがって息が入らず、直線で脚は使えなかった。中間もウッドコースを中心に熱心な乗り込み。1週前にはエリザベス女王杯に出走するウインマリリンと併せ、67秒8-12秒1の時計で楽に先着している。今週は単走で67秒5-12秒0をマーク。前進気勢があり、使い込んでいても落ちていることはなさそうだ。福島コースで3戦していて、福島記念は一昨年が16着、昨年が15着。ただ、リステッド競走で早め先頭から5着したことがあって、適性がないということはない。ハンデは56キロで問題なし。難しい馬だが、レースが流れて折り合いがつくと浮上する可能性も。

【モズナガレボシ】評価A- 騎手A+
3歳だった昨年の秋から3連勝。3勝クラスでは3着、2着、5着、3着という戦績だった。夏に中1週で小倉記念に挑戦、ハンデは53キロ。無理せず脚をタメ、直線入り口で大きく外に動かしていく。外差しが利く馬場の中でグイグイと伸び、ヒュミドールを交わして重賞制覇を決めた。今回は3ヵ月ぶりの実戦。栗東に戻ってからは、ポリトラックを挟み、追い日は坂路としっかりと調整してきた。2週前は52秒8-12秒8、1週前は53秒0-12秒4。今週は楽な感じで53秒8-12秒8で、軽快な動きを見せていた。ハンデは2キロ増えて55キロだが、問題になる数字ではない。機敏なタイプではなく、レースが流れて置かれる形になるかも。それでも、タメていけば後半で脚を使ってくるだろう。西村淳也は若手でも乗れるジョッキー。混戦の中で再度の台頭があっていい。

──────────────
芝中距離のハンデ重賞。トップハンデは57.5キロ、最軽量は53キロで、上下差は4.5キロとなっている。

芝は少しタフな状態。パンサラッサがハナを主張しそうだが、他にもコントラチェック、ディアンドルとスピードある先行馬がいる。偶然にもエリザベス女王杯と同じような状況…。どんな隊列、どんなペースになるかは、出てみないとわからないところがある。

和田勇介厩舎(美浦)の4歳馬アラタに◎を打った。目下4連勝中。ケフェウスSはハンデ54キロでクビ差の勝利だったが、スローの分があり、完勝と言える内容だった。

美浦のウッドコースでハードに乗られていて、引き続き充実した気配。一気に2キロ増やされてハンデが56キロになったが、それでも重賞でも互角に戦えそうだ。初の福島にも問題なく対応できるはず。大野拓弥は同馬を完全につかんでいる。

小手川準厩舎(美浦)の5歳セン馬ヒュミドールも注目される存在。夏に小倉記念で小回りの2000mを使ったが、外々を追走する競馬になりながら直線でグイグイ伸びて2着に好走した。

こちらも美浦ウッドコースでの動きが目立っていて、いいデキにあるのは間違いない。小倉記念と同じで55キロで、ハンデからするとこちらが優位とも思える。うまくハマれば頭で来るシーンまで。

▲はパンサラッサ。展開がポイントになるが、渋太さは特筆ものである。急仕上げ気味だったオクトーバーSを逃げ切り、中間は栗東の坂路で強い負荷をかけられてきた。前走と同じ56キロで走れるのは大きい。

△は昨年に当レースを制しているバイオスパーク(57キロ)で、※は叩き2戦目で大きく変わる可能性がある福島巧者ココロノトウダイ(55キロ)。

以下、ヴァンケドミンゴ、モズナガレボシ、エフェクトオンなど、警戒が必要な勢力が多くいる。

人気は大きく割れていて、連勝式は高配当期待で手広く買っていきたい。

◎10番アラタ
○12番ヒュミドール
▲8番パンサラッサ
△13番バイオスパーク
※2番ココロノトウダイ
×4番ヴァンケドミンゴ
×7番モズナガレボシ
×11番エフェクトオン
×15番フェアリーポルカ

【単勝】10番(10%)・12番(10%)
【複勝】10番(50%)・12番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
10→全通り
12→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
10.12→全通り(14点)
8.10→全通り(14点)
8.12→全通り(14点)
10.13→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
10.12→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━
【日曜後半レース】

オーロカップ
3連複 2万1,380円
馬 連 1万1,120円
複 勝    650円(20%)
複 勝    290円(40%)
ハーフバック1着(11人気)
ホープフルサイン2着(5人気)

東京12R
複 勝 210円
◎ダイワドノヴァン3着(3人気)

ドンカスターC
複 勝 150円(80%)
◎ケイアイドリー2着(1人気)

東京11R
オーロカップ(L) 11月14日(日) ハンデ戦で穴狙い

フルゲートの18頭立て、ハンデ戦で上下差が5キロ。力で言えばシャインガーネット、ダディーズビビッド、プールヴィルが上位だが、高配当期待で伏兵馬3騎を狙うことにした。

◎セラピアはエリザベス女王杯に出走するシャムロックヒルの姉。気性が強すぎて暴走して走ってしまうのが難点で、ただ、能力は相当に高い。3勝クラスを勝った時には、のちに中日新聞杯を制することになるボッケリーニを完封している。

今回は叩き2戦目、距離を縮めて1400m、ハンデは52キロ。内の4番枠を引き、テン乗りの野中悠太郎でどんな競馬をしてくるのか読みづらいが、牡馬相手のオープンで通用するのは間違いなく、噛み合えば穴を開けるシーンがある。

○ホープフルサインは1400mで脚をタメる競馬をすれば確実に伸びてくる。今年の春には強敵相手だった安土城S(中京)で、レコード決着の中を0秒4差の6着に駆けた。次走で今回と舞台が一緒のパラダイスSを32秒8の上がりで3着に食い込んでいる。

復帰戦の信越S(新潟)を道悪の中で4着し、叩いた上積みは十分とのこと。フルゲートを捌けるかが鍵になるが、末脚発揮があっていい。

▲ハーフバックは揉まれ弱いところがあってムラだが、ハマるといい脚を使って伸びてくる。春に当舞台で3勝クラス(ハンデ52キロ)を外から差し切っているが、速い馬場の中といえ1分19秒8(良)と勝ち時計は優秀だった。

今回は初ブリンカー着。それでも陣営は直線で外に出すと話しているが、パフォーマンス自体が上がる可能性があり、最軽量の51キロであるいは。

◎4番セラピア
○6番ホープフルサイン
▲12番ハーフバック

【複勝】4番(40%)・6番(40%)・12番(20%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
4→全通り
6→全通り
12→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
4.6→全通り(16点)
4.12→全通り(16点)
6.12→全通り(16点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
4.6→全通り(96点)

━━━━━━━━━━━━━━
東京12R
3歳以上2勝クラス 11月14日(日) 伏兵馬狙いで

1番人気がエターナリー、2番人気がボルサリーノと、どちらも関西馬。その後ろにつけている3番人気の関東馬を狙うことにした

◎ダイワドノヴァンは7歳のセン馬で、現級で2着が3回、3着が2回。今年の春には今回と舞台が同じだった日野特別で2着に好走している。直線で少し外に出すロスがありながら伸びたもので、3着がエターナリー、4着がボルサリーノだった。

阪神遠征の前走で馬体を18キロ減らしたが、絞れた分もありそう。美浦ではしっかり乗り込んでいるし、いいデキで臨むことができる。田辺裕信は日野特別で跨っていたし、好勝負になっていい。配当面で魅力がある。

◎14番ダイワドノヴァン

【単勝】14番(10%)
【複勝】14番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
14→全通り
【馬連&ワイド】
14-15・13-14・13-14

━━━━━━━━━━━━━━
阪神12R
ドンカスターカップ 11月14日(日) 素質ある4歳馬に注

15頭立て。1勝クラスをクリアした勢力が5頭と多めで、既存勢力は10頭すべてが前走で馬券から外れている。勝ち上がり組の4歳馬を狙うことにした。

◎ケイアイドリーは春に初めて阪神でダ1400mを使って圧勝。外枠から好位の外につけて行きっぷりが良く、直線で追われるとパワフルに抜けて突き放した。1分24秒2(良)の時計は優秀。ラスト1ハロンは12秒6だった。

その後は放牧に出され、今回は7ヵ月半ぶりの実戦。休養は長いが、栗東の坂路で熱心に乗られ、今週はジョッキー騎乗で53秒2-12秒5を楽にマークしている。動ける仕上がりにあるとみていい。

藤岡康太は同馬に乗って(2.0.1.1)。クラスが上がって揉まれた時の心配はあるが、今回のメンバーなら素質は上で、スムーズに運べば勝ち負けになる。想定していたよりもオッズが高くなっていて、単勝&複勝で攻めたい。

◎4番ケイアイドリー

【単勝】4番(20%)
【複勝】4番(80%)

━━━━━━━━━━━━━━
福島12R
相馬特別 11月14日(日) Hペースの激戦に

揉まれずに前で運びたいタイプが複数頭。ダートは良馬場で少しタフな状態になっていて、上りのかかる消耗戦になりそうだ。差して脚を使える2騎に注目したい。

◎コンソレーションは新潟で1勝クラスをクリア。脚抜きの良い馬場の中でじっくりと脚をタメ、直線でグイグイ伸びて抜け出した。余力を残した感じの勝ちっぷりだった。

同馬の母はダートでオープンを勝ったアイスドールで、ダート適性が高いのだろう。力の要る良馬場がさらにいい可能性がある。

福島のダ1700mを走るのは初めて。ヤネは甘さがある嶋田純次だが、前3走で跨っているし、慌ててついていかずに末脚を引き出すような騎乗をしてもらいたいところだ。3歳馬で上がり目があり、2勝クラスでも十分に通用する。

○ベルジュネスは5歳のセン馬で、前5走ですべて新潟のダ1800mを使って4→4→4→3→2着。少しモタつくところがあるが、岡田一族(岡田牧雄氏)の所有馬らしく、粘り強く脚を使ってくる。

今回はあまり実績のない右回りという点がどうか。あと、ヤネは拙い騎乗が目立つ三浦皇成で、近走の菅原明良からは大きな鞍上弱化になる。

それでも力は上なわけで、タメて混戦になれば差を詰めてくるはず。デキは引き続き良さそうだ。

▲テイエムホイッスル、△コスモオリ、※シンヨモギネスは、前崩れになった時に浮上する可能性がある穴馬。以下はオンザライン、アンクラウデッド、レオアルティメットなど。

連勝式は高配当期待で手広く買っていきたい。

◎9番コンソレーション
○13番ベルジュネス
▲2番テイエムホイッスル
△7番コスモオリ
※6番シンヨモギネス
×12番オンザライン
×10番アンクラウデッド
×8番レオアルティメット
×4番ピクトルテソーロ

【単勝】9番(70%)・13番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
9→全通り
13→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
9.13→全通り(13点)
2.9→全通り(13点)
2.13→全通り(13点)
7.9→全通り(13点)
6.9→全通り(13点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
9.13→全通り(78点)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜メインレース】

武蔵野S
馬 連 1,790円
ワイド  610円
ワイド 1,200円
エアスピネル2着(2人気)

東京11R
武蔵野ステークス(GIII) 11月13日(土) Hペースの激戦に

東京のダ1600mで争われるGIII競走。

2コーナーの引き込み線からのスタート、箱が大きく、ワンターンのコース。まず芝コースを横切ることになる。向正面は緩めの下り坂で、3コーナー前から小さめの山を上って下る。直線に入って残り200mの手前までは長い上り坂。直線距離は501.6mとなっている。

先週のダ1600mの競馬を見ると、2勝クラスが1分37秒2(良)で決着。2番手を追走していたクロパラントゥが抜け出して勝利し、2着は差したキタノリューオー、3着は外から早めに動いたオーヴァーネクサスだった。1000m通過は61秒4で、上がりは【11秒8-11秒9-12秒1】の35秒8だった。

3勝クラスは中団でタメていたフルデプスリーダーが直線で馬群を割って抜け出してV。2着は外から脚を使ったコラルノクターンで、3着は遅れて伸びたルコルセールだった。勝ち時計は1分35秒9(良)という速さ。1000m通過は59秒3で、上がりは【12秒5-11秒8-12秒3】の36秒6だった。

今週は金曜の夕方の段階で稍重。当日は良になっているだろう。“オープン馬にとっては適度に走りやすい”といった状態になっている可能性が高い。

──────────────
以下、全頭診断と騎手評価(50音順)。全頭診断は相対評価、騎手評価は絶対評価で、騎手評価は騎乗馬との相性を考慮する場合がある。

【エアスピネル】評価A+ 騎手A+
3歳時に三冠で4着、4着、3着。4歳時にマイルチャンピオンシップでハナ差の2着。7歳の7月からダートを使い、同年の秋に武蔵野Sを3着している。8歳になった今年2月のフェブラリーSでは、中位のインを追走し、直線で捌いて伸びて3/4馬身差の2着に好走した。良で1分34秒5の走破は非常に優秀である。久々だった前走の南部杯(盛岡)は、内の追走で伸びを欠いての6着だった。中間は栗東で坂路とCWコースを併用して熱心な調整ぶり。1週前は坂路で遅れたが、51秒7と時計は上々だった。今週は坂路で単走で追われ、52秒4-12秒0でしっかりと伸びている。ペースに応じて自在に運べるタイプ。叩き2戦目、得意の舞台で注目される。田辺裕信はテン乗りになるが、特に問題はないだろう。

【オメガレインボー】評価A- 騎手A-
4歳だった昨年の秋に東京ダ1600mで3勝クラスをV。次走で武蔵野Sを使ったが、ハイペースの2番手を進み、大きくバテて13着に終わっている。初めて着けたブリンカーが逆効果だった感じだ。4歳になって、春に中山のマーチSを最後方から追い込んで4着。続いて東京ダ1600mのアハルテケSを馬群を割って伸びて差し切っている。夏はマリーンSでハナ差の2着、エルムSで半馬身差の2着。タメて後半に脚を使う競馬を覚え、すっかり安定している。栗東に戻ってからは意欲的な調整ぶり。1週前のCWコースでは、大きく追走する形から鋭く先着し、65秒台-12秒級をマークしている。今週はCWで終い重点にやられて動きは良かった。横山和生は同馬をつかんでいるし、実績あるコースで要警戒。

【サトノアーサー】評価B 騎手A-
4歳時に重馬場の中で東京芝1800mのエプソムカップをV。6歳時には関屋記念(新潟芝1600m(外))で2つ目の重賞タイトル。エプソムカップの時のように馬場が渋っても走れなくはないが、良の方が切れる。また、気が良くてハミを取るところがあり、折り合いがつくかがポイントになる。7歳になった今年は、夏に新潟記念を7着したあとで放牧へ。栗東に戻ってからは坂路でじっくりと乗り込んできた。1週前にビシッと追われて51秒2-12秒1。今週は抑えながらの手応えで52秒8-12秒4をマークしている。仕上がりは良さそうだ。今回は初ダート。芝が合う走りではあるが、対応できないことはないだろう。以前に乗ったジョッキーが「ダートでも良さそう」と話したとのことである。脚力はあるし、動いてくる可能性も。

【スマッシャー】評価A- 騎手A+
3歳馬。春に東京ダ1600mでユニコーンSを制覇。中位の内めで脚をタメ、直線で追われるとグイグイ伸びて差し切った。重で走りやすい馬場ではあったが、1分34秒4の勝ち時計と35秒4の上がりは評価できる。続いてジャパンダートダービー(大井ダ2000m)に挑戦。直線は外を伸ばす形で、苦しくなりながらも渋太く詰めてタイム差なしの4着で入線した。秋緒戦のグリーンチャンネルC(L)は7着。中位の追走で道中の走りは悪くなかったが、直線で追われてジリジリとしか脚を使えなかった。乗り込んではいたが、万全ではなかったのかもしれない。あと、陣営が「東京に着いたあとにイレ込みがあった」と話している。中間は短期放牧を入れ、栗東のCWコースと坂路で大きめ中心のメニュー。坂路に入れた今週は、引っ張るぐらいの手応えで先着した。時計は55秒9-12秒4だった。ビシッとやっていないのは、気持ちのたかぶりを抑えるためか。歴戦の古馬が相手になるが、こちらには成長力というものがある。ヤネは乗り慣れている坂井瑠星で、落ち着いて臨めれば変わり身も。

【スリーグランド】評価A- 騎手A-
兄にジャパンダートダービーを制覇したヒガシウィルウィン。4歳になった今年の2月に東京ダ1400mのバレンタインSでオープン勝ち。それまでは差す競馬をしていたが、スタートが決まって積極的に逃げ、直線もしっかり走り切って快勝した。3馬身差の2着がタガノビューティーだった。その後の3走は差す形で2着、2着、5着(中1週)。久々だったグリーンチャンネルCは、少し出すと気持ちが入って3番手を外を進む形に。直線で伸びを見せたものの、逃げたヘリオスは脚色が衰えず、2着に終わった。3着に2馬身の差をつけていたし、良のダ1400mを1分22秒9で駆けたのだから内容は評価できる。栗東の坂路で1週前に52秒7。今週も52秒1-13秒1でやられたが、モタれて追いづらい感じだった。それでも上積みを見込んでいいだろう。マイルを使うのは初めてだが、府中では(2.2.0.1)と簡単には崩れないし、丁寧にタメていけば対応できるはず。斤量は前走から1キロ減って56キロで、食い込むシーンがあっても。

【ソリストサンダー】評価A+ 騎手A-
5歳だった昨年に武蔵野Sに挑戦。前のレースの福島民友カップを3着し、中1週で関東圏に再遠征という厳しいローテーションだった。実戦は中位の外でなだめつつの追走。直線は内にササりながら一気に伸びる。後ろから来たサンライズノヴァに差されて2着に終わったが、盛り返すようなところがあり、ゴール板を過ぎてから、こちらがスッと前に出ていた。走破時計は良で1分35秒1で、中身は濃かった。次走で小倉ダ1700mのオープンを差し返す形で勝っている。6歳になって2月のフェブラリーSは、直線で内にモタれる感じで弾けずの8着。5月の船橋のかしわ記念(JpnI)は、差し切ったように見えてのハナ差2着だった(道中で軽い不利あり)。8月のエルムSは動けずに10着。10月の南部杯(盛岡)は15番枠からのスタートで少し外を回り、直線でジリジリと伸びて2着ヒロシゲゴールドとアタマ差の3着だった。中間は栗東で熱心な乗り込み。1週前にCWコースで66秒台-12秒級でしっかりと追われ、今週は坂路で楽に53秒5-12秒3をマークした。バランスの良い走りで動きは力強く、遠征した疲れはなさそうだ。内にモタれるところはあるが、力が上位であることは証明済み。スムーズに運べば勝ち負けになる。

【ダイワキャグニー】評価A- 騎手A-
7歳のセン馬。芝で8勝していて、すべて舞台が府中。オープン特別とリステッド競走を5勝し、6歳時に不良馬場だったエプソムカップで重賞勝ちを決めた。今年の秋緒戦の毎日王冠は再ブリンカー着。2番手追走から直線で早めに先頭に立ち、渋太く踏ん張って4着で入線した。GIIでやれるのだから、衰えはない。中間は美浦で熱心な調整ぶり。1週前には坂路で52秒4-12秒8でしっかりと追われている。今週はウッドコースで終い重点の併せ馬。前向きで相手を煽るぐらいの手応えでラスト1ハロンを11秒5で駆けた。今回は初ダート。掻き込みの利いた走法で、適性は高そうだ。パワーも持ち合わせている。スタート地点が芝の東京ダ1600mは合いそう。ただ、自分のリズムを崩すと脆く、ダートだからといって楽なペースになるわけでない点がどう出るかだ。無理なく息を入れて立ち回れると見せ場以上があっていい。極端な結果になるかも。

【タガノビューティー】評価A+ 騎手A+
デビュー時にダートで連勝し、3戦目に朝日杯フューチュリティS(GI)を使って4着に健闘。次走のシンザン記念は6着で、芝は2走しただけでダートに戻した。4歳になった今年の春に東京ダ1600mでオアシスS(L)をV。道中は内めの追走で、直線に入って大きく外に動かすという競馬に。追われるとしっかりとスピードを上げ、長く脚を使って差し切った。時計は良で1分35秒2、自身の上がりは35秒6だった。次走の欅Sはダ1400mのオープン特別、斤量は57キロ。ここでも外から長く伸びて追い込み切っている。その後は放牧に出してじっくりと休ませ、今回は5ヵ月半ぶりの実戦。栗東に戻ってからは、CWコースで入念に乗り込んでいる。1週前に大外を通っての併せ馬で同入し、時計が65秒台-13秒台。今週は単走で大外を回り、68秒台-12秒級をマークした。体は少し太いかなと思うぐらいに充実してるし、動きは上々。もともと攻め駆けしないタイプで、仕上がっている感じだ。鉄砲の利くタイプだし、ヤネは手の内に入れいて、ガッツリ追ってくる石橋脩。外に出す競馬をする分で今回もロスはあるだろうが、それでも府中なら確実に伸びてくるので。56キロはいいし、重賞制覇のチャンスがある。

【テイエムサウスダン】評価B 騎手A+
2歳時に地方の交流重賞を1勝、3歳時に3歳オープンを1勝。4歳の今年は春に中京ダ1400mですばるS(L)を勝ち、前3走は地方の交流重賞で1着(2着スリーグランドと8馬身差)、2着、1着(2着に2馬身)だった。540キロ級の巨漢馬。闘争心がかなり強く、これは武器でもあり、不安点でもある。すばるSにしても前走のオーバルスプリントにしても、前半で掛かって制御するのが難しく、それでも構わずに勝ち切るという荒っぽい走りだった。中間は栗東に在厩して調整。坂路で乗り込み、1週前には岩田康誠が跨ってしっかりと追われて52秒1-12秒1をマークした。今週は岩田が手綱を取って終い重点で追われ、時計は54秒7-11秒8。少し気の悪さを見せていたが、動きは良くて、仕上がりに問題はなさそうだ。マイルを使うのは、5着だった川崎の全日本2歳優駿(JpnI)以来。折り合って息を入れるのは難しいだろうが、脚力は十分に通用するし、潜在的なスタミナは豊富と考えていい。57キロでも侮れない面はある。

【バスラットレオン】評価B 騎手A+
3歳馬。デビュー2戦目に札幌2歳Sでソダシ、ユーバーレーベンに次ぐ3着、同年の12月に朝日杯フューチュリティSで4着。3歳の春にはニュージーランドトロフィーを逃げて5馬身差で圧勝している。秋緒戦の京成杯オータムHはスタートで躓いて後手に回って15着。続く富士Sは好位のインで力んだ走りになり、末をなくして12着に終わった。中2週と間隔は詰まっているが、先週の金曜に坂路でジョッキー騎乗で楽に51秒9-12秒1が出て、今週はやはり楽な手応えで51秒6-12秒3をマークした。いいデキにあるのは間違いない。今回は初ダート。走法からは対応できてよく、陣営は「もともとダートに使ってみたかった馬」と話している。ただ、3歳で57キロというのは厳しい斤量。あと、先行タイプが複数頭いて、その中でスムーズな競馬ができるかも課題になる。能力はあるが、楽な状況ではない。

【ヒロシゲゴールド】評価B 騎手B
ダ1000mで1勝、ダ1200mで6勝。リステッド競走とオープン特別を1勝ずつ。6歳になった今年の春に北海道スプリントC(門別)で交流重賞を制覇。直線でリュウノユキナに交わされそうになったが、内からグッと出て根性を見せての勝利だった。秋の南部杯はキャリア初のマイル、不良で少し走りやすそうな馬場。14番枠からジワッと先行し、内のワークアンドラブと並走に近い形に。直線で直後にいたアルクトスに交わされたが、渋太さを発揮して2着に残った。ソリストサンダー(3着)には先着している。中間は栗東で熱心な調整ぶり。CWとプールを挟み、追い日はジョッキー騎乗で坂路で。1週前にはしっかり追われて50秒3-36秒9-11秒9の好時計をマーク。今週も終いに追われ、スピード感満点の伸びを見せた。時計は52秒7-11秒8だった。前走で強敵相手に抵抗できたし、距離へのメドも立てている。ただ、今回は舞台が直線の長い府中。先行タイプが多く、ペースも厳しくなりそうだ。行かせすぎず、好位に控えて息が入るといいが…。ヤネはデビュー3年目で甘さがある亀田温心。前走で同馬に乗って結果は出している。見せ場はつくれるはずで、そこから踏ん張れるか。

【ブルベアイリーデ】評価A+ 騎手A-
3歳時にレパードSを大外を攻める形になって4着(0秒1差)。4歳時には今回と同じ舞台でオアシスS(L)をV。5歳になった今年のオアシスSはタガノビューティーとクビ差の2着で、続く欅Sはタガノビューティーとアタマ+クビ差の3着だった。夏に新潟でダ1800mのBSN賞(L)を使い、好位のインでなだめつつの追走になりながら直線で抜け出して3馬身差で快勝している。続いて直線に坂がある中京、距離が1900mのシリウスS(ハンデ57キロ)に挑戦。好位につけて直線で内を伸びて追い比べに加わり、最後は鈍って3着に落ちた。栗東の坂路で乗り込みは入念。1週前に53秒4-12秒3で追われ、今週は楽に52秒4-12秒3をマークした。秋3戦目でもデキは良さそうだ。今回は走り慣れている府中のダ1600m。丸山元気は久しぶりの騎乗になり、前述のレパードSでは雑に外を回していた。レースが流れて前2走よりポジションは下がりそうだが、差す形になるにしてもロスを軽減させるような誘導をしてもらいたいところだ。斤量は56キロで、スムーズに運ぶと浮上するシーンがある。

【リアンヴェリテ】評価B 騎手B
5歳時に京都のダ1400mのリステッド競走を逃げて差し返しに出てハナ差の2着。同年の夏に函館のダ1700mでリステッド競走とオープン特別を逃げ切って連勝した。7歳になった今年の春は、阪神ダ1400mのポラリスS(オープン特別)を2着。58キロを背負って大逃げを打ち、苦しくなりながら連対に残るという内容だった。このレースでは1200mを1分08秒9で通過している。続くコーラルS(L)も舞台は阪神のダ1400mで、ハンデ57キロで大逃げ。直線で急失速まではせず、2馬身半差で押し切った。秋緒戦は中京ダ1900mのシリウスS。ハナを奪って自分の競馬はできたが、直線でバッタリと止まって15着に終わっている。中間は栗東の坂路で入念な調整ぶり。1週前は52秒0-12秒9でしっかりと追われ、今週は火曜にやられて、楽な手応えで52秒9-12秒5をマークした。叩いた上積みを見込んでいいだろう。輸送後に食いが細くなることがあるので、水曜に東京競馬場に輸送している。府中のダ1600mは3走していて、最高が新馬戦の3着、他の2走も4歳までのもの。直線が長く、坂が続いて先行馬にやさしい設定ではないが、適性がないことはないだろう。ハナを譲る気はなく、テンにどれだけ押すことになるか、どんなペースで運ぶことになるかがポイントになる。前5走はすべて57キロ以上で、56キロで走れるのは大きい。思い切った競馬がハマる可能性はある。

【レピアーウィット】評価B 騎手S
5歳だった昨年の春に中山ダ1800mのマーチSを外から追い込んで3着。次走で京都ダ1400mの栗東S(L)を好位のインから脚を使って半馬身差の2着に駆けている。同年の秋は中山ダ1800mのオープン特別(ラジオ日本賞)を早め先頭の競馬からV。次に武蔵野Sを使ったが、3番手の追走でペースが厳しく、伸びを欠いて10着に終わっている。6歳なった今年は、春にマーチSを3番手から抜け出す競馬で快勝。続くアンタレスSはハイペースに巻き込まれての8着。夏のエルムSは反応ひと息で5着だった。その後は放牧に出され、美浦に戻ってからは入念な乗り込み。2週前の段階でウッドコースで65秒7-11秒9が出ている。今週はウッドで終い重点のメニューで、時計は69秒3-11秒9。動きは悪くなかった。緩さのある巨漢馬で成績にはムラがある。堀宣行師が「息づかいの悪さと右にモタれる面がどう出るか」と話しているのは気になるが、堀師のコメントはいつも厳しめだ。GIIIは勝っているわけで、噛み合えば食い込んできても。横山武史は追いに関しては現役トップレベルで、同馬に乗るのは前走に続いて2度目になる。

【ワイドファラオ】評価B 騎手B
3歳の春に中山芝1600mのニュージーランドトロフィーを勝ち、GIのNHKマイルカップで0秒4差の9着。次走で東京ダ1600mのユニコーンSを使い、ハイペースで逃げて渋太く勝ち切った。4歳の春には船橋ダ1600mのかしわ記念(JpnI)を逃げて2馬身差で快勝し、続く大井ダ2000mの帝王賞(JpnI)で0秒7差の4着と上々の走りを見せている。5歳になって、4走前からブリンカーを着用。勝ち切れてはいないが、悪い走りをしているわけではない。前走の南部杯は、好位の内めを進み、直線は切れる脚を使えずに5着だった。中間は栗東で入念な調整ぶり。1週前にCWコースで追われ、日曜に坂路で54秒2でやられて、水曜の併せ馬では54秒2-12秒5で同入した。動きは特別には目立たなかった。斤量は58キロ。ペースが速くなると、脚が溜まらないかもしれない。実績では負けていないが、直線の長い府中で追い比べになって伸びを出せるか微妙ではある。

【ワンダーリーデル】評価A+ 騎手A+
6歳だった19年に武蔵野SをV。中位の後ろのインで脚をタメ、直線に向いて大きく外に動かす形に。追われるとパワフルに伸び、抜け出して快勝した。良で1分34秒6と優秀な時計だった。7歳の2月にはフェブラリーSで4着。大外16番枠からのスタートで、早めに内に入れ、直線で外に出して脚を使った。8歳になった今年の春は、まず根岸Sでアタマ差の2着。後方追走から直線で最外まで出すロスのある競馬になったが、34秒6の上がりで猛追した。続くフェブラリーSでは、初めてブリンカーを着け、インの追走から内を伸ばす形で3着に健闘している。その後は休養に入り、グリーンチャンネルCは7か月半ぶりの実戦。ブリンカーは着けず、59キロと重たい斤量だった。道中はポツンと離れた最後方の追走で、直線に向くと最外へ。さすがに弾け切れなかったが、ジリジリと脚を使って8着に上がっている。中間は栗東の坂路で熱心な調整ぶり。1週前の金曜には、しっかり追われて51秒3-12秒8。今週は余裕ある走りで53秒2-12秒6をマークしている。型通り上向いている感じだ。斤量は前走から3キロ減って56キロ。また、今回は再ブリンカー着で挑む。横山典弘は19年の当レースV、さらに昨年と今年のフェブラリーSで手綱を取っていた。条件がそろっていて、8歳での重賞制覇があっていい。 

──────────────
2番枠からリアンヴェリテが押してハナを奪いにいく。ダッシュがついて後ろを離す形になるのか、それとも複数頭いる先行タイプがついていくのか…。どんな隊列、どんなペースになるのかは、出てみないとわからないところがある。

ただ、かなり速いペースになるのは確実。差し勢、追い込み勢にとっても、レースが流れる中で脚を残して府中の長い直線を伸び切るのは楽ではない。馬群を捌けるかも問題になってくる。激戦必至で、正直、結果を読むのは難しい。

なお、前日の段階のオッズを見ると、馬連の1番人気は1,100円台、3連複は2,600円台。3連単は1番人気が9,500円台で、2番人気が万馬券になっている。

安田翔伍厩舎(栗東)の8歳馬ワンダーリーデルに◎を打った。

全頭診断にあるように、府中ダ1600mでの実績は十分。59キロだった復帰戦を叩き、56キロのここへというのは言うまでもなく狙ったもので、さらにブリンカーを再装着して挑む。栗東の坂路で意欲的に追われて叩いた上積みを見込んでよく、また、衰えは感じさせない。

ヤネは横山典弘。同馬には乗り慣れているが、外を攻めたり、内を突いたりして、攻め方はバラバラである。ノリらしいといえばノリらしいが…。内の3番枠を引き、どう乗ってくるか。うまく脚を残し、捌きがスムーズなら上位争いに加わってくる。

同じく西の8歳馬エアスピネル(笹田和秀厩舎)も注目される存在。

2月のフェブラリーSでは良で1分34秒5の2着に好走していて、3着がワンダーリーデルだった。攻めで動かなくなっているので判別しづらいところがあるが、叩いた分の上積みはあるはず。舞台はピッタリだし、外の14番枠というのは、むしろ乗りやすいだろう。こちらもまだまだやれそうだ。

▲は7歳のセン馬ダイワキャグニー。毎日王冠で4着して健在ぶりを見せ、今回は初めてダートを走る。掻き込みの利いた力強いフットワークから適性は低くないだろう。脆いタイプではあるので砂を被った時にどうかという心配があったが、都合良く外の15番枠を引いた。無理に行かせず、タメて直線で脚を使うような競馬できると一発がある。

△は昨年に当レースを2着しているソリストサンダー。※タガノビューティー、×ブルベアイリーデ、×オメガレインボーは府中で末脚発揮が確実で、他にも警戒が必要な勢力がいる。

繰り返しになるが、激戦必至で難解な一戦。簡単に当たるはずもなく、連勝式は手を広げて買っていきたい。かなりタテに長い展開になり、競馬としては見応えあるものになりそうだ。

◎3番ワンダーリーデル
○14番エアスピネル
▲15番ダイワキャグニー
△16番ソリストサンダー
※1番タガノビューティー
×10番ブルベアイリーデ
×11番オメガレインボー
×6番スリーグランド
×9番スマッシャー

【単勝】3番(10%)・14番(10%)
【複勝】3番(40%)・14番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
3→全通り
14→全通り
15→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
3.14→全通り(14点)
3.15→全通り(14点)
14.15→全通り(14点)
3.16→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
3.14→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神11R
デイリー杯2歳ステークス(GII) 11月13日(土) 2歳戦で馬場が心配

2歳馬が争うGII競走で、舞台は阪神の芝1600m(外)。

向正面からのスタート、外回りでワンターンのコース。4コーナーの残り600mから直線残り200mまで下り坂が続き、残り200m~100mは急な上り坂になっている。直線距離は473.6m(Aコース使用時)。もちろん競馬によるが、残り600mあたりからペースが上がり、ラスト1ハロンが少しかかるというラップ構成になりやすい。

芝は連続開催の6週目で、Aコース使用6週目になっている。京都が改装工事に入り、使用頻度が高くなっている阪神。内が少し荒れ、全体にタフな馬場になってきている。

先週の外回りの競馬を見ると、まず1勝クラスの芝1800m(外)戦が1分46秒0(良)で決着。内めで脚をタメていたメイショウシンタケが直線で馬群を割って抜けて勝利した。2着は外に出して追い込んだマイネルエニグマで。3着は逃げて直線で外に動かしたサトノペルセウスだった。1000m通過は59秒5で、上りは【11秒5-11秒1-12秒2】の34秒8だった。

2勝クラスの芝1600m(外)は勝ち時計が1分33秒8(良)。ジャカランダレーンが外から差し切り、2着は内ラチ沿いを伸びたブレイニーランで、3着は逃げて直線は内を避けたインフィナイトだった。1000m通過は59秒4で、上がりは【11秒4-10秒7-12秒3】の34秒4だった。

今週は金曜の昼に稍重だったが、夕方には良に回復。当日は晴れ予報で、良見込みである。馬場に関して、JRAからは「コース全周に亘り、内側に傷みがあります。特に内回り3コーナーから4コーナーの傷みが顕著です」と発表があった。当レースは内回りではないが、やはり内の荒れ方は気にしないといけない。

直線で内を避けるように乗ってくるジョッキーが先週以上に多くなる可能性がある。そして、パワーとスタミナの有無が重要な要素になってくるだろう。

──────────────
以下、全頭診断と騎手評価(50音順)。全頭診断は相対評価、騎手評価は絶対評価で、騎手評価は騎乗馬との相性を考慮する場合がある。

【ウナギノボリ】評価B 騎手A+
父ドレフォンはStorm Cat系で、アメリカとカナダで7F以下のGIを3勝。兄にダートで活躍したビックリシタナモー。3代母はフランスで芝2400mのヴェルメイユ賞(GI)勝ち。5代アウトクロス。デビュー戦からブリンカーを着用。ボコッと出て後手に回り、押してインに入れる。道中はうながしつつの追走に。直線で外に出し、追われるとしっかりと反応して、長く脚を使って差し切った。ゴールした時に余力があった。2戦目は重賞のサウジアラビアロイヤルカップ。ボケッとしている感じでゲートを出ず、大きく出遅れる。最後方を進み、直線は外を攻める形に。速い上がりの中で伸びを見せ、自身の上がりは33秒4だった。ただ、やはり全力で走っていないような感じにも見えた。中間は栗東の坂路で入念に乗り込んできた。2週前には51秒3の好時計をマーク。今週は古馬オープンのダノンマジェスティと併せ馬を行い、52秒8-12秒6で同入している。手応えはこちらの方が良かった。荒れてきた阪神の馬場にも対応できるはず。終いがしっかりしているのは強みで、混戦になると浮上が可能になる。

【カワキタレブリー】評価B 騎手S
父はドレフォン。4代母の仔にシャコーグレイド(皐月賞2着、菊花賞5着)、テンジンショウグウン(日経賞)がいる。5代アウトクロス。小ぶりな男馬。函館での新馬勝ちは、特に目立たない内容。函館2歳Sは距離不足といった感じの5着で、1500mに延ばした札幌のクローバー賞で3着に駆けた。もみじSは時計を出していたのが坂路(栗東)の2本のみと少なめ。432キロで馬体が増えていたのは良かった。道中の走りは悪くなく、勝負どころでモタついて離されてしまう。それでも直線はジリジリと伸び、2着と0秒2差の5着に上がった。1週前に松山弘平が跨ってCWコースで追走先着、時計は65秒台-12秒級。今週は坂路で併せ馬を行い、54秒2-12秒8でわずかに遅れている。実戦を叩き、コースにも入れて攻めを大幅に強化してきたことには注目すべき。上積みは相当に大きいだろう。また、陣営が手応えを感じていなかったら、松山を起用して攻めにも乗せたりはしない。素質馬がそろって厳しいのは確かだが、上位勢力に崩れがあるとあるいは。

【スタニングローズ】評価A+ 騎手A-
牝馬。父はキングカメハメハ。祖母はローズバド(オークス2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯2着)、その仔にローズキングダム(ジャパンカップ)。「Mill Reefの5×5」等のクロスあり。中京の新馬戦はチグハグな競馬になっての2着。阪神マイルの2戦目は、馬群の中で前半で力むところがあり、それでも直線で内めを割って抜けて快勝した。新潟2歳Sはスタート軽くアオッて躓き、後方からの競馬に。直線は大外を攻めて楽な態勢でなく、グイグイ伸びて5着に上がった。自身の上がりは33秒を割って32秒9だった。府中マイルのサウジアラビアロイヤルカップは7頭立ての1番枠。ヤネは捌き下手の戸崎圭太で、直線で前が開かず、外に動かして踏み遅れになった。切れる脚を使って伸びてきたが、半馬身+クビ差の3着までだった。中間は短期放牧を入れ、栗東の坂路で熱心な調整ぶり。1週前には吉田隼人が跨って終いに強めに追われ、53秒3-12秒0で先着してた。今週はやはり隼人が乗り、楽な手応えで先着して、時計は53秒2-12秒3だった。血統からタフな馬場にも対応できていい。勝っているコースだし、引き続きの牡馬相手でも主力視を。

【セリフォス】評価A+ 騎手A-
父はダイワメジャー。母はフランス産馬で、母系からGo Between(カナダでGI勝ち)が出ている。「Northern Dancerの4×5」のクロスあり。新馬は中京のマイル。出脚は平凡で、序盤は5番手。早めに馬群の中に入り、行かせて2番手に上がった。直線に入るとすぐに先頭に立ち、追い出しに入る。少し頭が高くなり、フラつくところもあったが、しっかりと脚を使って押し切った。ラスト2ハロンは11秒3-11秒5だった。新潟2歳Sは当日にイレ込み気味。スタートしてトモが入らずに後手、少し出して中位のインへ。騎乗した川田将雅によると「(直線は)左に行こうとしていた」とのことで、馬場が少し悪くなっているラチ沿いを伸ばす。残り200mを過ぎて抜け出し、危なげなく勝ち切った。開催が進んだ馬場で、1分33秒8(良)は優秀な時計である。自身の上がりは32秒8だった。その後は放牧に出され、栗東に戻ってからは坂路とCWコースを併用して熱心な調整ぶり。1週前はジョッキー騎乗でCWで追われ、65秒台-11秒台でしっかりと先着している。今週はCWで終い重点でやられ、ラスト1ハロンは11秒台だった。まだ緩さは残っていて、馬場が荒れはじめ、直線に急坂もある阪神に対応できるかが鍵になる。ちなみに、新潟2歳Sの前に陣営は「平坦コースの方が楽だろう」と話していた。あと、当日にテンションが上がらないでもらいたい。右回りは初めてだし、克服しないといけない点があるのは確か。それでも持っている素質は相当。テン乗りになる藤岡佑介は攻めで跨って感触をつかんでいるし、無傷の3連勝を決めるシーンがあっていい。

【ソネットフレーズ】評価A+ 騎手S
牝馬。父はエピファネイア。祖母がアドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯)で、その仔にドゥラメンテ(皐月賞、ダービー)。3代母はエアグルーヴ(オークス、天皇賞(秋))で、その仔にルーラーシップ(クイーンエリザベスII世カップ(香港))。4代母のダイナカール(オークス)が一大牝系を築いた。「サンデーサイレンスの4×3」等のクロスあり。デビュー前に美浦のウッドコースでラスト1ハロン11秒1を楽にマークしていた。新潟芝1600m(外)の新馬戦は、スタートでトモが落ちる感じで後手を踏み、ルメールが出していって2番手へ。道中は軽く抑えつつの追走になり、レースの1000m通過は59秒8だった。直線に向くと楽に先頭に並び、馬場の良い外へと動かす。追われてからは少し頭の高いフォームだったが、しっかりと後ろを離して3馬身半差で快勝した。開催が進んだ馬場で1分34秒3(良)は評価できる数字(翌日の新潟2歳Sが1分33秒8(良))。ラスト2ハロンは11秒0-11秒9だった。その後は放牧に出され、美浦に戻ってからはウッドコースと坂路で入念に乗り込んできた。2週前にウッドでラスト1ハロン11秒4が出ていて、1週前は11秒8。今週は終い重点の併せ馬でほぼ同入という形で、時計は69秒5-11秒5だった。動きはキビキビしていて、きっちりと仕上がっている。ゲートをスッと出られるかはわからず、今回はタメて終いを伸ばすような競馬しようとするだろう。長距離輸送があり、右回りが初めてで、直線に坂のある阪神。牡馬相手の重賞になるし、条件的には楽でない。ただ、新馬の走りを見ると、瞬発力はかなりのもの。大きな可能性を秘めていて、牡馬を打ち負かして何の不思議もない。ルメール騎乗で要注目。

【ドグマ】評価A- 騎手B
父はキタサンブラック。3代母の仔にベガ(桜花賞、オークス)がいて、その仔にアドマイヤベガ(ダービー)、アドマイヤドン(朝日杯フューチュリティS、フェブラリーS、JBCクラシック、帝王賞、南部杯)。ベガの孫にはハープスター(桜花賞)がいる。「Hail to Reason」の5×4」等のクロスあり。小倉の芝1800m、稍重でデビュー。ゲートをノソッと出る感じになり、少し行かせて中団から。3コーナーを過ぎて外を仕掛けていったが、外にモタれ気味に。直線も外に行こうとしていて、残り200mで先頭との差は3馬身ほどあった。勢いがつくと猛然と伸び、差し切って勝利を収めている。スローで全体の時計は遅い。レースのラスト1ハロンが11秒6で、自身はここを11秒1か11秒2で駆けている。2戦目は中山芝2000mのオープン。騎乗したルメールは抑えようとしていたが、気持ちが乗って2番手に行ってしまう。道中もハミを噛み気味だった。4コーナーで自然と先頭に出て、直線で並ばれて残り100mぐらいまで抵抗。しかし、最後は疲れて4着に落ちた。中間は栗東のCWコースで意欲的に乗り込んできた。2週前にはジョッキー騎乗で中ほどを通って65秒級を楽にマーク。1週前にはジョッキー騎乗で古馬オープンのワールドウインズと併せ、67秒台-11秒台で内からしっかりと先着した。今週もワールドウインズとの併せ馬で、時計になったのは4ハロンから。少し気持ちが入りすぎではあったが、追走する形で内に併せ、互角の動きを見せた。時計は49秒台-11秒台だった。陣営は「前走より明らかに良くなっている」と話している。これまでの2戦を見ると、マイルで控えて終いに伸ばすという競馬が合いそう。ヤネは追いの甘い武豊だが、丁寧には乗ってくるので、持ち味を引き出せるかもしれない。少しタフな馬場にも対応できるはず。配当面で妙味があって。

【プルパレイ】評価A+ 騎手A+
父はイスラボニータ。母はカナダでGII勝ち、その仔にサトノゴールド(札幌2歳S2着)。母の父はケンタッキーダービーを勝ったFusaichi Pegasus。「Mr. Prospectorの5×3」、「Haloの4×5」等のクロスあり。デビュー戦は先行体勢から直線で差されての2着だったが、勝ったアライバルは次走で新潟2歳Sをセリフォスの2着に駆けている。2戦目は先行して外につかれる楽でない形。1000m通過が58秒7と少し速くなった。直線で一旦は離し、外から2着馬が伸びてくる。交わされておかしくないところ、踏ん張りを見せて勝ち切った。速い馬場ではあったが、1分33秒3(良)のレコード走破は素直に評価したい。3戦目は中山マイルの1勝クラス。少し押してハナを奪い、ペースを落として1000m通過が62秒5。直線に向いてしっかり脚を使い、並ばれるところなく押し切った。上がりは【11秒4-11秒2-11秒1】の33秒7だった。その後は放牧に出され、栗東に戻ってからの稽古は意欲十分。10月21日にCWコースで古馬オープンのスワーヴアラミスと併せて同入。28日には坂路でしっかりと追われて51秒0-36秒6-12秒1の好時計を叩き出す。1週前の11月3日には、CWコースで走る古馬を追走して遅れる形に。時計は64秒級と速かった。今週は坂路で古馬を追いかけて遅れたが、無理はしておらず、時計は53秒9-12秒4だった。ちなみに、坂路でステラヴェローチェ(今年の牡馬三冠で3着、3着、4着)と併せて、楽な手応えで同入したことがある。ハナにこだわっているわけではないようだが、今回のメンバーを見ると、前走のように単騎逃げの形になりそう。内が荒れているのは歓迎はできず、ただ、自身はパワーがある。ヤネはミルコ・デムーロで、直線は内を避けるような誘導をするかもしれない。直線が長く、急坂もある阪神だが、粘り強さを見せてくるだろう。

──────────────
7頭立てと頭数は少ないが、飛躍する可能性がある素質馬が複数頭いる。その意味では楽しみな一戦。ただ、みなが完成前ではあって、荒れてきている阪神の馬場をしっかりと走り切れるか心配がある。あと、頭数的に配当は合わせづらい。

思い切って伏兵馬から入ることとし、武幸四郎厩舎(栗東)のドグマに◎を打った。

これまでのレースぶりは全頭診断の中で。マイルを使うのは初めてだが、攻めからも気持ちが乗っている状態で、「タメていって伸ばす」という競馬のイメージがわく。荒れている馬場は問題ないだろう。

武豊というのが不安要素だが、丁寧には乗ってくるので、今回の競馬にハマるかもしれない。また、ユタカ&幸四郎の兄弟コンビは、先週のファンタジーSをウォーターナビレラで勝っている。

人気上位組が力を出してくると厳しいかもしれないが、隙がないわけではないし、馬自身の状態が上がっている感じなので狙っていきたい。

高野友和厩舎(栗東)の牝馬スタニングローズも気になる存在。

新潟2歳Sの5着とサウジアラビアロイヤルカップの3着は脚を余しての結果で、牡馬相手の重賞で通用するところは見せている。底力のある血統。4戦していても坂路でしっかりと動いている。初勝利を挙げた阪神で。

▲プルパレイはスピードと持久力を兼ね備え、先行してスムーズに運べそう。内が荒れているので、ミルコ・デムーロがどう乗ってくるかがポイントになる。

△セリフォスと※ソネットフレーズは人気を担うことになる。どちらも克服しないといけない点はあるが、どちらも素材としては上級。有力候補になる。

×ウナギノボリはまだ本気で走っておらず、隠された能力がある。残る1頭のカワキタレブリーは、大幅な攻め強化、松山弘平起用で変わる可能性も。

◎3番ドグマ
○2番スタニングローズ
▲7番プルパレイ
△6番セリフォス
※1番ソネットフレーズ
×4番ウナギノボリ

【単勝】3番(10%)・2番(10%)
【複勝】3番(40%)・2番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
3→全通り
2→全通り
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
3→全通り(15点)
3→1.2.6.7(6点)
2.7→全通り(5点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
3.2→全通り(30点)
3.7→全通り(30点)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜後半レース】

奥羽S
馬 連 2,900円
ワイド 1,150円
ワイド 2,900円
複 勝  250円(40%)
エクレアスパークル1着(3人気)

阪神12R
3連複 1,830円
馬 連  460円
単 勝  300円(20%)
複 勝  140円(80%)
◎グランレイ1着(2人気)
◎×▲でヒット

東京12R
3歳以上2勝クラス 11月13日(土) 実力牝馬がそろって

牝馬限定戦だが、力のある馬が複数頭いる。白毛のブッチーニが遠征してきたし、楽しみな一戦だ。

◎ディアノイアは大井で2戦をともに圧勝して中央入り。緒戦は万全とまではいかなかったようだが、抑えるぐらいの手応えで2番手を追走し、直線で抜け出して力強く引き離した。

今回はクラスが上がり、初の長距離遠征、初の左回り、直線の長い府中。条件を考えると厳しいところはあるが、素材の良さに期待することにした。同馬の兄には、帝王賞、川崎記念、JBCクラシックを勝ったケイティブレイブがいる。相当な能力を秘めているはずだ。

○ブッチーニは白毛の一族。久々だった前走では、うまく捌いてこられずに踏み遅れ、それでも直線でグイグイ伸びて2着に上がった。1400mはベスト。輸送で馬体を減らさなければ、勝ち切るシーンまで。ヤネはガッツリ追ってくる横山武史。

▲シネマトグラフは春の中山で初ダートの状況で快勝。福島の昇級戦は、スタートでまともに挟まれて競馬にならなかった。府中のダ1400mは少し長そうだが、息を入れてリズム良く走ると粘りを発揮する。穴で狙うならこれか。

△は初ダートでも堅実な末脚が怖いヤマニンプレシオサで、以下はティケイプルメリア、イベリスリーフ、ストリートピアノなど。

◎も○も人気になっている。配当面では厳しいところがあり、入線順がうまく崩れてくれると理想的。

◎3番ディアノイア
○1番ブッチーニ
▲13番シネマトグラフ
△10番ヤマニンプレシオサ
※16番ティケイプルメリア
×14番イベリスリーフ
×4番ストリートピアノ
×7番フォークテイル
×5番カイルアコナ

【単勝】3番(10%)・1番(30%)
【複勝】3番(60%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
3→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
1.3→全通り(14点)
3.13→全通り(14点)
1.13→全通り(14点)
3.10→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
3.1→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神12R
3歳以上2勝クラス 11月13日(土) GI好走馬に注目

阪神の芝は、連続開催の6週目でAコース使用6週目。JRAからは「コース全周に亘り、内側に傷みがあります。特に内回り3コーナーから4コーナーの傷みが顕著です」と発表があった。

馬場的に競馬は難しい。また、このレースは確たる逃げ馬がおらず、展開が読みづらいところがある。

◎グランレイは2歳時にGIの朝日杯フューチュリティSで3着に健闘した素質馬。4歳になっても条件クラスにとどまっているが、夏の小倉の2戦では外枠からで高いパフォーマンスを演じた。

阪神の前走はまたも外枠。道中は外を回され、4コーナーで外に弾かれてスピードダウンしてしまった。それでも直線でジリジリと盛り返してきた(8着)。

今回はリズムを取りやすい1400m。13頭立ての7番枠ならヒドく外を回されることもないだろう。池添謙一は不必要に外を攻めることが多いジョッキーではあるが…。

デキは良さそうだし、メンバーも強くないので、好勝負になるとみた。

○ウィスパリンホープは行きたがる気性で、栗東の坂路で49秒9の猛時計をマークしたことがある。今回は初めての1400m。折り合いあって脚が溜まり、直線でグッと伸びてくるというイメージがわく。穴として注目したい。

▲は末脚堅実なスキップ、△は芝で揉まれなければ変わりそうなトゥインクルリーフ(岡田一族)で、以下はファルヴォーレ、モンファボリ、ホワイトロッジなど。

◎7番グランレイ
○9番ウィスパリンホープ
▲8番スキップ
△10番トゥインクルリーフ
※4番ファルヴォーレ
×1番モンファボリ
×3番ホワイトロッジ
×5番ジャスパーゴールド
×2番ヴォイスオブジョイ

【単勝】7番(20%)
【複勝】7番(80%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
7→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
7.9→全通り(11点)
7.8→全通り(11点)
7.10→全通り(11点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
7.9→全通り(66点)

━━━━━━━━━━━━━━
福島11R
奥羽ステークス 11月13日(土) 混戦で高配当待ち

定量戦だが、混戦の色合いが濃い。午前の段階の1番人気のオッズを見ると、馬連が1,200円台、3連複が2,000円台、3連単が8,500円台となっている。難易度の高い一戦だ。

◎ホッコーハナミチは夏に小倉ダ1700mの2勝クラスを1分41秒4(重)のレコードで勝っている3歳馬。力はあるのだが、自分から行かないところがあり、続くレパードSは9着、秋緒戦の3勝クラスは12着だった。

陣営ももどかしさがあるのだろう。今回は中1週で栗東から福島への遠征になるが、稽古でブリンカーを着け、1週前の金曜に坂路で51秒3でビッシリと追われて、今週も荒れた馬場の中で53秒5と負荷をかけた。

実戦でもブリンカーを着用する。それで真面目に走ってくれるかわからないのが同馬の難しさだが、効く可能性はあるだろう。中井裕二はテン乗り。追いはしっかりしているので、気合をつけて動かしてもらいたい。狙う価値はある。

○エクレアスパークルは3走前と2走前のダ1700m戦が内容ある競馬。前走で阪神のダ1800mを使ったが、攻め量が少なかったし、直線で伸びかけて6着なら上々の結果である。

福島のダ1700mは初めてだが、折り合い面から適性にマッチしそう。大幅に攻めを強化してきたし、上位争いに食い込むシーンがあっていい。

▲は小回りのダ1700mで渋太い走りを見せる牝馬のペイシャキュウで、△はまだ底が割れず、久々でも好仕上がりのロッシュローブ。以下、警戒が必要な勢力が多くいる。

◎と○は人気の一角だが、割れたオッズの中でのもの。連勝式は崩れて大きな配当になってくれるといい。

◎3番ホッコーハナミチ
○7番エクレアスパークル
▲4番ペイシャキュウ
△5番ロッシュローブ
※14番アルーフクライ
×6番カウンターエア
×2番ライジングドラゴン
×11番ホッコーライデン
×9番メイショウヨカゼ

【単勝】3番(10%)
【複勝】3番(50%)・7番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
3→全通り
7→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
3.7→全通り(13点)
3.4→全通り(13点)
4.7→全通り(13点)
3.5→全通り(13点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
3.7→全通り(78点)

━━━━━━━━━━━━━━
福島12R
会津特別 11月13日(土) 混戦で伏兵馬狙い

福島11Rと条件は大きく違うが、やはり混戦。午前の段階の1番人気のオッズを見ると、馬連が1,200円台、3連複が1,900円台、3連単が6,900円台となっている。

スピードある先行馬が複数頭いて、ハイペースになるのは確実。先行勢が苦しくなる可能性があるが、気の利いた差し馬がいない感じなのが残念である。正直、買いづらいレースで、伏兵馬を狙うことにした。

なお、このレースとは関係ないが、朝になって武蔵野ステークス(東京11R)のオッズを見ると、3連単の1番人気が1万1,000円台になっていた。なかなかやっかいである。

◎カバーガールはデイリー杯2歳ステークスに出走するドグマの姉。スピードが勝った気性で乗り難しく、夏の函館での1勝クラス勝ちは、外の追走で噛むところがありながら、直線で渋太く伸びて差し切るという内容だった。

2勝クラスの2戦で結果が出なかったが、使い込んでいて疲れがあったかも。その後は放牧に出して立て直し、栗東CWコースで楽に63秒級の好時計が出て、坂路でもしっかりと乗られている。

福島は初、捌きに甘さがある菱田裕二で最内の1番枠…。状況的には楽でないが、菱田が腹をくくり、抑えてタメて終いの伸びを引き出す騎乗ができると食い込むシーンがある。冒険的な狙いではあり、ただ、馬は強いので無謀ではない。

○グラウクスは阪神の前走で11番人気ながら3着。初めて着けたブリンカーが劇的に効いたようで、好スタートを切って好位のインでタメ、直線も渋太く脚を使った。今回は少し抑えて乗った方がいい気がするが、それは陣営と中井裕二の考え方次第。再度の好走があっていい。

▲は長欠明けになるのがどうかだが、福島では大外一気で1勝クラスを勝っているルクルト。△は噛み合うといい走りを見せるローレルアイリスで、以下、軽視できない勢力が多くいる。

◎1番カバーガール
○11番グラウクス
▲13番ルクルト
△9番ローレルアイリス
※14番インザムービー
×2番ホーリーライン
×7番ヒバリ
×6番ルミナスライン
×3番コスモアンジュ

【単勝】1番(10%)
【複勝】1番(60%)・11番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
1→全通り
11→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
1.11→全通り(14点)
1.13→全通り(14点)
11.13→全通り(14点)
1.9→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
1.11→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━

タグ: 競馬 競馬予想 中央競馬 エリザベス女王杯 アカイイト マイルチャンピオンシップ シュネルマイスター グランアレグリア 東京スポーツ杯2歳ステークス 東京スポーツ杯2歳S

予想記事の購入方法
■記事内の【マガブロを購入する】を押し、購入画面に進んでください。

クレジットカード、またはFC2ポイントで購入できます。FC2ポイントは銀行振込、電子マネー、クレジットカード、銀行ATMなどで購入できます。詳しくはFC2マニュアルでご確認ください。

ご利用いただくには、FC2IDアカウントが必要です(登録料無料)。IDをお持ちでない方は、記事の購入画面から新規登録できます。

携帯電話料金と一緒にお支払いしたい方は、ブログ『note』をご利用ください。『note』版はコチラから。

※キャリア決済は、docomo、au、ソフトバンクモバイルに対応。パソコンからも決済可能。noteに会員登録(登録料無料)している方のみ、ご利用になれます





↑応援クリックお願いします
最近の主な的中実績
■12月5日(日) 予想:6鞍
チャンピオンズカップ
3連単 5万2,660円
3連複 1万7,650円
馬 連    610円
ワイド   280円
ワイド  4,570円
ワイド  5,540円
単 勝    330円(30%)
複 勝    150円(60%)
◎チュウワウィザード2着(3人気)
○◎でヒット

ギャラクシーS
3連単 6万7,050円
3連複   5,170円
馬 連   7,070円
単 勝   1,550円(10%)
複 勝    280円(90%)
◎バティスティーニ1着(5人気)
◎▲○でヒット

ラピスラズリS
馬 連 3,480円
単 勝  440円(10%)
複 勝  190円(50%)
◎エーポス1着(1人気)
◎×でヒット

鳴海特別
3連単 6,760円
3連複 1,980円
馬 連  540円

■12月4日(土) 予想:6鞍
チャレンジカップ
3連単 5,860円
3連複 1,990円
馬 連  830円
単 勝  170円(60%)
◎ソーヴァリアント1着(1人気)
◎▲※でヒット

ステイヤーズS
3連複 4,420円
馬 連 1,800円
単 勝  770円(10%)
複 勝  210円(50%)
◎ディバインフォース1着(6人気)
◎▲×でヒット

阪神12R
馬 連 1,240円
単 勝  740円(10%)
複 勝  230円(90%)
◎ヴァーチャリティ1着(4人気)

中山12R
馬 連 1,510円
ワイド  550円
ワイド 3,700円
単 勝  170円(20%)
複 勝  120円(80%)
◎ゼログラヴィティ1着(1人気)

■11月28日(日) 予想:6鞍
ジャパンカップ
3連単 1,780円
3連複  510円
◎シャフリヤール3着(2人気)
○※◎でヒット

カノープスS
馬 連 1,610円
単 勝  560円(10%)
複 勝  210円(40%)
◎ショウナンナデシコ1着(2人気)

アプローズ賞
3連複 990円

立雲峡S
ワイド 530円
ワイド 970円

■11月27日(土) 予想:6鞍
キャピタルS
3連単 6万3,990円
3連複 1万2,540円
馬 連   2,550円
単 勝    520円(10%)
複 勝    220円(90%)
◎プリンスリターン1着(2人気)

茨木S
3連単 4万 350円
3連複   7,340円
複 勝    170円(90%)
○※◎でヒット

京都2歳S
馬 連 1万8,920円
ワイド   5,010円
ワイド   4,250円
複 勝   1,070円(20%)
ビーアストニッシド2着(9人気)

東京12R
3連単 6,840円
3連複 1,860円
複 勝  150円(80%)
○×◎でヒット

シャングリラS
馬 連 270円
単 勝 230円(20%)
複 勝 120円(80%)
◎クロパラントゥ1着(2人気)
◎○でヒット

■11月21日(日) 予想:6鞍
霜月S
馬 連 1,000円
ワイド  450円
ワイド 5,330円
単 勝  350円(20%)
複 勝  190円(80%)
◎ヘリオス1着(1人気)

マイルチャンピオンシップ
馬 連 370円
○▲のタテ目、◎サリオス6着

五色沼特別
馬 連 270円
単 勝 190円(20%)
複 勝 120円(80%)
◎タガノディアーナ1着(1人気)

東京12R
複 勝 170円(80%)
◎タイキスウォード3着(2人気)

姫路S
馬 連 840円
単 勝 300円(40%)

■11月20日(土) 予想:6鞍
阪神12R
ワイド 1万4,480円
ワイド 1万2,330円
複 勝   1,970円(20%)
ピナクルズ3着(14人気)

アンドロメダS
ワイド 1,050円
ワイド  700円
◎プレシャスブルー3着(5人気)
××◎で決着

東京スポーツ杯2歳S
ワイド 510円
ワイド 830円
◎テンダンス3着(6人気)

みちのくS
ワイド  690円
ワイド 1,180円
複 勝  230円(50%)
◎チェアリングソング3着(6人気)

西郷特別
ワイド 1,470円
ワイド 1,230円
◎ゴールドフィンガー3着(1人気)

■11月14日(日) 予想:6鞍
エリザベス女王杯
馬 連 5万1,870円
ワイド   9,600円
ワイド   7,450円
複 勝    650円(30%)
ステラリア2着(7人気)

福島記念
3連単 5万2,260円
3連複   7,500円
馬 連   4,470円
複 勝    310円(30%)
複 勝    180円(50%)
ヒュミドール2着(6人気)
アラタ3着(1人気)
▲○◎でヒット

オーロカップ
3連複 2万1,380円
馬 連 1万1,120円
複 勝    650円(20%)
複 勝    290円(40%)
ハーフバック1着(11人気)
ホープフルサイン2着(5人気)

東京12R
複 勝 210円
◎ダイワドノヴァン3着(3人気)

ドンカスターC
複 勝 150円(80%)
◎ケイアイドリー2着(1人気)

■11月13日(土) 予想:6鞍
奥羽S
馬 連 2,900円
ワイド 1,150円
ワイド 2,900円
複 勝  250円(40%)
エクレアスパークル1着(3人気)

阪神12R
3連複 1,830円
馬 連  460円
単 勝  300円(20%)
複 勝  140円(80%)
◎グランレイ1着(2人気)
◎×▲でヒット

武蔵野S
馬 連 1,790円
ワイド  610円
ワイド 1,200円
エアスピネル2着(2人気)

■11月7日(日) 予想:6鞍
三陸特別
3連単 3万4,200円
3連複   4,620円
馬 連   3,060円
複 勝    160円(90%)
◎ウォルフズハウル2着(1人気)

みやこS
馬 連 6,680円
ワイド 1,640円
ワイド 5,480円
複 勝  380円(60%)
ロードブレス2着(6人気)

アルゼンチン共和国杯
馬 連 1,420円
複 勝  250円(40%)
◎マイネルウィルトス2着(4人気)

阪神12R
3連単 5,030円
3連複 1,230円
馬 連 1,060円
単 勝  200円(70%)
◎ジャカランダレーン1着(1人気)

フルーツラインC
馬 連 2,480円
ワイド  890円
ワイド 3,360円
複 勝  290円(40%)
ワルツフォーラン2着(5人気)

■11月6日(土) 予想:6鞍
飯坂温泉特別
馬 連 3万4,330円
ワイド   8,200円
ワイド    960円
単 勝   1,090円(10%)
複 勝    370円(30%)
◎ラングロワ1着(4人気)

京王杯2歳S
馬 連 7,450円
ワイド 2,430円
ワイド 1,220円
トウシンマカオ2着(4人気)

東京12R
馬 連 5,440円
ワイド 1,920円
ワイド 3,230円
複 勝  360円(40%)
◎キタノリューオー2着(6人気)

ファンタジーS
3連単 2,670円
3連複  530円
馬 連  450円
※○◎でヒット

河北新報杯
馬 連 2,620円
ワイド  940円
ワイド 1,570円

■10月31日(日) 展望:2鞍
天皇賞(秋)
1着 エフフォーリア 評価S 騎手S
2着 コントレイル 評価S 騎手A
3着 グランアレグリア 評価S 騎手S

カシオペアS
1着 ファルコニア 評価A 騎手B
2着 ヴァンケドミンゴ 評価B 騎手B
3着 アドマイヤビルゴ 評価A 騎手B

■10月30日(土) 展望:2鞍
スワンS
1着 ダノンファンタジー 評価A 騎手S
2着 サウンドキアラ 評価B 騎手B
3着 ホウオウアマゾン 評価B 騎手A
特定商取引法に基づく表示
【販売者名】
大谷内泰久

【運営責任者名】
大谷内泰久

【事業者のメールアドレス】
timechart555@gmail.com

【URL】
http://keiba-yoso.jp/

【販売価格】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、 購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入していただけます。 コンテンツの購入に必要な金額は、 1ポイント=1円として計算し、各コンテンツごとに異なります。 販売価格は各コンテンツごとに表示しています。 ▼参考URL //help.fc2.com/fc2id/manual/group79/315

【商品代金以外の費用】
記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツおよびポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。 購入前に当ブログが問題なく閲覧可能か、 必ず動作確認を行ったうえでご購入ください。 ▼推奨使用環境 //help.fc2.com/requirements

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。
訪問者カウンター