プロフィール
著者:大谷内泰久

『競馬研究』元記者。的中精度の高さから、入社2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。不可能と言われた馬連の全レース購入・均等買いでの年間回収率プラスを達成。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

3連単的中の最高配当は355万5,600円。3連単の本線◎○▲的中の最高配当は56万90円。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックお願いします
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

※各曜日の【メインレース】と【後半レース】は、1つの記事として合わせて提供することがあります。その場合の提供時間は当日の12時~14時ごろになります

◆2月24日(土)
【土曜メインレース】(400円)
 …当日の11時~13時ごろ
幕張S、仁川S

【土曜後半レース】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
2鞍以上(9R以降)

【超万馬券予想】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
4鞍以上(9R以降)

◆2月25日(日)
【日曜メインレース】(400円)
 …当日の11時~13時ごろ
中山記念阪急杯

【日曜後半レース】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
2鞍以上(9R以降)

【超万馬券予想】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
4鞍以上(9R以降)

予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

6月24日・25日の予想コメントと的中結果

【6月24日・25日の予想コメントと的中結果】(超万馬券予想の的中結果、日曜メインレース、土曜メインレース、土曜後半レース)

──────────────
【超万馬券予想の的中結果】

■6月25日(日)
リボン賞
3連単 12万9,870円
3連複  2万 670円
馬 連   8,100円
単 勝    900円(10%)
複 勝    260円(90%)
◎コパノハンプトン1着(5人気)

函館12R
3連単 7万3,320円
3連複 1万5,840円
馬 連   4,470円
複 勝    330円(90%)
◎フリントロック2着(7人気)

大沼S
3連単 4万4,030円
3連複   9,210円
馬 連   5,410円
単 勝    450円(10%)
複 勝    210円(90%)
◎ペプチドナイル1着(3人気)

花のみちS
複 勝 180円(90%)
◎ラヴケリー3着(4人気)

──────────────
■6月24日(土)
青函S
複 勝 420円(40%)
◎マイネルジェロディ3着(6人気)

━━━━━━━━━━━━━━
【日曜メインレース】

東京11R
パラダイスステークス(L) ハンデ戦で混とん…、◎と〇の激走に期待

東京の芝1400mで争われるリステッド競走。

左回り。向正面の中ほどからの発走。箱が大きく、ワンターンのコース。スタートして100mほどは緩やかな下り坂。そこから100m弱の間に高低差が1.5mある坂を上る。少し平坦部分を走り、残り約1150mから3コーナー途中の残り約900mまでは下り坂になっている。

下りが終わると緩い上り坂に転じ、4コーナーを回って直線に向かう。残り460m~残り300mは高低差が約2mある急めの上り坂。上り切ってからは平坦だが、距離は300m残っている。直線距離は525.9m。コース全体の高低差は2.7m。

芝は連続開催の10週目で、Dコース使用2週目になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階で、JRAから「3コーナーから4コーナーおよび正面直線の内柵沿いに傷みがあります」と発表があった。

土曜に行われた3勝クラスの芝2000m戦を勝ったのはドゥラドーレス。後方で脚をタメ、直線で馬群を割って伸びて差し切った。勝ち時計は2分00秒1(良)。レースの1000m通過が62秒4という百合流れで、上がりは11秒2-11秒2-11秒5の33秒9だった。勝ち馬の上がりは33秒1。

1勝クラスの芝1600m戦を勝ったのはキタノブライド。中団のインを進み、直線で外に動かすとグッと伸びて抜け出した。勝ち時計は1分32秒9(良)。レースの1000m通過は57秒8と速く、上がりは11秒6-11秒8-11秒7の35秒1だった。勝ち馬の上がりは34秒5。

内が荒れてきているが、ここを走って好走するケースも見られた。日曜は土曜よりも少し乾いた馬場で、クッション値は土曜の朝が「9.6」、日曜の朝が「9.5」となっている。

──────────────
フルゲートを割って15頭立て。ハンデ戦になり、トップハンデが57キロ、最軽量が53キロで、4キロの上下差がある。混とんとしたムードで、午前の段階で3連単の1番人気が9,000円台。展開や各馬の捌き次第で結果は変わることになる。

穴を狙って、藤原英昭厩舎(栗東)の6歳馬ストーンリッジに◎を打った。

ディープインパクト産駒、きょうだいには活躍馬が多くいて、自身はデビュー2戦目に重賞のきさらぎ賞でクビ差の2着に駆けている。6歳になって中山と小倉でオープン特別を続けて3着し、福島戦は7着とひと息で休みを入れた。

栗東に戻ってからは意欲的な調整ぶり。1本目に坂路で54秒0-12秒3を出し、1週前には坂路で50秒5-36秒4-12秒2の好時計をマークした(ラストから2ハロン目が11秒7)。今週は坂路で54秒0-12秒0で同入している。CWコースでも36秒9-11秒3で追われているし、輸送前の金曜にも坂路で時計になるところを乗った。いい仕上がりにあるのは間違いない。

ハミを噛んで甘くなることがあり、直線の長い府中コースでは(0.0.0.5)。ただ、昨秋のオーロカップ(11着)など直線で前が詰まって満足に追えなかったものだし、折り合ってスムーズに運べば最後まで脚を使えるはずである。

ヤネは戸崎圭太。捌きが甘くて詰まることが多いジョッキーなので心配はあるが、同馬には騎乗歴(1度乗って6着)があるし、道中はしっかりとタメ、直線で走路を見つけてもらいたい。

いろいろと条件はつくものの、今のデキでハンデが55キロなら差のない勝負になっていい。単勝1,600円台の8番人気と配当面で妙味があるし、ここから入ることにした。

斉藤誠厩舎(美浦)の4歳馬ホウオウノーサイドも注目される存在。

京都の芝1400m(外)で3勝クラスをクリア。大外を攻めてロスがあり、直線でエンジンがかかるとグイグイと伸びて追い込み切った。ただ、当日のリステッド競走とは、1秒8という大きい時計差があった。

遠征後の中3週でもしっかりと乗られ、ウッドコースの最終追いでは66秒3-51秒6-11秒2をマークしている。生産牧場が岡田スタッドで、馬主が小笹芳央氏というよく見る組み合わせ。岡田一族の生産馬は土台がしっかりしていて、本格化に向かっているのだろう。姉にスプリンターズS3着のワンスインナムーンがいて、血統的にも筋が通っている。

引き続き斎藤新が手綱を取る。父の厩舎の所属馬になり、コンビを組んで(2.2.0.1)。これだけを見れば問題はなさそうだが、センスのいいジョッキーではなく、戸崎と同様にうまく捌けるか不安がある。

追われて頭が上がるところがあるのも課題だが、ハンデが55キロで前走比3キロ減になり、この分で反応が良くなってくるといい。スムーズなら浮上するシーンも。

▲はレイモンドバローズ(56キロ)。当舞台で(2.1.0.3)の実績を残していて、前走の京王杯スプリングカップでは見せ場をつくって5着(0秒3差)に健闘した。

△は連勝の内容が強く、1400mでスピードが活きるサーマルウインド(54キロ)。以下はペイシャフェスタ、テンハッピーローズ、ビューティフルデイなどで、切り捨てていい勢力はいない。波乱が起きる可能性がある。

──────────────
◎11番ストーンリッジ
○6番ホウオウオーサイド
▲7番レイモンドバローズ
△9番サーマルウインド
※3番ペイシャフェスタ
×14番テンハッピーローズ
×2番ビューティフルデイ
×15番カルリーノ
×13番メイショウチタン
×4番カイザーミノル
×5番オールパルフェ

【単勝】11番(10%)・6番(10%)
【複勝】11番(30%)・6番(50%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
11→全通り
6→全通り
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
11→全通り(91点)
【3連複】(軸2頭ながし)
6.7→全通り(13点)
6.9→全通り(13点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
11.6→全通り(78点)
11.7→全通り(78点)
11.9→全通り(78点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神11R
宝塚記念(GI) GIらしく締まったペースに、伏兵の6歳馬2騎を狙ってみる

阪神の芝2200m(内)で争われるGI競走。

右回り。外回りコースの4コーナー出口からの発走。100mほど走って内回りの4コーナー出口に達し、内回りコースを使用してコーナーを4つ回る。

スタート後は下り勾配になっていて、270mほど走って急坂を上ることになる。ゴール板の約100m前からは平坦で、1~2コーナーを過ぎ、向正面の途中まで平坦になっている。

緩やかな下り勾配になったあと、3コーナー途中の残り800mから傾斜が強くなる。ただ、急な下り坂というほどではない。下りは4コーナーを回って直線半ばまで600m以上も続くことになる。

直線残り約200mからは一転して上り坂に。約120mの間に高低差1.8m(勾配1.5%)の急な坂を上る。上り切ってからの100m弱は平坦。直線距離は359.1m(Bコース使用時)。コース全体の高低差は1.9m。

芝は開催4週目で、Bコース使用4週目になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階で、JRAから「向正面直線から内回り3コーナーから4コーナー、正面直線にかけて内側に傷みがあります」と発表があった。

土曜は1勝クラスの以上の芝のレースが芝1400m(内)の2鞍のみ。2勝クラスは2番手を進んだシナモンスティックが直線で抜け出して押し切り、勝ち時計が1分20秒9(良)だった。

雨が少し残った馬場ではあったが、4週目になって高速馬場とまではいかない状況になっている感じがある。内めはボコボコしていて、ただ、ここを通って走れないわけではなかった。

なお、クッション値は土曜の朝が「9.8」で、日曜の朝が「9.9」となっている。

──────────────
フルゲートを割って17頭立て。午前の段階で単勝オッズが140円と、イクイノックスに人気が集中している。

昨年の宝塚記念は、パンサラッサが逃げ、2番手につけていたタイトルホルダーが抜け出して2分09秒7(良)のレコード勝ちを決めた。レースの3ハロン通過が33秒9、1000mが57秒6で、上がりは11秒9-12秒0-12秒4の36秒3だった。

今年は15番枠のユニコーンライオンがしごいてでもハナに行かせるか。斤量が軽い3歳のドゥラエレーデも積極的に乗ってきそうで、好位を進むのはアスクビクターモア、ディープボンド、ダノンザキッドあたりになる。

さすがに昨年ほどは速くならないと思うが、ラップが緩まないスピードと持久力が試されるタフな競馬になりそうだ。

穴を狙って、大久保龍志厩舎(栗東)の6歳馬ディープボンドに◎を打った。

天皇賞(春)は4歳、5歳、6歳と3年連続で2着。4歳時には有馬記念で2着していて、GIには手が届いていない。昨年の宝塚記念は0秒6差の4着という結果。3番手の外につけ、4コーナーで動かしてタイトルホルダーに真っ向勝負を挑んだ。直線で離されたが、渋太さは見せている。自身の3ハロン通過は34秒4、マイルの通過が1分33秒7で、内回りの2200mに対応するスピードがあることは十分に示せた。

天皇賞のあとは放牧に出され、栗東に戻ってから順調に乗り込んできた。1週前にはCWコースで長めから追われて65秒0-35秒7-11秒3。他の厩舎の馬と併せる形になったが、大きな走りしっかりと伸びていた。今週はCWコースで楽に65秒9-11秒7をマーク。適度に気持ちが乗っていて、見た目には疲れはなさそうだ。

ヤネは主戦の和田竜二。コンタクトに関しては完ぺきと言えるコンビで、絶好の10番枠から周りとペースを見つつロスのない立ち回りをしてくるだろう。昨年の宝塚記念の走りを見ると、「長距離よりも、むしろここで…」と感じるところがある。

4コーナーでモタつく点、直線で一頭になるとフワッとする点が課題にはなるが、理想的な形で運ぶことができると好勝負が可能になる。

渡辺薫彦厩舎(栗東)の6歳馬ヴェラアズールも気になる存在。

5歳の春から芝を使い始め、秋には京都大賞典(阪神で施行)を鋭い末脚で外から突き抜け、勢いそのままで直線で狭いところを割る競馬でジャパンカップを制覇した。

有馬記念は10着に終わったが、明らかにジャパンカップの反動があった調整だったし、輸送でトラブルがあり、実戦はで力んで走っていた。まったくの参考外である。初の海外遠征だったドバイワールドカップ(13着)も、やはり参考外としていいだろう。

今回に至る過程はきわめて順調。2週前にCWコースで63秒4-11秒7の好時計を叩き出し、1週前にはCWコースで65秒1-11秒4、今週はCWコースで66秒6-11秒3で追われている。日曜に坂路で速めの時計を出したこともあった。活気があって推進力にあふれる動きを見せていて、昨秋の状態に戻っているのは間違いない。

内回りの2200mが忙しいのは確かだろうが、もともと噛むところがあるし、デキの良さで意外とすんなり対応してくるかもしれない。ヤネは京都大賞典で手綱を取っていた松山弘平。末脚発揮のシーンがあっても。単勝3,000円台と人気はない。

▲は阪神で菊花賞を勝っている4歳のアスクビクターモア。日経賞(9着)と天皇賞(春)(11着)はスムーズな走りができなかったが、本来の持久力を活かす競馬ができれば。横山武史は2度目の騎乗になる。

△は天皇賞(春)を制した4歳のジャスティンパレス。3歳時よりも馬体を増やし、パワーがついて追われて頭が下がらなくなった。2200mで流れは大きく変わることになり、鮫島克駿が慌てずに乗ることができれば。

※はイクイノックス。実力が上位なのは言うまでもなく、海外遠征帰りという点、栗東に移動しての調整で馬体を減らした時期があった点がどう出るかが問題になる。

コメントは慎重なところがある木村哲也師だが、状態に関して「有馬記念の時の姿には戻っていない」と。もちろん、ねじ伏せて何の不思議もないが、他も強いし、隙がないわけではない。

以下で、プラダリア、ジェラルディーナ、スルーセブンシーズ、ボッケリーニ、ダノンザキッド、ジオグリフなどにも注意を払う必要がある。先にも書いたが、ペースが締まって、GIらしい見応えある競馬になるだろう。

──────────────
◎10番ディープボンド
○8番ヴェラアズール
▲12番アスクビクターモア
△9番ジャスティンパレス
※5番イクイノックス
×7番プラダリア
×11番ジェラルディーナ
×6番スルーセブンシーズ
×4番ボッケリーニ
×3番ダノンザキッド
×13番ジオグリフ

【単勝】10番(10%)・8番(10%)
【複勝】10番(50%)・8番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
10→全通り
8→全通り
【馬連&ワイド】
5-10(×5)・5-8(×3)
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
8.10→全通り(15点)
10.12→全通り(15点)
8.12→全通り(15点)
9.10→全通り(15点)
8.9→全通り(15点)
9.12→全通り(15点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
10.8→全通り(90点)
10.12→全通り(90点)
10.9→全通り(90点)

━━━━━━━━━━━━━━
函館11R
大沼ステークス(L) 

◎ブラッティーキッドは昨夏に北海道シリーズで3連勝を決め、厳しいローテーションでエルムSに挑んでクビ+クビ+クビ差の4着に駆けた。道中で力み、勝負どころではズブくなりとやっかいな面があるが、能力は相当に高い。

栗東で乗り込み、函館競馬場に移動してからも順調。目立つ時計は出ていないものの、もともと攻めは地味である。

7ヵ月半ぶりの実戦で楽ではないだろうが、相性の良い舞台でいきなりから動いてくる可能性がある。人気も手ごろなので狙ってみたい。

◎2番ブラッティーキッド

【単勝】2番(20%)
【複勝】2番(80%)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜メインレース】

江の島S
3連複  2,160円
ワイド  340円(×8)
ワイド 1,000円(×2)
複 勝  190円(90%)
◎チャックネイト3着(1人気)
△※◎でヒット

──────────────
東京11R
江の島ステークス ◎は去勢効果で狙い目あり、菊花賞4着馬の復帰にも注目

3勝クラスの戦いで、舞台は東京の芝2000m。

左回り。1コーナー奥にある引き込み線からのスタート。100mと少し走って左カーブが来るため、外枠はロスが出る。向正面は中ほどまで緩めの下り坂。残り約1300mの地点から100m弱の間に高低差が1.5mある坂を上る。少し平坦部分を走り、残り約1150m~約900mまでは下り勾配になっている。

下り切ってからは緩い上り坂に転じる。直線に入って残り460m~残り300mは高低差が約2mある上り坂を上ることに。上り切ってからは平坦で、距離は300m残っている。直線距離は525.9m。コース全体の高低差は2.7m。

芝は連続開催の10週目で、Dコース使用2週目になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階で、JRAから「3コーナーから4コーナーおよび正面直線の内柵沿いに傷みがあります」と発表があった。

先週は金曜までは梅雨らしい天候だったが、土曜と日曜は晴れ。芝もダートも全レースが良馬場だった。

土曜の3歳未勝利(牝馬限定)の芝1600m戦は、ラファドゥラが1分32秒3でV。日曜には、1勝クラスの芝1800m戦をマイネルモーメントが1分45秒5で、3勝クラスの芝1400m戦をエターナルタイムが1分19秒7で勝利している。高速決着が連発する馬場だった。

2日間で芝のレースは11鞍で、ラスト1ハロンのラップがすべて11秒4~11秒8の間に入っていた。流れて締まった競馬になった場合でも、ラストが12秒台になることはなかった。逃げた馬は厳しくなりがちで、馬券に絡んだのは2頭(1着、2着)だった。

ただ、好位から抜け出して勝つケースは多かった。Dコース初週でも直線は内が少し荒れていたが、ここを通って走れないわけではなく、外からの差しが決まることもあった。

今週はDコース2週目。速い時計が出るのはおそらくは変わらず、ジョッキーたちが直線で内を避けようとするなど攻め方を変えてくる可能性がある。

今週は木曜に雨が降り、金曜の夕方の時点では稍重。土曜の朝には良に回復した。クッション値は、金曜の朝が「9.5」で、土曜の朝が「9.6」となっている。

──────────────
Dコース使用の芝2000m戦は、14頭でフルゲートになる。確たる逃げ馬はおらず、ホウオウエクレール、ホウオウリアリティ、ウインリブルマンのいずれかが行くことになるか。ちなみに、この3騎は岡田一族の生産馬になる。

堀宣行厩舎(美浦)の5歳セン馬チャックネイトに◎を打った。

馬を強くするために、いろいろと策を講じてくるのが堀師。同馬に関しては、ノド鳴りの手術を施したことがあり、今回は去勢しての緒戦になる。

美浦での乗り込みは意欲的。1週前に中ほどを通って5ハロン65秒2を出し、ラスト1ハロンは10秒7という特別に速い数字だった。今週は単走で4ハロンから時計になり、52秒0-11秒5を楽にマークしている。

堀師は「去勢の効果でしっかりと走れるようになった」と。体は大きく減ってきそうだが、休養前が太かっただけに問題はないだろう。昇級緒戦で3着した前走は2400mだったが、レースぶりから2000mにも対応できる。

ヤネはテン乗りで三浦皇成。外の13番枠を引き、早めに内に寄せて脚をタメつつ運んでもらいたいところだ。ここはドゥラドーレスという4歳の素質馬がいるが、配当面で妙味があるこちらを狙ってみたい。

相手の筆頭は東の4歳のデコラシオン。兄にケンタッキーダービーとドバイワールドカップを制覇したアニマルキングダムがいて、昇級2戦目の前走では直線で馬群を捌くのにロスがありながら5着まで伸びてきた。

1週前にウッドコースで65秒7-11秒2を楽にマークして気配は良好。距離が1ハロン延びるのが鍵になるが、中山の2000mで1勝クラスを勝っていて、丁寧に折り合いをつけていけばこなせるはずだ。戸崎圭太は2勝クラスを勝った跨った時に跨っていて、うまくコンタクトが取れれば。

▲は西の4歳馬エンドウノハナ。1勝クラスを7馬身差、2勝クラスを3馬身半差で勝ち、昇級緒戦の前走では外を攻める競馬になって5着には上がった。

2000mで時計が速くなってどうかだが、スタミナ十分で粘り強く脚を使ってくる点は魅力。除外があったがデキは良さそうだし、浮上するシーンがあっていい。

△は東の4歳馬ドゥラドーレス。折り合いがついたわけでなく、4コーナーで不利もあった菊花賞で4着に駆けている。素質的には断然の存在だ。緩さが課題にあるのは確かで、久々の今回、宮田敬介師は「六~七分の状態」と。時計は出ているし、3勝クラスなら格好はつけてくるだろう。

リフレーミングとファユエンは末脚に見どころがあり、以下でロジハービン、ホウオウエクレール、ホウオウリアリティらにも注意を払う必要がある。

──────────────
◎13番チャックネイト
○7番デコラシオン
▲12番エンドウノハナ
△3番ドゥラドーレス
※1番リフレーミング
×2番ファユエン
×5番ロジハービン
×4番ホウオウエクレール
×6番ホウオウリアリティ
×8番スパイラルノヴァ

【単勝】13番(10%)
【複勝】13番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
13→全通り
13→3(×7)
13→7(×3)
13→1.12
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
7.13→全通り(12点)
12.13→全通り(12点)
3.13→全通り(12点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
13.7→全通り(72点)
13.7→3(×3)(18点)
13.12→全通り(72点)
13.12→3(×2)(12点)
【3連単】
3-13-7(×5)・3-7-13(×5)・3-13-12(×3)・3-12-13(×2)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神11R
天保山ステークス 混戦で波乱含み、◎は川田将雅と呼吸が合えば

阪神のダ1400mで争われるオープン特別。

右回り。2コーナー奥の引き込み線からの発走。スタート地点は芝で、150mほど走ってダートコースに入る。向正面の残り約1000mの地点からは緩やかな下り坂に。下りは3~4コーナーを回って直線半ばまで続くことになる。なお、スタートから3コーナーまでの距離は約540m。

直線残り200mの地点で下りが終わり、そこから急な上り坂に。約100mの間に1.6mの高低差を上ることになる。上り切ってからは平坦。直線距離は352.7m。コース全体の高低差は1.6m。

先週は梅雨でも週末は天候が良く、土曜も日曜も芝、ダートのすべてが良馬場だった。ダートは土曜よりも日曜の方が含水率が少し低かった。

日曜に行われた3勝クラスのダ1800m戦を勝ったのはトウセツ。ブリンカーを着けてもモタつくところを見せていたが、直線でエンジンがかかると猛然と伸びて追い込み切った。勝ち時計は1分51秒9。レースの1000m通過は61秒5で、上がりは12秒2-12秒7-12秒9の37秒8だった(勝ち馬の上がりは36秒8)。2着は後方追走から外を上がっていったダノンブレッドで、3着は外に動かして脚を使ったセレッソ。

1勝クラス以上の1400m以下の競馬は、土曜の1勝クラスのダ1200m戦のみ。1番枠からジワッとハナに行ったボナンザが、そのまま押し切って勝利した。勝ち時計は1分12秒6と遅い数字。前半3ハロンのラップは34秒8で、上がりは11秒9-12秒3-13秒3の37秒5だった。2着は内から脚を使ったグランデフィオーレで、3着は大外から追い込んだザウリ。

クッション砂の砂厚は9.0cmで、やはり少しタフな馬場。ペースが速くなれば上がりがかかって差しがハマったし、パワーとスピードがある馬が逃げて押し切るというケースも見られた。

今週は金曜の夕方の時点で重で、土曜の朝に稍重に回復した。メインの頃は良に近い稍重といった感じか。なお、クッション砂の砂厚は、従来通りで9.0cmとなっている。

──────────────
フルゲートの16頭立て。ダートは乾いていくことになり、オープン馬にとっても走りやすいとまでは言えない状態になっていそうだ。

スタートが決まればロードシュトロームが行きそうだが、他にもワルツフォーラン、ロイヤルパールス、メイショウテンスイなど、積極的に運ぶタイプがいる。待機組には折り合いがポイントになる勢力が多く、展開次第で結果はいくらでも変わりそうだ。

手塚貴久厩舎(美浦)の4歳馬レッドゲイルに◎を打った。

昨秋に府中のダ1300mで3勝クラスを圧勝(5馬身差)。続く府中ダ1400mのオープン特別は、ハイペースの中で流れに乗せすぎて末を甘くして4着に終わった。次走の中山戦(5着)はリズムが悪く、前走の京都戦(8着)は中1週で遠征競馬だったから参考外である。

中間は除外が続いたが、緩めずにしっかりと乗り込んでいる。1週前にウッドコースで大外を回って67秒6-11秒6をマークし、今週もウッドコースに入れて69秒2-11秒7で追われた。陣営は「じっくりと乗り込めたので状態はいい」と話している。

折り合い面からは1200m~1300mがいいが、少し渋った馬場でなだめて息を入れられば1400mでも脚を使える。ヤネは乗り替わって川田将雅。これまでに1度の騎乗歴があり、今回と同じ舞台(3歳1勝クラス)での競馬で2着に持ってきている。

内の3番枠で囲まれるとエキサイトする可能性があるが、この点の対処は川田に任せるしかない。リズム良く走ることができると、上位争いに加わってくる。

相手の筆頭は、西の6歳馬スナークダヴィンチ。前5走は2着、4着、3着、8着、2着で、8着の時は少し太かったかもしれない。確実性の高い末脚は評価すべきだ。

しばらく1200mを使ってきたが、レースぶりから1400mにも対応できていい。CWコースで66秒1-11秒6でしっかりと追われてデキ落ちはなさそうだし、浮上するシーンがある。

▲は西の5歳牝馬ディアノイア。3走前に府中で◎に先んじて3着していて、阪神のダ1400mは(3.1.0.1)と得意にしている。中間の乗り込みは熱心で、速めの時計が1本で8着だった前走からの変わり身を期待したい。揉まれずに走れれば理想的。

△は当舞台で4勝しているオーヴァーネクサス、※は折り合いがつけばグッと伸びてくるベルダーイメルで、以下はメイショウダジン、サトノテンペスト、ロイヤルパールス、ピアシックなど。切り捨てていい勢力はおらず、波乱が起きておかしくない。

──────────────
◎3番レッドゲイル
○11番スナークダヴィンチ
▲10番ディアノイア
△12番オーヴァーネクサス
※5番ベルダーイメル
×8番メイショウダジン
×14番サトノテンペスト
×6番ロイヤルパールス
×4番ピアシック
×1番リアンクール
×15番ワルツフォーラン

【単勝】3番(10%)
【複勝】3番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
3→全通り
3→14(×5)
3→10.12(×3)
3→4.11
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
3→全通り(105点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
3.11→全通り(84点)
3.11→14(×2)(12点)
3.10→全通り(84点)
3.10→14(×3)(18点)
3.10→12(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜後半レース】

阪神12R
3連単 3,450円(×2)
3連複 1,330円(×5)
───────────
馬 連  420円(20%)
ワイド  260円(80%)
───────────
単 勝  240円(70%)
◎ミスティックロア1着(1人気)
◎○※でヒット

──────────────
東京12R
3歳以上1勝クラス

1勝クラスの芝1600m戦。フルゲートの16頭立てで、3歳馬は6頭いる。揉まれずに前で運びたいタイプが複数頭いて、ペースは少し速くなるか。内の荒れ方が進んでいるかが重要なポイントになってくる。

◎イコノスタシスはモーリス産駒の3歳の牝馬。シンコウラブリイやチェッキーノを出した牝系で、祖母は桜花賞4着のハッピーパス、姉にはフィリーズレビュー勝ちのサブライムアンセムがいる。

初勝利を挙げたのが当舞台で、軽快に逃げて完勝。フェアリーSは掛かって自滅したる形の8着で、フィリーズレビュー(14着)は遠征競馬、後手、超ハイペースで力を出し切れなかった感じだ。

中間は放牧に出して立て直し、美浦に戻ってからウッドコースで熱心な調整ぶり。自身はエラーになったが、併せて同入した相手の時計が65秒2-36秒3-11秒5だった。陣営は「動きは素晴らしかった」と話している。

アローワンスがあって斤量は53キロ、ヤネはテン乗りでもレベルの高いジョッキーの石川裕紀人。1勝クラスは突破できる素質を備えていて、いきなりから期待したい。

○フォーカルフラワーはロードカナロア産駒の3歳の牝馬。こちらは姉にGIで活躍したカレンブーケドール(ジャパンカップ2着、オークス2着、秋華賞2着、天皇賞(春)3着)がいる。

まだ線が細いところはあるが、こちらも1勝クラスなら素質は通用するし、攻めでは古馬オープンのビューティフルデイを煽るぐらいの動きを見せている。53キロで注目を。

▲グレートサークルは2年5ヵ月ぶりの実戦だった前走が10着でも悪い走りでなく、中間はコース中心の稽古で大きな上積みを感じさせる。激走があっても。

△は折り合い面からマイルの距離は合う3歳のランプシーで、※は2勝クラスで2着した実績がある桜花賞馬キストゥヘヴンの仔エールトゥヘヴン。以下、警戒が必要な勢力が多くいる。

◎10番イコノスタシス
○14番フォーカルフラワー
▲3番グレートサークル
△2番ランプシー
※12番エールトゥヘヴン
×9番アルファウェーブ
×13番ドラミモン
×11番キタノブライド
×16番ホイッスルソング
×8番ウインエイムハイ
×7番セブンフォールド

【単勝】10番(10%)
【複勝】10番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
10→全通り
10→2(×4)
10→14(×2)
10→9.12.13.14
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
10.14→全通り(14点)
3.10→全通り(14点)
2.10→全通り(14点)
10.12→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
10.14→全通り(84点)
10.14→2.9(12点)
10.3→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神12R
3歳以上1勝クラス

1勝クラスのダ1800m戦。ダートは乾いていって、走りやすいような状態にはなっていないだろう。メンバー的に少しタフなペースになるかもしれない。なお、バリアントバイオ(11番)は出走取消になっている。

◎ミスティックロアは父がドバイワールドカップやブリーダーズカップクラシックを勝った名馬アロゲートというマル外の3歳馬。「Fappianoの4×4」、「Incantation(牝馬)の5×5」)など、今の時代にはめずらしいクロスを内包している。

緩さを感じさせはしたが、2月デビューで新馬戦をアタマ差の2着に駆け、2戦目をねじ伏せるような競馬で勝ち切った。高い将来性を持っているのは間違いない。

中間は放牧に出され、栗東に戻ってからは熱心な調整ぶり。1週前にCWコースで宝塚記念に出走する同厩のユニコーンライオンと併せて同入し、今週は坂路で55秒3-12秒8を楽にマークした。

アローワンスがあって斤量は55キロ、ヤネは前走に続いて川田将雅。完成するのは先だろうが、1勝クラスなら素質で上位争いに。

○ダンテバローズは姉にダートで活躍したクイーンマンボがいて、初めてブリンカーを着用した前走で気持ちが前向きになって2着に好走した。3着には5馬身の差をつけていた。こちらも3歳で伸びる器である。

問題は中1週続きという点。まだ真面目に走り切っていないだけに大丈夫とは思うが、実戦で影響が出る可能性はある。それでも印を落とすわけにはいかず、力を出し切れば頭まで。

▲は末脚堅実なタマモエイトビートで、△は初ブリンカー着で臨むニューダイアリーズ、※は前走で逃げて3着に粘っている3歳のインヒズアイズ。

◎と○に人気が集中していて、3連複と3連単はヒモが荒れると理想的である。

◎7番ミスティックロア
○13番ダンテバローズ
▲6番タマモエイトビート
△8番ニューダイアリーズ
※4番インヒズアイズ
×5番グレン
×15番イツモハラペコ
×14番キングダイヤモンド
×1番スズノハマヤ
×3番メイショウタイゲイ

【単勝】7番(70%)・13番(30%)
──────────────
【馬連】
7-13(20%)
【ワイド】
7-13(80%)
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
7.13→全通り(12点)
7.13→4.8(×4)(8点)
7.13→5.6(×2)(4点)
──────────────
【3連単】(フォーメーション)
1着:7.13
2着:7.13
3着:全通り(24点)
【3連単】(フォーメーション)
1着:7.13
2着:7.13
3着:4.8(4点)

━━━━━━━━━━━━━━
函館11R
青函ステークス

芝1200mで争われるオープン特別。芝は午前の段階で稍重になっていて、メインの頃はもう少し乾いてくることになる。開催3週目で内は荒れてきていて、先行勢が残るのか、差しがハマるのかを読むのは難しい。道悪適性も重要なポイントになる。

◎クロジシジョーはフリオーソ産駒の4歳馬で、2戦目からダートを使っている。徐々に力をつけ、2走前に中山で2着、新潟の前走で3着に差し込んだ。

中間は放牧に出され、栗東の坂路で調整してから函館競馬場に移動。最終追いはウッドコースで長めから追われていて、陣営は「状態はかなりいい」と話している。

芝の新馬戦は8頭立ての8着だったが、これは若さを見せたもの。ダートのレースでもスタート地点が芝の場合にダッシュが鈍いわけでなく、時計がかる馬場なら対応できておかしくない。外の14番枠を引いたのはプラスになる可能性があり、穴として狙ってみたい。

○メイクアスナッチはスピード能力高い3歳の牝馬。年初にマイル重賞のフェアリーSで2着しているが、道中で力んだ走りになりながらアタマ差まで伸びてくるインパクトの大きい競馬だった。

1200mになるのは歓迎要素、斤量は52キロ。仕上がりも悪くなさそうで、本来なら中心視すべきだろう。問題は渋った馬場の中で内の3番枠を引いたこと。揉まれ強いわけではなく、嫌気を出す可能性がある。腕の立つ横山武史がうまく誘導してくるようなら。

▲はゾンニッヒ。1200mは初めてになるが、対応できないことはないはず。道悪は未勝利戦といえ、重馬場で小倉芝2000mを快勝している。15番枠を引き、武豊が“外差し”を意識して乗ってくるだろう。

△は昨年に当レースを3着しているマイネルジェロディで、※は前走は直線で進路を取れずに満足に追えなかったルッジェーロ。以下、軽視できない勢力が多くいる。

◎14番クロジシジョー
○3番メイクアスナッチ
▲15番ゾンニッヒ
△8番マイネルジェロディ
※6番ルッジェーロ
×12番ロードマックス
×11番マウンテンムスメ
×5番ショックアクション
×13番カイザーメランジェ
×10番カルネアサーダ
×7番ベイビーボス

【単勝】14番(10%)・3番(50%)
【複勝】14番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
14→全通り
3→全通り
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
14→全通り(105点)
【3連複】
3-14-15(×5)・3-10-14
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
14.3→全通り(84点)
14.3→15(×4)(24点)
14.15→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━

タグ: 競馬予想競馬イクイノックス宝塚記念ラジオNIKKEI賞CBC賞ドウデュースダービー有馬記念ウマ娘

予想記事の購入方法
■記事内の【マガブロを購入する】を押し、購入画面に進んでください。

クレジットカード、またはFC2ポイントで購入できます。FC2ポイントは銀行振込、電子マネー、クレジットカード、銀行ATMなどで購入できます。詳しくはFC2マニュアルでご確認ください。

ご利用いただくには、FC2IDアカウントが必要です(登録料無料)。IDをお持ちでない方は、記事の購入画面から新規登録できます。

携帯電話料金と一緒にお支払いしたい方は、ブログ『note』をご利用ください。『note』版はコチラから。

※キャリア決済は、docomo、au、ソフトバンクモバイルに対応。パソコンからも決済可能。noteに会員登録(登録料無料)している方のみ、ご利用になれます





↑応援クリックお願いします
最近の主な的中実績
【最近の主な的中実績】

■2月18日(日) 予想:5鞍
フェブラリーS
3連単  153万 500円
3連複  19万7,060円
馬 連  2万7,850円
ワイド    5,500円
ワイド  1万1,050円
単 勝    3,800円(10%)
複 勝     850円(50%)
◎ペプチドナイル1着(11人気)
◎××でヒット

大和S
3連複  1万3,920円
馬 連   2,630円(×2)
ワイド    880円(×2)
ワイド   1,310円(×2)
複 勝    140円(80%)
◎タイセイブレイズ2着(1人気)
×◎△でヒット

小倉大賞典
3連複 2万2,740円

京都12R
3連単  940円(×3)
3連複  400円(×2)
馬 連 240円(×15)
ワイド 140円(×15)
ワイド 200円(×9)
単 勝 150円(100%)
◎セーヌドゥレーヴ1着(1人気)
◎××でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
大和S
3連単 10万7,340円
3連複  1万3,920円
馬 連   2,630円
複 勝    140円(90%)
◎タイセイブレイズ2着(1人気)

■2月17日(土) 予想:5鞍
ダイヤモンドS
3連単  3,670円(×5)
3連複   820円(×9)
馬 連  530円(×10)
ワイド  230円(×10)
ワイド  270円(×6)
ワイド  280円(×6)
◎ワープスピード3着(3人気)
▲△◎でヒット

京都牝馬S
馬 連    650円
ワイド    330円
ワイド 1万8,310円
単 勝    380円(40%)
ソーダズリング1着(2人気)

小倉城S
3連複  4,930円
馬 連 3,630円
ワイド 1,230円
ワイド 1,000円
複 勝  370円(50%)
◎ロコポルティ2着(5人気)
△◎※でヒット

京都12R
馬 連 970円(×3)
ワイド 420円(×3)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
金蹄S
複 勝 150円(70%)
グリューヴルム2着(3人気)

■2月11日(日) 予想:4鞍
京都記念
馬 連  460円(×11)
ワイド  250円(×11)
ワイド 3,250円
複 勝  120円(90%)
◎ベラジオオペラ2着(1人気)
▲◎×でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
バレンタインS
馬 連 6,300円
レッドヴェイロン1着(6人気)

小倉12R
単 勝 650円(10%)
複 勝 170円(90%)
◎サパテアール1着(3人気)

■2月10日(土) 予想:5鞍
洛陽S
馬 連 2,640円(×2)
ワイド  960円(×2)
ワイド 3,920円
単 勝  380円(20%)
複 勝  170円(80%)
◎ドゥアイズ1着(2人気)
◎××でヒット

東京12R 3連複  7,930円
馬 連  750円(×4)
ワイド  350円(×4)
ワイド 2,480円(×2)
複 勝  170円(90%)
◎ビーアイオラクル2着(3人気)
×◎△でヒット

紫川特別
馬 連 2,030円
ワイド  940円
ワイド 5,890円
複 勝  400円(30%)
ミヤジシャルマン2着(8人気)

クイーンカップ
3連複  1,800円
ワイド   380円
ワイド   530円
複 勝   180円(60%)
◎ルージュスエルテ3着(4人気)
※×◎でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
京都12R
3連単 9万5,330円
3連複 2万2,620円
複 勝    740円(90%)
◎トゥルブレンシア3着(10人気)

紫川特別
3連複 1万4,150円
馬 連   2,030円
複 勝    400円(90%)
◎ミヤジシャルマン2着(8人気)

飛鳥S
複 勝 200円(90%)
◎リフレーミング3着(5人気)

■2月4日(日) 予想:5鞍
東京新聞杯
3連単  60万4,680円
3連複  6万 250円
馬 連  1万1,400円
ワイド   2,550円
ワイド   3,800円
複 勝    300円(60%)
◎ウインカーネリアン2着(4人気)
△◎でヒット

京都12R
3連単  6,970円(×4)
3連複  1,370円(×2)
馬 連  620円(×7)
ワイド  260円(×7)
ワイド  530円
ワイド  340円(×8)
複 勝  120円(90%)
◎コンクエスト2着(1人気)
△◎○でヒット

小倉日経オープン
馬 連 2,150円(×2)
ワイド  570円(×2)
ワイド  260円(×6)
単 勝  240円(10%)
複 勝  120円(90%)
◎ダンディズム1着(1人気)
◎×※でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
由布院特別
3連単 10万3,970円
3連複  1万6,330円
馬 連   2,500円
複 勝    150円(90%)
◎ライツフォル2着(1人気)

きさらぎ賞
3連単 4万9,730円(×2)
3連複 1万6,500円(×2)
馬 連   3,720円
複 勝    430円(40%)
複 勝    480円(40%)
▲ウォーターリヒト2着(10人気)
◎シヴァース3着(8人気)

白嶺S
単 勝 150円(10%)
複 勝 110円(90%)
◎コスタノヴァ1着(1人気)

■2月3日(土) 予想:5鞍
東京12R
3連単  4,540円(×4)
3連複  1,090円(×3)
馬 連  460円
ワイド  220円
ワイド  290円(×2)
ワイド  490円
単 勝  250円(10%)
複 勝  120円(70%)
◎タマモロック1着(1人気)
◎▲○でヒット

JCベストレース受賞記念
3連複  5,310円
馬 連 1,900円(×3)
ワイド  430円(×3)
ワイド  870円(×2)
単 勝  690円(10%)
複 勝  520円(90%)
◎シュトルーヴェ1着(3人気)
◎※×でヒット

アルデバランS
3連単  3,510円
3連複  1,120円
馬 連  410円(×16)
ワイド  200円(×16)
ワイド  530円(×4)
単 勝  200円(10%)
複 勝  110円(90%)
◎オーサムリザルト1着(1人気)
◎○※でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
有田特別
3連単 11万8,050円
3連複  1万7,140円
複 勝    190円(90%)
◎ルクスメテオール3着(1人気)

JCベストレース受賞記念
複 勝 820円(50%)
レッドヴェロシティ3着(4人気)

■1月28日(日) 予想:5鞍
巌流島S
3連単  10万8,700円
3連複  1万7,500円
馬 連   4,370円
ワイド   1,470円
ワイド   3,140円
ワイド   1,780円(×2)
複 勝    220円(40%)
複 勝    420円(40%)
▲ピンクマクフィー2着(2人気)
◎ハギノモーリス3着(6人気)
×▲◎でヒット

京都12R
3連単  3万2,750円(×2)
3連複   6,220円(×2)
馬 連   1,120円(×4)
ワイド    470円(×4)
ワイド   2,270円(×2)
ワイド    930円(×2)
複 勝    350円(90%)
◎エーティーソブリン3着(7人気)
○△◎でヒット

根岸S
3連複  2,070円
馬 連 1,660円
ワイド  600円
ワイド  270円
単 勝 250円(40%)
エンペラーワケア1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
小倉12R
3連単 4万3,610円
3連複 1万1,690円
単 勝    370円(10%)
複 勝    170円(90%)
◎ヴィンセドリス1着(2人気)

日田特別
馬 連 4,620円
複 勝  510円(90%)
◎ランカグア2着(7人気)

節分S
複 勝 250円(50%)
ディオスバリエンテ2着(6人気)

■1月27日(土) 予想:5鞍
東京12R
3連単  7万7,050円
3連複  1万4,910円
馬 連    820円(×3)
ワイド    380円(×3)
ワイド   1,560円
複 勝    120円(90%)
◎ホウオウムサシ2着(1人気)
○◎△でヒット

白富士S
3連単  3,310円
3連複  1,680円
馬 連  230円(×16)
ワイド  160円(×16)
ワイド  670円(×3)
単 勝  140円(100%)
◎ロードデルレイ1着(1人気)
◎×△でヒット

京都12R
馬 連 8,880円
ワイド 3,720円
ワイド 1,450円
複 勝  350円(40%)
エーデルサンライズ2着(4人気)

舞鶴S
3連単  1,660円(×2)
3連複   400円
馬 連  270円(×15)
ワイド  160円(×15)
単 勝  280円(40%)
バハルダール1着(2人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
東京12R
3連単  7万7,050円
単 勝    630円(10%)
複 勝    240円(40%)
◎コスモシャングリラ1着(3人気)

周防灘特別
馬 連 1,600円
単 勝  810円(10%)
複 勝  230円(90%)
◎カンチェンジュンガ1着(6人気)

■1月21日(日) 予想:4鞍
アメリカJCC
3連単  1万6,330円(×4)
3連複    3,320円(×3)
馬 連   1,160円(×2)
ワイド    440円(×2)
ワイド    920円(×3)
ワイド    770円(×2)
単 勝    650円(10%)
複 勝    190円(40%)
複 勝    260円(40%)
○チャックネイト1着(3人気)
◎クロミナンス3着(5人気)
○※◎でヒット

中山12R
3連単 1万8,170円

豊前S
ワイド  530円
ワイド 3,920円
複 勝  220円(50%)
タガノエスコート3着(2人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
中山12R
複 勝 220円(60%)
複 勝 370円(40%)
◎ウインレイアー2着(4人気)
○マイネルダグラス3着(7人気)

■1月20日(土) 予想:5鞍
石清水S
3連複  3万3,720円
馬 連   3,400円(×2)
ワイド   1,160円(×2)
ワイド   2,470円
複 勝    190円(90%)
◎セオ2着(3人気)
×◎※でヒット

京都12R
3連単  5,720円(×3)
3連複  1,430円(×2)
馬 連  350円(×11)
ワイド  220円(×11)
ワイド  510円(×3)
単 勝  310円(10%)
複 勝  130円(90%)
◎ゴールドサーベル1着(2人気)

和布刈特別
3連複  2,360円
馬 連 1,420円
ワイド  420円
ワイド  390円
単 勝  320円(10%)
複 勝  140円(50%)
ゴッドブルービー1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
石清水S
3連単 22万4,760円
3連複  3万3,720円
複 勝    790円(90%)
◎スミ3着(9人気)

■1月14日(日) 予想:5鞍
中山12R
3連単  11万 810円
3連複  1万2,970円
馬 連   2,400円
ワイド    840円
ワイド   3,280円
ワイド   1,130円(×4)
複 勝    430円(50%)
◎ホウキボシ3着(8人気)
×○◎でヒット

京成杯
3連複  1万5,150円
馬 連   1,670円(×4)
ワイド    660円(×4)
ワイド   3,980円
単 勝   1,150円(10%)
複 勝    310円(50%)
ダノンデサイル1着(5人気)

門司S
3連単  1万8,120円(×3)
3連複    3,660円(×6)
ワイド    750円(×3)
ワイド    780円(×3)
複 勝    240円(90%)
◎トウセツ3着(7人気)
▲△◎でヒット

日経新春杯
馬 連 1,580円
ワイド  600円
ワイド  840円
単 勝  410円(40%)
ブローザホーン1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
中山12R
3連単 11万 810円
3連複  1万2,970円
複 勝    430円(90%)
◎ホウキボシ3着(8人気)

京成杯
複 勝 710円(30%)
◎コスモブッドレア3着(10人気)

■1月13日(土) 予想:5鞍
中山12R
馬 連 5,180円
ワイド 1,590円
ワイド 2,290円
単 勝  700円(10%)
複 勝  250円(50%)
◎エコロレジーナ1着(4人気)
◎××でヒット

淀短距離S
馬 連 2,220円(×3)
ワイド  780円(×3)
ワイド  960円(×2)
◎メイショウソラフネ2着(6人気)
※◎×でヒット
特定商取引法に基づく表示
【販売者名】
大谷内泰久

【運営責任者名】
大谷内泰久

【事業者のメールアドレス】
timechart555@gmail.com

【URL】
http://keiba-yoso.jp/

【販売価格】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、 購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入していただけます。 コンテンツの購入に必要な金額は、 1ポイント=1円として計算し、各コンテンツごとに異なります。 販売価格は各コンテンツごとに表示しています。 ▼参考URL //help.fc2.com/fc2id/manual/group79/315

【商品代金以外の費用】
記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツおよびポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。 購入前に当ブログが問題なく閲覧可能か、 必ず動作確認を行ったうえでご購入ください。 ▼推奨使用環境 //help.fc2.com/requirements

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。
訪問者カウンター