プロフィール
著者:大谷内泰久

フェブラリーSは◎ペプチドナイルで3連単153万500円ヒット!

『競馬研究』元記者。的中精度の高さから、入社2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。不可能と言われた馬連の全レース購入・均等買いでの年間回収率プラスを達成。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

3連単の最高配当は355万5,600円。3連単の本線◎○▲最高配当は56万90円。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックお願いします
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

※各曜日の【メインレース】と【後半レース】は、1つの記事として合わせて提供することがあります。その場合の提供時間は当日の12時~14時ごろになります

◆4月27日(土)
【土曜メインレース】(400円)
 …当日の11時~13時ごろ
青葉賞ユニコーンS

【土曜後半レース】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
2鞍以上(9R以降)

【超万馬券予想】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
4鞍以上(9R以降)

◆4月28日(日)
【日曜メインレース】(400円)
 …当日の11時~13時ごろ
スイートピーS、天皇賞(春)

【日曜後半レース】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
2鞍以上(9R以降)

【超万馬券予想】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
4鞍以上(9R以降)
予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

12月2日・3日の予想コメントと的中結果

【12月2日・3日の予想コメントと的中結果】(超万馬券予想の的中結果、日曜メインレース、日曜後半レース、土曜メインレース、土曜後半レース)
※ステイヤーズSは予想の印、買い目、レース短評のみの提供
※【日曜後半レース】は予想の印、買い目、レース短評のみの提供

──────────────
【超万馬券予想の的中結果】

■12月3日(日)
鳴海特別
複 勝 290円(90%)
◎ロードフォンス3着(8人気)

──────────────
■12月2日(土)
提供なし

━━━━━━━━━━━━━━
【日曜メインレース】

ラピスラズリS
3連単  3万6,970円
3連複    7,380円
馬 連    940円(×5)
ワイド    400円(×5)
ワイド   1,250円
複 勝    130円(80%)
◎カンティーユ2着(1人気)
△◎×でヒット

──────────────
中山11R
ラピスラズリステークス(L) 3騎の先行争いが鍵に、◎はスプリント性能非凡、連勝式は崩れ待ち

中山の芝1200mで争われるリステッド競走。

右回り。外回りコース使用で、2コーナー出口からの発走になる。スタート地点は下り坂で、下りは3コーナー途中の残り約700mの地点まで続く。最初の200mは勾配が急である。

下り切ってからはほぼ平坦で、4コーナー途中の残り400mから直線に入って残り200mの前までは緩めの下り坂になる。

そして、残り180m~残り70mが中山名物の急な上り坂。高低差は2.2mあり、最大勾配2.24%はJRA全10場の中で最大の数字である。残りの70mは平坦になっている。直線距離は310m。コース全体の高低差は5.3mで、これは10場の中で最大の数字。

芝は開幕週でAコース使用になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階でJRAから「野芝および洋芝とも順調に生育しており、全体的に良好な状態です」と発表があった。

開催初日の土曜の芝は良馬場だった。

2勝クラスの芝1200m戦は、ピンクマクフィーが1分07秒8でV。中団でなだめつつ脚をタメ、4コーナーで外を動くと、直線で渋太く伸びて勝ち切った。2着は逃げて粘りを発揮したリトスで、3着は外から伸びたハピネスアゲン。レースの前半3ハロンは33秒0で、上がりは11秒4-11秒4-12秒0の34秒8だった。

芝3600mのステイヤーズS(GII)は、アイアンバローズが大逃げの形から押し切って戴冠。芝2000mの葉牡丹賞(2歳1勝クラス)は、勝ち時計が2分00秒4(良)で、11秒7-11秒3-11秒4の34秒4とレースの上がりが速い数字になった。馬群を割って突き抜けたトロヴァトーレは、上がり33秒9の脚を使っている。

日曜は晴れで良馬場見込み。クッション値は、土曜の朝が「10.2」で、日曜の朝は「10.5」となっている。

──────────────
11頭立てと頭数は少なめ。メイショウゲンセンはハナにこだわった競馬をしていて、春の中山では前半3ハロンが33秒0、1000mが55秒と相当に速いラップを刻んだ(2着、走破時計1分07秒4)。しかし、カンティーユも非凡なスピードの持ち主で、中山で3勝クラスを勝った時のラップは、3ハロンが33秒8で、1000mが56秒1だった(勝ち時計1分07秒8)。

そして、ジャスパージャックは昨年の勝ち馬で、決まり手は逃げ切り。通過ラップは3ハロンが33秒7、1000mが56秒2だった(勝ち時計1分08秒1)だった。

かなり速い馬が3頭…。不毛な競り合いは避けたいだろうが、馬の気性がそれを許さないかもしれない。どれかがポンと出てしまえば、他が無理せず控える可能性はある。ただ、それもやってみないとわからない。

はっきりしているのは、ハイラップの競馬になるのは確実であること。開幕週で馬場は良く、しかし、中山の直線には急坂が待っている。好位勢、差し勢も考えて乗ってくるし、見ている方もスタートからゴールまで気が抜けない競馬になりそうだ。

嘉藤貴行厩舎(美浦)の5歳馬カンティーユに◎を打った。

門別でデビューし、中央に転入してから3→1→1→2着という戦績。昨年の同時期に当舞台で3勝クラスを逃げ切ったが、レース中に鼻出血を発症しながら逃げ切ったものだった。ちなみに、3勝クラス勝ちはラピスラズリSが行われたのと同じ日。カンティーユの時計はジャスパージャックより速かった。

次走は5歳になって夏の札幌。陣営は鼻出血の影響を心配し、騎乗した横山武史は「六分程度の状態」と話していた。それでも好ダッシュからハナを奪い、ハナ差の2着に踏ん張った。1分07秒4(良)のレコードで決着した中での結果で、ゴールしたあとですぐに勝ち馬シュバルツカイザーの前に出て、まだ走ろうとしていた。

その後は放牧に出され、美浦に戻ってからウッドコースを中心に熱心な調整ぶり。1週前が65秒8-11秒2、今週は65秒0-11秒7という速い時計だった。坂路でも大きいところを乗っていて、陣営は「夏より状態はいい」と話している。

ヤネは横山和生。テン乗りになり、スピード豊かで前進気勢の強い同馬をどう操るかがポイントになる。内の2番枠…。メイショウゲンセンとジャスパージャックは外にいて、ちとイヤな並びではある。

それでもスピード、脚力は上位で、まだ底を見せていない点も見逃すわけにはいかない。展開面で不安はあるのは確かなので他から入る手もあるのだが、中心に期待することにした。

なお、鼻出血を発症したのは一生懸命すぎたから。発症してからも頑張って走っていた闘争心は、長所であるかもしれないが、かなり危険とも言える。

ダービーを圧勝した名牝ウオッカは、鼻出血が原因で引退した。人間の鼻血と違って肺からの出血であり、発症すると出走制限がかかる重大な疾病だ。そして、再発しやすい。今回のカンティーユもやってしまう可能性はある。

相手には差して脚を使える勢力を狙ってみる。ファロロジーは9月に1分07秒6(良)で3勝クラスをV。速い馬場は歓迎で、使ってきていてもデキは落ちていない感じだ。サマートゥリストは折り合い面から初の1200mはプラスに出ていい。マーカンド起用で脅威になる。オタルエバーは3歳時にファルコンSで3着。新潟の芝1200m(内)で3勝クラスを勝ち、軌道に乗ってきそうだ。

馬体を増やしてオパールS(L)を逃げ切ったメイショウゲンセンも当然のこと注目され、以下はサンライズオネスト、コムストックロード、ロードベイリーフなど。切り捨てていい勢力はいない。

午前10時29分の段階で、◎カンティーユは単勝260円の1番人気になっている。馬連は「カンティーユ-メイショウゲンセン」の線が460円で抜けた1番人気。連勝式は人気順で決着すると厳しいが、うまく崩れて配当が大きくなることに期待し、手広く買っていくことにした。

──────────────
◎2番カンティーユ
○11番ファロロジー
▲4番サマートゥリスト
△8番オタルエバー
※6番メイショウゲンセン
×1番サンライズオネスト
×9番コムストックロード
×5番ロードベイリーフ
×7番タイセイアベニール
×3番サトノファビュラス

【単勝】2番(20%)
【複勝】2番(80%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
2→全通り
2→6(×11)
2→8(×4)
2→1.4(×3)
2→11(×2)
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
2→全通り(45点)
【3連複】(軸2頭ながし)
2.6→全通り(9点)
──────────────
【3連単】(フォーメーション)
1着:2
2着:1.4.6.8.11
3着:全通り(45点)
【3連単】(フォーメーション)
1着:2
2着:全通り
3着:1.4.6.8.11(45点)
【3連単】(フォーメーション)
1着:1.4.6.8.11
2着:2
3着:全通り(45点)
【3連単】(軸1頭マルチ)
2→1.4.6.8.11(60点)

━━━━━━━━━━━━━━
中京11R
チャンピオンズカップ(GI) ダートの強豪がズラリ、◎は牝馬でも怖さが、○は完全本格化して

中京のダ1800mで争われるGI競走。

左回り。正面直線からの発走、コーナーは4つ。スタートして100m弱は急な上り坂になっている。ゴール板を過ぎ、2コーナー途中からは緩めの上り勾配に。向正面の残り約1000mがコースの最高地点になる。

そこからは下りに転じ、下り坂は直線に入って残り380mまで続く。下り切ったところが最も低い地点で、600mほどの間に3.4mの高低差を駆け下りることになる。なお、3~4コーナーにはスパイラルカーブが導入されている。

直線の残り380m~残り220mは勾配1.14%(高低差は1.8m)の急な上り坂。残り220mから50mほどは緩い上り勾配で、あとはほぼ平坦になっている。直線距離は410.7m。コース全体の高低差は3.4m。

開催初日の土曜のダートは良馬場だった。

1勝クラス以上で、ダ1800m~ダ1900mの競馬は計4鞍。勝ち時計を並べると、1勝クラスのダ1800m戦(牝馬限定)が1分54秒7、1勝クラスのダ1800m戦が1分54秒6、1勝クラスのダ1900m戦が2分00秒9、2勝クラスのダ1900m戦が2分00秒1となる。

パサパサの馬場で時計は少しかかり、差しも決まっていた。ただ、1分54秒6でスマラグドスが勝ったレースでは、2番手から早めに抜け出してラスト2ハロンを11秒9-11秒8で駆けている。1000m通過が1分05秒2と、かなり緩い流れではあったが、この上がり数字は速い。

「GIに出走するダートホースにとって」と考えると、そうタフな馬場ではないかもしれない。なお、クッション砂の砂厚は、従来通りで9.0cm。晴れて良馬場見込みで、含水率は土曜と変わらず低い数値になっている。

──────────────
フルゲートを割って15頭立て。13番枠のケイアイシェルビーが押していくが、揉まれない形ならハナでなくても構わず、あと、スピードに乗るのに少し時間がかかるところがある。10番枠のノットゥルノは陣営が「思い切った競馬で」と話していて、これが行く可能性も。1番枠のメイクアリープ、5番枠のドゥラエレーデも流れに乗せてくるだろう。

上位人気のレモンポップは大外の15番枠を引いた。前走の南部杯では3番枠から自然と逃げる形になっている。脚力があり、デキがかなり良く、今回もポンと好スタートを切りそうなムードだ。好位に収めようとするだろうが、南部杯のような競馬になることもあり得る。

レモンポップは展開面でキーになる存在。レースを動かすことになるかもしれず、また、後続のジョッキーは同馬を意識して乗ることになる。

やはり人気のセラフィックコールは、ミルコ・デムーロが手綱を取り、トモのハマりと気性の問題から、いつも通りで後ろからの競馬になる。前の動きを気にしないわけではなくても、ミルコはパートナーの力を引き出すことに重きを置くだろう。

なお、コース解説のところでも書いたが、中京のダ1800mは最初の100m弱が急な上り坂。当然のこと行き脚に影響を与えるので、ダッシュがつかない馬が出てくることが考えられる。

一方、フェブラリーS(GI)が行われる東京のダ1600mは、スタート地点が下り坂で、しかも芝。どちらも特殊なコースだが、極端と言える違いがあることは意識しておくべきだ。チャンピオンズカップで好走するには、中京ダ1800mというコースにしっかりと対応することが必要になってくる。

思い切った狙いになるが、河内洋厩舎(栗東)の5歳牝馬アイコンテーラーに◎を打った。

ダートに矛先を変え、いきなり新潟ダ1800mでBSN賞(L)を快勝。阪神ダ2000mのシリウスS(GIII)では早めに抜け出す競馬で2着に頑張り、大井ダ1800mのJBCレディスクラシック(JpnI)を4馬身差で圧倒した。

ハミを抜いてかけ直すシーンが見られるが、余裕があるととらえることができる。そんな感じでも前で流れに乗って結果を出していて、ダートでの3走はゴールしたあとで余力が残っている感じだった。ダートにおいては、まだ隠された能力がある。

中間は緩めることなく意欲的な調整ぶり。1週前にはCWコースで65秒8-11秒3をマークした。今週はモレイラが跨ってCWコースに入れ、併せ馬で大外を回す形に。適度に余裕を持たせながら同入し、時計は65秒5-12秒1だった。陣営は「絶好調と言っていい」と話している。

大舞台の今回、モレイラがあいていた。56キロを背負うのは初めてで、スタート地点が上り坂。そして、14番枠と外を引いた。牡馬の一線級相手に下手に押して出していくと厳しくなるが、そのあたりはモレイラが考えて乗るだろう。

芝を走っていた時から左回りはスムーズで、中京では中日新聞杯で3着、愛知杯で2着と好走した。牡馬混合のGIで楽でないのは当然だが、ダートで底を見せていないこと、デキの良さ、左回りへの適性、ヤネがモレイラと、魅力に感じる材料は複数ある。人気はないし、穴として狙ってみたい。

四位洋文厩舎(栗東)の6歳馬ハギノアレグリアスも気になる存在。

屈腱炎で長い休養を経験しながら、影響を見せずに成長してきた。春の帝王賞(大井)ではメイショウハリオ、クラウンプライド、テーオーケインズに次ぐ4着。3頭に離されはしたが、外を早めに動く強気の競馬で見せ場をつくった。そして、秋緒戦のシリウスSで、58.5キロのハンデを背負いながらアイコンテーラーを差し切って勝利している。

いつも通り坂路での仕上げ。スピード感があるわけではないが、力強い走りで登坂し、陣営は「トモの筋肉がスゴくなった」と話している。

ヤネは同馬に乗って(3.1.0.1)の岩田望来。馬を伸ばすパワーと技術はトップクラスなのだが、レース勘は良くない。慌てずに末を活かす競馬をすることになるだろうから、あとはうまく立ち回り、うまく捌いてこられるかだ。

馬自身はアイコンテーラーと同様の左回り巧者。やはり相手は強力だが、全能力を出し切れるようなら上位食い込みがあっていい。

▲はレモンポップ。2月のフェブラリーSは完勝で、帰国緒戦の盛岡の南部杯(JpnI)では2秒差の大差勝ちを演じた。中京のダ1800mを克服できるかが鍵になるが、ウッドコースと坂路で豊富に乗って好調教を連発する攻めの姿を見ると、おそろしいまでに強くなっていると感じる。

大外15番枠でもスッと流れに乗って内に寄せることができそうだし、剛腕の坂井瑠星とのコンビで戴冠するシーンがあっていい。

一昨年に当レースを6馬身差で好時計勝ちしたテーオーケインズ(松山弘平)は復調ムード。クラウンプライド(川田将雅)はクビ差の2着だった昨年より明らかに力をつけている。セラフィックコール(ミルコ・デムーロ)は5戦無敗で脚力は半端でなく、うまくエンジンがかかって気持ち良く伸ばすことができればVまで。

メイショウハリオ(浜中俊)は一昨年の当レース(7着)では内にモタれて競馬にならなかったが、本格化した今なら違う。2番枠でゴチャつかなければグッと伸びてくるだろう。他にも警戒が必要な勢力がいる。

午前10時28分の段階で、◎アイコンテーラーは単勝1,690円の8番人気、○ハギノアレグリアスは単勝950円の5番人気。ハマると大きな配当になるので、連勝式は手広く買っていきたい。

──────────────
◎14番アイコンテーラー
○11番ハギノアレグリアス
▲15番レモンポップ
△4番テーオーケインズ
※9番クラウンプライド
×12番セラフィックコール
×2番メイショウハリオ
×3番ジオグリフ
×7番ウィルソンテソーロ
×6番グロリアムンディ
×10番ノットゥルノ

【単勝】14番(10%)・11番(10%)
【複勝】14番(30%)・11番(50%)
──────────────
【馬連&ワイド】
14→全通り
14→9.12.14
11→全通り
11→9(×3)
11→4.12.15
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
14→全通り(91点)
【3連複】(軸2頭ながし)
11.15→全通り(13点)
4.11→全通り(13点)
9.11→全通り(13点)
11.12→全通り(13点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
14.11→全通り(78点)
14.11→9.12(12点)
14.15→全通り(78点)
14.15→9.12(12点)
11.15→全通り(78点)
11.15→9.12(×2)(24点)
11.15→4(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
【日曜後半レース】

ギャラクシーS
3連単  2万8,830円
3連複    2,560円
馬 連   3,610円
ワイド    860円
ワイド    300円(×9)
複 勝    170円(70%)
◎カセノダンサー2着(2人気)

阪神12R
3連複  4,570円(×2)
ワイド  740円(×2)
ワイド  880円(×2)
複 勝  250円(90%)
◎テラステラ3着(6人気)

中山12R
馬 連 1,830円
ワイド  580円
ワイド  560円
シゲルファンノユメ1着(2人気)

──────────────
中山12R
3歳以上2勝クラス ◎はブリンカー着で一発も、○は末脚に注目、▲はレモンポップと併せ馬

◎12番アリススプリングス
○11番シゲルファンノユメ
▲1番ロードミッドナイト
△6番キュートヘスティア
※10番トモジャミ
×8番フィールザワールド
×5番エコロドゥネス
×3番リーゼントミニー
×4番セイウンハルカニ
×14番ダイシンウィット
×16番サンダビューク

【複勝】12番(20%)・11番(50%)・1番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
12→全通り
11→全通り
1→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
11.12→全通り(14点)
1.12→全通り(14点)
1.11→全通り(14点)
6.12→全通り(14点)
6.11→全通り(14点)
1.6→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
12.11→全通り(84点)
12.1→全通り(84点)
11.1→全通り(84点)
11.1→5.6(×2)(24点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神11R
ギャラクシーステークス ◎は54キロで折り合えば、○は53キロで速力注意、▲は安定感抜群

◎12番カセノダンサー
○11番ワルツフォーラン
▲9番エーティーマクフィ
△13番ザイツィンガー
※6番ディアノイア
×3番アイオライト
×1番オーヴァーネクサス
×2番メイショウダジン
×8番メイショウウズマサ
×5番ピアシック
×7番コパノマーキュリー

【単勝】12番(10%)・11番(20%)
【複勝】12番(70%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
12→全通り
11→全通り
【馬連&ワイド】
11-12・9-12(×8)・9-11(×4)
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
11.12→全通り(11点)
9.12→全通り(11点)
9.11→全通り(11点)
12.13→全通り(11点)
11.13→全通り(11点)
9.13→全通り(11点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
12.11→全通り(66点)
12.11→9(×3)(18点)
12.11→3(6点)
12.9→全通り(66点)
【3連単】
9-12-11(×3)・9-11-12(4点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神12R
3歳以上2勝クラス ◎は中1週続きでも1400mで前進あり、○は上積み微妙も実績上位

◎3番テラステラ
○8番アルーリングビュー
▲4番ウインバグース
△9番フルメタルボディー
※5番トラベログ
×6番ルカン
×1番スーリールダンジュ
×2番ジョウショーホープ
×15番ワンダーカタリナ
×10番ベルウッドブラボー
×11番ロゼクラン

【単勝】3番(10%)
【複勝】3番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
3→全通り
3→8(×4)
3→2.4.5.6
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
3→全通り(91点)
3→2.4.5.6.8(10点)
【3連複】(軸2頭ながし)
3.8→2.4.5.6(×3)(12点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
3.8→全通り(78点)
3.8→2.4.5(×2)(36点)
3.8→6(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
中京12R
栄特別 ◎は攻め動いて初勝利の好機、連勝式は崩れ待ちで

◎4番スリリングチェイス
○5番タガノフリューゲル
▲10番フォーグッド
△6番プラニスフェリオ
※8番フロムナウオン
×2番ディープマインド
×7番マイネルカンパーナ
×11番ノートルプロメス
×9番セントアイヴス
×3番マイネルダンク

【単勝】4番(20%)
【複勝】4番(80%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
4→全通り
4→6.8(×9)
4→5.10(×2)
4→7
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
4→全通り(45点)
【3連複】(軸2頭ながし)
4.5→全通り(9点)
4.10→全通り(9点)
4.6→全通り(9点)
4.8→全通り(9点)
──────────────
【3連単】(フォーメーション)
1着:4
2着:2.5.6.8.10
3着:全通り(45点)
【3連単】(フォーメーション)
1着:4
2着:全通り
3着:2.5.6.8.10(45点)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜メインレース】

チャレンジカップ
3連単  4万 100円
3連複  1万 520円
馬 連   1,180円(×6)
ワイド    520円(×6)
ワイド   2,780円
単 勝    550円(10%)
複 勝    220円(60%)
◎ベラジオオペラ1着(3人気)
◎▲×でヒット

ステイヤーズS
ワイド 1,240円
ワイド  680円

──────────────
中山11R
ステイヤーズステークス(GII) コース経験馬は3頭のみ、◎は長丁場で底を見せず

中山の芝3600mで争われるGII競走。

右回り。JRAの平地競走の中で最長距離のレースになり、このコースが使われるのは年間でステイヤーズSのみである。

正面直線の4コーナー寄りからの発走。スタート地点は緩い下り坂で、100mほど走って急坂を上ることになる。スタートから約300m走ってゴール板に達し、そこから内回りコースを2周する。

ゴール地点から1コーナー途中までは少し急な上り坂で、2コーナー手前が中山競馬場の最高地点になる。2コーナーに入って下りになり、下り坂は向正面を走り切って3コーナー入り口まで続く。下りの距離は500m強で、4.6mほどの高低差がある。

下りが終わると平坦になり、4コーナー途中の残り400mから直線に入って残り200mの前までは緩めの下り坂。そして、残り180m~残り70mが中山名物の急な上り坂になっている。高低差は2.2mあり、最大勾配2.24%はJRA全10場の坂の中で最大の数字になる。

残り70mは平坦で、ゴール板を通過してもう1周残っている。2コーナー前を頂点とする大きな山をふたたび越え、直線で3回目となる急坂を上り、ようやくゴールすることになる。直線距離は310m。コース全体の高低差は5.3mで、これは10場の中で最大の数字。

芝は開幕週でAコース使用になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階でJRAから「野芝および洋芝とも順調に生育しており、全体的に良好な状態です」と発表があった。

第4回中山の最終日が10月1日で、それ以来の競馬。芝の張替えは行っていない。

今週の土曜は晴れで良馬場見込み。朝に計測されたクッション値は「10.2」となっている。

──────────────
フルゲートの16頭立て。アフリカンゴールドがハナを主張することがわかっているので、他は競りかけていかないだろう。ただ、距離が3600mあり、5.3mという大きい高低差があるコースを2周もするレース。ラップは安定しないケースがあり、ハミを取って途中から先頭に立つ馬が出たりと、展開は読めないところがある。

ちなみに、2年前の当レースでは、最も大きい数字のラップが3ハロン目の14秒4。後半は早めにラップが上がり、後半1000mのラップは11秒9-11秒7-11秒6-11秒3-12秒4(1000m=58秒7)だった。そして、昨年の当レースは、最も大きいラップがやはり3ハロン目で13秒8となっていて、後半の1000mは59秒3だった。

なお、JRA競走馬総合研究所より、「競走馬の3600mという距離は、人間の1500m走に相当する」という研究結果が報告されている。また、「競走馬の1000mという距離は、人間の500m走に相当する」とも。

人間の競技に1500m走と500m走は存在しないが、どちらもカテゴリー的には中距離であるだろう。競馬の中で短距離戦、長距離戦と区分するのに問題があるわけではないが、実際はすべてが中距離戦である。

なので、スプリンターズSを「電撃の6ハロン戦」、ステイヤーズSを「マラソンレース」などと表現することは、誤った印象を与えることになるので避けるようにしている。

──────────────
◎2番ワープスピード
○10番シルブロン
▲5番マイネルウィルトス
△12番セファーラジエル
※1番キングズレイン
×11番テーオーロイヤル
×9番ダンディズム
×15番アフリカンゴールド
×16番アケルナルスター
×14番グランオフィシエ
×3番フジマサインパクト

【単勝】2番(10%)
【複勝】2番(50%)・10番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
2→全通り
10→全通り
5→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
2.10→全通り(14点)
2.5→全通り(14点)
5.10→全通り(14点)
2.12→全通り(14点)
10.12→全通り(14点)
5.12→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
2.10→全通り(84点)
2.10→1(×2)(12点)
2.10→11(6点)
2.5→全通り(84点)
2.5→1(×4)(24点)
2.5→11(6点)
10.5→全通り(84点)
10.5→1(×4)(24点)
10.5→11(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神11R
チャレンジカップ(GIII) GIIIを超える好メンバー、◎は飛躍可能な3歳馬

阪神の芝2000m(内)で争われるGIII競走。

右回り。正面直線からの発走、内回りコース使用でコーナーは4つ。スタート地点は下り勾配で、100mほど走って急坂を上ることになる。ゴール板の約100m前からは平坦に。1~2コーナーを過ぎ、向正面の途中から下り勾配になる。

3コーナー途中の残り800mから傾斜が強くなるが、急な下り坂というほどではない。下りは4コーナーを回って直線半ばまで600m以上も続くことになる。

直線の残り約200mからは一転して上り坂に。約120mの間に高低差1.8m、勾配1.5%の急な坂を上る。上り切ってからの100m弱は平坦。直線距離は356.5m(Aコース使用時)。コース全体の高低差は1.9m。

芝は開幕週でAコース使用になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階でJRAから「野芝および洋芝とも順調に生育しており、全体的に良好な状態です」と発表があった。

第4回阪神の最終日が10月1日で、それ以来の競馬。芝の張替えは行っていない。

今週の土曜は、晴れで良馬場見込み。朝に計測されたクッション値は「9.1」となっている。

──────────────
フルゲートを割って13頭立て。重賞勝ち馬は9頭で、他にオープン勝ち馬が2頭いて、残る2頭も重賞好走馬になっている。GIシーズンに置かれたGIIIだが、かなり強いメンバーだ。

テーオーシリウスが何が何でも行く構え。少し後ろを離すような逃げを打とうとするだろう。好位につけるのは、ガイアフォース、フェーングロッテン、アドマイヤビルゴ、ベラジオオペラあたりになる。

内回りの競馬で後続も動き出しは早くなる。スピードと底力が要求されるタフな戦いになり、勝ち時計は速くなりそうだ。

3歳の挑戦で楽ではないが、上村洋行厩舎(栗東)のベラジオオペラに◎を打った。

デビューからスプリングS(GII)まで無傷の3連勝。皐月賞はチグハグな競馬になって10着に敗れ、ダービーでは内を伸びてクビ+ハナ+ハナ差の4着に健闘した。

夏場は休養に充てた。秋は神戸新聞杯(9月24日)で復帰する予定だったが、夏負けの影響でこれをパス。ふたたび放牧に出してやり直し、11月5日に初時計を出してじっくりと調整してきた。

2週前にCWコースで終いにビシッと追われて66秒0-11秒0、1週前はCWコースで66秒1-11秒5、最終追い切りは横山和生が跨って66秒0-11秒3でダートのスピード馬アームズレインと同入した。追い日以外には、日曜にも坂路でも早めの時計を出している。

動きは力強く、馬体が増えているようでも特別に太い感じはしない。予定通りにいかなかったのは事実なので使った方がいいだろうが、一応の態勢には持ってきているとみた。

ヤネの横山和生はダービーに続いて2度目の騎乗になる。久々、実質GIIと言えるメンバー、それで時計が速くなりそうだから厳しい状況なのは確か。しかし、大きな可能性を秘めた3歳馬で、陣営は「GIで戦っていかないといけない馬」と評している。想定していたより人気になっているが、期待値込みで中心に推したい。

昆貢厩舎(栗東)の4歳馬マテンロウレオは穴で気になる存在。

穴と言っても、春にはGIの大阪杯で0秒4差の4着に駆け、適性外の距離と思われた天皇賞(春)で5着に頑張った。闘争心が強くて力んで走ってしまう点が課題だが、脚力、能力は相当なモノを持っている。

オールカマー(12着)を使ったあとは在厩してじっくりと調整。1週前にCWコースで64秒9-11秒5の好時計を出し、今週のCWコースでは終い重点で69秒7-11秒3をマークした。攻め駆けするタイプではあるが、これだけやれているのだからデキがいいのは間違いない。

ヤネは和生の父である横山典弘。55歳になってどうもしっかりと騎乗馬を御し切れない感じになっているし、最近はいい加減と思える簡単すぎるコメント(具体的には「よく頑張っているよ」ばかり)を出すことで物議をかもしている。

外の12番枠を引いたのもいい材料とは言えなし、相手も強い。それでも、攻めの良さは見逃せず、折り合いがついてスムーズな競馬ができるようだと一発がある。

▲ボッケリーニは血統通りに年齢を経て強くなり、今回は意欲的に追われて好仕上がり。モレイラが手綱を取るのは魅力で、速い時計への対応が鍵になる。

△ガイアフォースは天皇賞(秋)で5着。自身が強気に運びすぎで、その上でイクイノックスにひねり潰された。実力的には最上位で、天皇賞から少し落ちたぐらいで済んでいれば。

春から成長した印象の3歳馬フリームファクシ、ケフェウスSを好時計勝ちしたエピファニー、3勝クラス勝ちが強かった良血のリカンカブールも上位を争える存在。他にも実力馬がいて、とても印が回り切らなかった。

──────────────
◎5番ベラジオオペラ
○12番マテンロウレオ
▲4番ボッケリーニ
△6番ガイアフォース
※10番フリームファクシ
×8番エピファニー
×3番リカンカブール
×1番ウインマイティー
×11番エヒト
×2番イズジョーノキセキ
×7番アドマイヤビルゴ

【単勝】5番(10%)
【複勝】5番(60%)・12番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
5→全通り
5→6(×7)
5→4(×5)
5→8.10(×2)
12→全通り
12→4.6
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
5→全通り(66点)
12→全通り(66点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
5.12→全通り(66点)
5.12→6(6点)
5.4→全通り(66点)
5.4→6(×5)(30点)
5.4→8(6点)
5.6→全通り(66点)
5.6→8.10(×2)(24点)
5.6→3(6点)
【3連単】
6-5-4(×4)・6-4-5(×5)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜後半レース】

中山12R
馬 連 9,640円
ワイド 3,040円
ワイド 1,130円
単 勝  660円(20%)
ピンクマクフィー1着(3人気)

浜松S
3連単  7,150円
3連複  1,590円
馬 連 1,230円
ワイド  480円
ワイド  250円(×2)
ワイド  710円

阪神12R
馬 連 320円
ワイド 160円
ワイド 360円
単 勝 180円(80%)
◎グランヴィノス1着(1人気)
◎××でヒット

──────────────
中山12R
3歳以上2勝クラス

2勝クラスの芝1200m戦。フルゲートの16頭立てになり、ジョッキーたちは開幕初日(Aコース使用)の馬場を意識して臨むことになる。

◎ダレモトメラレナイは7月に福島の芝1200mで1勝クラスを逃げ切ってV。昇級後の2走で結果は出ていないが、自分のリズムで走れなかったものである。

中間は美浦のウッドコースと坂路でじっくりと乗り込んで好ムード。そして、今回は初めてブリンカーを着用して挑む。

津村明秀は1勝クラスを勝った時に跨っていたし、5番枠から思い切って行かせそうだ。簡単に息が入る展開になるかは微妙だが、うまく運ぶようだと残り目が出てくる。穴として狙ってみたい。

○ケイアイオメガは3歳の夏に現級で2着。勝ち馬はのちに重賞を勝つことになるキミワクイーンだった。1年3ヵ月の長期ブランク明けだから楽ではないが、栗東のCWコースと坂路で豊富な攻め量をこなしてきた。ビュイックに依頼したあたり、陣営も期待を持っているのだろう。いきなりから怖い。

▲ピンクマクフィーは母が中山牝馬S勝ちのシュンドルボン。昨年の9月に1勝クラスを2着した時は、勝ち馬がルージュスティリア(のちに中京記念で3着)で、3着が中京記念を勝つことになるセルバーグだった。復帰後の2走は掛かって自滅した形。1200mに距離を縮め、折り合いがつくと一発も。

△は1200mでスムーズに先行できれば変わってくるステラダイヤで、以下、ナバロン、リトス、ハピネスアゲン、ショウナンアメリアなど、警戒が必要な勢力が多くいる。

──────────────
◎5番ダレモトメラレナイ
○8番ケイアイオメガ
▲14番ピンクマクフィー
△9番ステラダイヤ
※3番ナバロン
×4番リトス
×13番ハピネスアゲン
×7番ショウナンアメリア
×6番ブルトンクール
×15番ブロンズレッド
×1番エッセレンチ

【単勝】5番(10%)・8番(30%)・14番(20%)
【複勝】5番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
5→全通り
8→全通り
14→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
5.8→全通り(14点)
5.14→全通り(14点)
8.14→全通り(14点)
5.9→全通り(14点)
8.9→全通り(14点)
9.14→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
5.8→全通り(84点)
5.8→1(×2)(12点)
5.14→全通り(84点)
5.14→1(6点)
8.14→全通り(84点)
8.14→1(×4)(24点)
8.14→13(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
阪神12R
3歳以上2勝クラス

2勝クラスの芝1800m(外)戦。開幕初日、10頭立て、確たる逃げ馬が不在という状況で、どんな競馬になるのか読みづらいところがある。

◎グランヴィノスは父がキタサンブラックで、上にシュヴァルグラン、ヴィルシーナ、ヴィブロスがいる超良血の3歳馬。6ヵ月ぶりの実戦となった1勝クラスの前走では、直線で外からグッと伸びて抜け出した。

中間にビシビシとはやられておらず、体が大きいこともあって、反動がないかは少し心配。ただ、陣営は「ワンランク上がってきた」と話している。他のメンバーも何かしら不安を抱えているし、2勝クラスでも格好はつけてもらいたいところ。引き続き川田将雅が手綱を取る。

○シュタールヴィントも3歳世代で、母は桜花賞馬マルセリーナ。2走前に今回と同じ舞台で1分44秒8の好時計で2着に駆け、続く京都戦で1勝クラスをクリアした。

ひと息入れて坂路でしか時計を出していないのがどうかだが、併せ馬でやってしっかりと先着している。ヤネは実力では川田にもヒケは取らない坂井瑠星。2勝クラスでもやれる器なので。

▲トーホウガレオン、△スカーズも3歳勢で、実戦に行って折り合いがつくかがポイントになる。以下はドットクルー、ドクタードリトル、マイシンフォニーなど。

──────────────
◎8番グランヴィノス
○1番シュタールヴィント
▲9番トーホウガレオン
△10番スカーズ
※6番ドットクルー
×3番ドクタードリトル
×4番マイシンフォニー
×2番カイザー
×7番メイショウカクウン

【単勝】8番(80%)・1番(20%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
8→全通り
1→全通り
【馬連&ワイド】
1-8(×4)
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
1.8→全通り(8点)
1.8→3(×8)(8点)
1.8→4.6.9(×2)(6点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
8.1→全通り(48点)
8.1→3(×3)(18点)
8.1→4.6.9(×2)(36点)
【3連単】
8-1-3(×4)・8-3-1(×6)(10点)

━━━━━━━━━━━━━━
中京11R
浜松ステークス

3勝クラスの芝1400m戦。レベル自体に問題があるわけではないが、気性面に課題のある馬が多く、ちとやっかいなレースと言える。

◎ジュノーは去勢手術明けだった7月の中京戦で、17番人気(単勝1万3,780円)の低評価ながら4着に駆けた(印は◎だった)。秋緒戦の京都戦は気難しいところを出して7着に終わっている。

中間は少し開けて栗東の坂路でしっかりと乗り込み、最終追いでは50秒4-36秒9-12秒5の好時計で楽に同入している。技術レベルの低い川須栄彦が難しい同馬を乗りこなせていないのは問題だが、気配の良さに賭けてみたい。人気がないので狙う価値はある。

○トーホウディアスは2走前の京都戦でクビ+クビ差の3着、前走の府中戦でクビ+クビ差の3着。前走は外々の追走でハミを噛んでいて、よく伸びてきたものだ。

中2週でも栗東のCWコースと坂路で好時計を出して好調さがうかがえる。別定戦で58キロになるが、中京には実績があるし、大外の12番枠でもV候補。

▲バルサムノートは3歳馬で、春に京都でリステッド競走勝ち。重賞のラジオNIKKEI賞は4着(0秒2差)だったが、直線で内にモタれて追いづらく、最後で内から思い切りぶつけられての結果だった。

府中の芝1600mの前走では、ハイペースの競馬にスイスイとついていって0秒4差の5着に踏ん張っている。左回りは合うし、1400mの距離で抜け出すシーンまで。

△は気性難でも能力は高い3歳のヤクシマで、以下はスコールユニバンス、ラクスバラディー、オメガリッチマン、アネゴハダなど。

──────────────
◎11番ジュノー
○12番トーホウディアス
▲6番バルサムノート
△1番ヤクシマ
※10番スコールユニバンス
×9番ラクスバラディー
×5番オメガリッチマン
×3番アネゴハダ
×7番フォラブリューテ
×4番ハーツラプソディ
×2番サトノペルセウス

【単勝】11番(10%)・12番(30%)
【複勝】11番(60%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
11→全通り
11→6.12(×2)
12→全通り
6→全通り
【馬連&ワイド】
6-11(×8)
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
11→全通り(55点)
【3連複】(軸2頭ながし)
11.12→全通り(10点)
6.11→全通り(10点)
6.12→全通り(10点)
【3連複】
6-11-12(×2)(2点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
11.12→全通り(60点)
11.12→6(×6)(36点)
11.12→10(6点)
11.6→全通り(60点)
11.6→1.3.5.10(24点)
12.6→全通り(60点)

━━━━━━━━━━━━━━
中京12R
3歳以上1勝クラス

1勝クラスの芝2000m戦。高い素質を持っているが、気性も体も完成前といった3歳馬が多い印象である。

◎モルトヴェローチェは兄にケイティクレバー(芝でオープン勝ち、障害で重賞勝ち)がいるモーリス産駒の3歳馬。3歳の1月に中山の芝2000mで未勝利戦を強い競馬で勝った。

今回は脚部不安明けで11ヵ月ぶりの実戦。しかし、美浦のウッドコースと坂路で入念に乗り込んできた。特に速い時計は出ないタイプで、動ける仕上がりにありそうだ。

初の中京には対応できてよく、素材の良さを見せてもらいたい。ヤネはしっかり動かしてくる若手の佐々木大輔(1キロ減)。

○アドマイヤソラも3歳世代になり、春に未勝利戦を2戦連続で2着に駆けた。今回は骨折明けで8ヵ月ぶりの実戦になるが、2週前に栗東のCWコースで66秒3-11秒5が出ている。この時は遅れたとはいえ、併せ馬の相手がドウデュースだった。坂路でも入念に乗って気配は良い。

4代母がディープインパクトを産んだウインドインハーヘアで、こちらも潜在能力は相当。520キロ級の大型馬だが、いきなり動いてきそうだ。初勝利を決めるシーンも。

▲ファミリーラヴは夏の新潟での初勝利が抜け出して外に切れながら突き放すという強い競馬だった。栗東のCWコースで65秒0-11秒7が出たし、2勝クラスでもやれていい。ヤネは1キロ減が利く角田大和。

△ローレルキャニオンは春に3歳1勝クラスで2着に駆けた。550キロを超える巨漢馬で不器用なところがあるが、確かな素質を備えている。バリバリと攻めを積んでいて、緒戦から警戒したい。ヤネは2キロ減が利く田口貫太。

※は栗東の坂路で動いて仕上がり上々のキャリーハピネスで、以下、ホールネス、シャドウエリス、シュハリなど、軽視できない勢力は多い。

──────────────
◎13番モルトヴェローチェ
○4番アドマイヤソラ
▲11番ファミリーラヴ
△6番ローレルキャニオン
※2番キャリーハピネス
×14番ホールネス
×9番シャドウエリス
×12番シュハリ
×17番コスモバイオレット
×15番バッジオレディネロ
×16番ブルーグロット

【単勝】13番(10%)・4番(40%)
【複勝】13番(50%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
13→全通り
13→2.4.13.16(×2)
13→11.16
4→全通り
【馬連&ワイド】
4.6.11.13
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
4.13→全通り(15点)
11.13→全通り(15点)
4.11→全通り(15点)
6.13→全通り(15点)
4.6→全通り(15点)
6.11→全通り(15点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
13.4→全通り(90点)
13.4→2.6.14(×3)(54点)
13.4→11(6点)

━━━━━━━━━━━━━━

タグ: 競馬予想競馬レモンポップアイアンバローズベラジオオペラ阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティSイクイノックス有馬記念ウマ娘

予想記事の購入方法
■記事内の【マガブロを購入する】を押し、購入画面に進んでください。

クレジットカード、またはFC2ポイントで購入できます。FC2ポイントは銀行振込、電子マネー、クレジットカード、銀行ATMなどで購入できます。詳しくはFC2マニュアルでご確認ください。

ご利用いただくには、FC2IDアカウントが必要です(登録料無料)。IDをお持ちでない方は、記事の購入画面から新規登録できます。

携帯電話料金と一緒にお支払いしたい方は、ブログ『note』をご利用ください。『note』版はコチラから。

※キャリア決済は、docomo、au、ソフトバンクモバイルに対応。パソコンからも決済可能。noteに会員登録(登録料無料)している方のみ、ご利用になれます





↑応援クリックお願いします
最近の主な的中実績
【最近の主な的中実績】

■4月21日(日) 予想:5鞍
マイラーズカップ
3連単  6,280円
3連複  2,070円
馬 連  400円(×16)
ワイド  190円(×16)
ワイド  690円(×3)
単 勝  240円(20%)
複 勝  120円(80%)
◎ソウルラッシュ1着(1人気)
◎×○でヒット

京都12R
3連単  2万3,270円
3連複    2,200円
馬 連   1,210円(×6)
ワイド    420円(×6)
ワイド   1,100円(×2)
単 勝   1,800円(10%)
複 勝    250円(40%)
カミーロ1着(6人気)

フローラS
3連複  6,500円
馬 連 2,450円
ワイド  850円
ワイド 1,580円

東京12R
3連単  1,720円
3連複   830円(×3)
馬 連  350円(×14)
ワイド  170円(×14)
ワイド  270円(×8)
単 勝  140円(100%)
◎ウェイワードアクト1着(1人気)
◎△×でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
京都12R
単 勝 1,800円(10%)
複 勝  250円(90%)
◎カミーロ1着(6人気)

マイラーズカップ
単 勝  240円(10%)
複 勝  120円(90%)
◎ソウルラッシュ1着(1人気)

フローラS
複 勝 260円(50%)
◎カニキュル3着(4人気)

鎌倉S
複 勝 130円(90%)
◎バグラダス3着(1人気)

■4月20日(土) 予想:5鞍
京都12R
3連単  4,810円(×6)
3連複  710円(×5)
馬 連 1,050円(×8)
ワイド  310円(×8)
ワイド  200円(×16)
単 勝  350円(10%)
複 勝  120円(90%)
◎サンクフィーユ1着(2人気)
◎×○でヒット

福島牝馬S
馬 連 3,240円(×2)
ワイド 1,110円(×2)
ワイド 2,270円

天王山S
馬 連 2,870円(×3)
ワイド  910円(×3)
ワイド 2,370円
複 勝  230円(50%)
パラシュラーマ2着(2人気)

東京12R
3連複 2,410円(×2)
ワイド  330円(×13)
ワイド  880円(×4)
複 勝  170円(60%)
◎ローズバルサム3着(2人気)
××◎でヒット

■4月14日(日) 予想:5鞍
福島民報杯
3連単  4万3,360円
3連複   9,830円
馬 連   1,650円
ワイド    630円
ワイド   1,660円(×2)
ワイド   2,590円
複 勝   480円(30%)
◎プラチナトレジャー3着(9人気)
▲×◎でヒット

皐月賞
馬 連 3,550円
ワイド 1,460円
ワイド 1,620円

阪神12R
馬 連 1,450円
ワイド  570円
ワイド 1,550円

春雷S
3連複  1,080円
馬 連  530円
ワイド  240円
ワイド  570円

【超万馬券予想】 予想:9鞍
奥の細道特別
3連単 9万 280円(×2)
3連複 1万1,440円(×2)
馬 連   5,650円
複 勝   360円(40%)
複 勝   240円(40%)
○シリアルノヴェル2着(5人気)
◎メイショウウネビ3着(3人気)

立雲峡S
3連単 3万 830円
3連複 1万2,600円
単勝    190円(10%)
複 勝    110円(90%)
◎セオ1着(1人気)

アンタレスS
馬 連 2,420円
単 勝  890円(10%)
複 勝  230円(90%)
◎ミッキーヌチバナ1着(5人気)

■4月13日(土) 予想:5鞍
アーリントンカップ
3連単  21万1,800円
3連複  3万5,950円
ワイド    450円(×6)
ワイド    9,400円
複 勝     220円(90%)
◎チャンネルトンネル3着(4人気)

中山グランドジャンプ
複 勝 870円(60%)
ジューンベロシティ2着(5人気)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
中山グランドジャンプ
3連単 10万1,750円
馬 連   7,250円
複 勝    870円(40%)
ジューンベロシティ2着(5人気)

■4月7日(日) 予想:5鞍
モルガナイトS
3連単  5,260円
3連複  2,220円
馬 連  830円(×10)
ワイド  370円(×10)
ワイド 1,150円(×3)
複 勝   210円(50%)
◎モリノドリーム2着(3人気)
△◎×でヒット

京葉S
3連複 1万2,720円

【超万馬券予想】 予想:9鞍
京葉S
3連単 6万4,130円
3連複 1万2,720円
複 勝   280円(90%)
◎ジレトール3着(6人気)

梅田S
3連単 5万5,970円
3連複 1万2,080円
馬 連   1,510円
複 勝    160円(90%)
◎グーデンドラーク2着(2人気)

■4月6日(土) 予想:5鞍
中山12R
3連単  67万8,680円
3連複  17万9,000円
馬 連   2,490円(×3)
ワイド    840円(×3)
ワイド  3万7,090円
複 勝     290円(90%)
◎ホウオウジュビリー2着(5人気)
△◎でヒット

吾妻小富士S
3連単  4万6,060円
3連複    5,420円
ワイド    350円(×8)

阪神12R
単 勝 570円(20%)
ダイリュウホマレ1着(3人気)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
中山12R
3連単 67万8,680円
3連複 17万9,000円
馬 連   2,490円
複 勝    290円(90%)
◎ホウオウジュビリー2着(5人気)

船橋S
3連単 33万7,160円
3連複  7万7,040円
馬 連   6,660円
単 勝    460円(10%)
複 勝    190円(90%)
◎サウザンサニー1着(1人気)

阪神12R
3連複 1万4,170円
複 勝   480円(40%)
ビップシュプリーム3着(9人気)

福島12R
複 勝 170円(90%)
◎サウンドレイラ3着(3人気)

■3月31日(日) 予想:4鞍
大阪杯
3連単  9万3,050円
3連複  2万2,720円
馬 連   1,930円(×2)
ワイド    900円(×2)
ワイド   3,120円
ワイド   3,700円
複 勝    250円(50%)
◎ローシャムパーク2着(3人気)
▲◎×でヒット

陽春S
3連単  1万9,480円
3連複    2,940円
馬 連   1,160円(×3)
ワイド    500円(×3)
ワイド    520円(×5)
単 勝    490円(10%)
複 勝    170円(60%)
◎ナムラフランク1着(2人気)
◎×△でヒット

美浦S
3連単  1万 750円
3連複    3,500円(×2)
馬 連    430円(×10)
ワイド    210円(×10)
ワイド    870円
単 勝    210円(10%)
複 勝    110円(90%)
◎キングズパレス1着(1人気)
◎▲でヒット

【超万馬券予想】 予想:6鞍
美浦S
単 勝 210円(10%)
複 勝 110円(90%)
◎キングズパレス1着(1人気)

■3月30日(土) 予想:4鞍
阪神12R
3連単 4万4,900円
3連複   8,980円
ワイド   860円(×3)
ワイド  1,970円
複 勝   300円(50%)
◎ワンダースティング3着(4人気)

中山12R
馬 連 3,720円
ワイド  970円
ワイド 1,260円
複 勝  400円(40%)
カイザーブリッツ1着(2人気)

ダービー卿チャレンジトロフィー
ワイド  920円
ワイド 2,510円
アスクコンナモンダ3着(5人気)

■3月24日(日) 予想:5鞍
マーチS
3連単  10万2,040円
3連複  1万3,130円
馬 連   4,570円
ワイド   1,990円
ワイド   1,260円
ワイド   1,160円(×2)
複 勝    330円(50%)
複 勝    240円(40%)
◎ミトノオー2着(4人気)
○ペイシャエス3着(2人気)
×◎○でヒット

阪神12R
馬 連 4,300円
ワイド 1,390円
ワイド 2,090円

中山12R
単 勝 370円(40%)
ルーフ1着(2人気)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
六甲S
3連単 94万1,730円
3連複 13万7,560円
複 勝    560円(40%)
ドロップオブライト3着(8人気)

マーチS
3連単  10万2,040円
馬 連   4,570円
複 勝    360円(40%)
ヴァルツァーシャル1着(7人気)

ロードカナロアカップ
馬 連 5,810円
複 勝  390円(50%)
◎パーサヴィアランス2着(10人気)

春興S
単 勝 440円(10%)
複 勝 150円(90%)
◎サイルーン1着(2人気)

■3月23日(土) 予想:5鞍
伊勢S
3連単  4万2,050円(×2)
3連複    4,300円(×2)
馬 連   3,140円(×2)
ワイド   1,290円(×2)
ワイド   1,470円(×3)
ワイド    500円(×2)
単 勝   1,930円(10%)
複 勝    180円(70%)
○ロコポルティ1着(8人気)
◎リチャ3着(2人気)
○×◎でヒット

日経賞
3連単  1万5,370円(×2)
3連複    2,260円(×2)
馬 連   1,420円(×4)
ワイド    520円(×4)
ワイド    550円(×4)
ワイド    540円(×5)
単 勝    630円(20%)
複 勝    200円(70%)
○シュトルーヴェ1着(4人気)
◎マイネルウィルトス3着(3人気)
○△◎でヒット

毎日杯
3連単  1万8,880円
3連複    2,550円
馬 連   1,360円(×4)
ワイド    450円(×4)
ワイド    450円(×6)
複 勝    130円(90%)
◎ノーブルロジャー2着(1人気)
×◎※でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
伏竜S
3連単 90万3,450円
3連複 18万7,240円
馬 連    7,500円
複 勝    340円(90%)
◎アラレタバシル2着(6人気)

熊野特別
3連単 2万3,300円
3連複   7,220円
複 勝   330円(90%)
◎カンティプール3着(8人気)

丹波特別
単 勝 650円(10%)
複 勝 160円(50%)
ヒルノショパン1着(4人気)

■3月17日(日) 予想:5鞍
スプリングS
3連単  5万3,380円
3連複    9,100円(×2)
馬 連   4,920円(×2)
ワイド   1,630円(×2)
ワイド    500円
ワイド   1,620円
単 勝    290円(20%)
複 勝    150円(80%)
◎シックスペンス1着(1人気)
◎○△でヒット

名古屋城S
3連単  1万7,340円
3連複    1,520円(×2)
ワイド    400円(×7)
ワイド    210円(×9)
◎ハピ3着(1人気)
▲※◎でヒット

阪神12R
3連複  3,820円
馬 連   600円(×9)
ワイド   340円(×9)
ワイド  1,010円(×3)
単 勝   230円(10%)
複 勝   130円(90%)
◎カセノミオ1着(1人気)
◎▲×でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
スプリングS
3連単 5万3,380円
3連複   9,100円
複 勝   260円(40%)
ルカランフィースト3着(4人気)

名古屋城S
馬 連 2,620円
単 勝 1,060円(10%)
複 勝  220円(40%)
◎テーオードレフォン1着(4人気)

阪神大賞典
複 勝 280円(50%)
ワープスピード2着(6人気)

■3月16日(土) 予想:5鞍
フラワーカップ
3連複  6,650円(×2)
馬 連 4,590円(×2)
ワイド 1,220円(×2)
ワイド 1,690円
複 勝  420円(30%)
ホーエリート2着(8人気)

ファルコンS
3連複  5,930円
ワイド  890円(×3)
ワイド  610円(×6)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
豊橋S
3連単 41万9,550円
3連複  4万1,460円
馬 連  2万6,380円
複 勝    370円(90%)
◎ビヨンドザヴァレー2着(4人気)

ファルコンS
複 勝 130円(90%)
◎ソンシ3着(1人気)
特定商取引法に基づく表示
【販売者名】
大谷内泰久

【運営責任者名】
大谷内泰久

【事業者のメールアドレス】
timechart555@gmail.com

【URL】
http://keiba-yoso.jp/

【販売価格】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、 購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入していただけます。 コンテンツの購入に必要な金額は、 1ポイント=1円として計算し、各コンテンツごとに異なります。 販売価格は各コンテンツごとに表示しています。 ▼参考URL //help.fc2.com/fc2id/manual/group79/315

【商品代金以外の費用】
記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツおよびポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。 購入前に当ブログが問題なく閲覧可能か、 必ず動作確認を行ったうえでご購入ください。 ▼推奨使用環境 //help.fc2.com/requirements

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。
訪問者カウンター