プロフィール
著者:大谷内泰久

『競馬研究』元記者。的中精度の高さから、入社2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。不可能と言われた馬連の全レース購入・均等買いでの年間回収率プラスを達成。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

3連単的中の最高配当は355万5,600円。3連単の本線◎○▲的中の最高配当は56万90円。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックお願いします
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

※各曜日の【メインレース】と【後半レース】は、1つの記事として合わせて提供することがあります。その場合の提供時間は当日の12時~14時ごろになります

◆2月24日(土)
【土曜メインレース】(400円)
 …当日の11時~13時ごろ
幕張S、仁川S

【土曜後半レース】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
2鞍以上(9R以降)

【超万馬券予想】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
4鞍以上(9R以降)

◆2月25日(日)
【日曜メインレース】(400円)
 …当日の11時~13時ごろ
中山記念阪急杯

【日曜後半レース】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
2鞍以上(9R以降)

【超万馬券予想】(200円~400円)
 …当日の13時~14時ごろ
4鞍以上(9R以降)

予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

1月27日・28日の予想コメントと的中結果

【1月27日・28日の予想コメントと的中結果】(超万馬券予想の的中結果、日曜メインレース、日曜後半レース、土曜メインレース、土曜後半レース)

──────────────
【超万馬券予想の的中結果】

■1月28日(日)
小倉12R
3連単 4万3,610円
3連複 1万1,690円
単 勝    370円(10%)
複 勝    170円(90%)
◎ヴィンセドリス1着(2人気)

日田特別
馬 連 4,620円
複 勝  510円(90%)
◎ランカグア2着(7人気)

節分S
複 勝 250円(50%)
ディオスバリエンテ2着(6人気)

──────────────
■1月27日(土)
東京12R
3連単  7万7,050円
単 勝    630円(10%)
複 勝    240円(40%)
◎コスモシャングリラ1着(3人気)

周防灘特別
馬 連 1,600円
単 勝  810円(10%)
複 勝  230円(90%)
◎カンチェンジュンガ1着(6人気)

━━━━━━━━━━━━━━
【日曜メインレース】

根岸S
3連複  2,070円
馬 連 1,660円
ワイド  600円
ワイド  270円
単 勝 250円(40%)
エンペラーワケア1着(1人気)

──────────────
東京11R
根岸ステークス(GIII) ◎は非凡な4歳牝馬で初の1400mでも、○は底が割れない4歳馬

東京のダ1400mで争われるGIII競走。

左回り。向正面の2コーナー出口からの発走、ワンターンのコース。スタートして200mほどは緩やかな下り坂。残り約1200mの地点から3コーナー途中にかけて小さめの山を上って下る。

下りが終わって、直線入り口までは平坦。直線に入るとすぐに上り坂になり、約300mの間に2.4mの高低差を上ることになる。上り切ってからの約200mは平坦。直線距離は501.6m。コース全体の高低差は2.5m。

土曜は良馬場。3勝クラスのダ1400m戦は、ハチメンロッピが大外から長く脚を使って追い込み切った。勝ち時計は1分24秒8だった。2着は好位の外からジリジリと伸びたバグラダスで、3着は逃げて粘りを発揮したマニバトラ。レースの前半3ハロンは35秒3で、上がりは12秒3-11秒8-12秒9の37秒0だった。勝ち馬が使った上がりは35秒5。

全体を見て、少しタフな馬場という印象を受けた。ダ1400mは1勝クラスにも組まれていて、こちらも外からの追い込みが決まっている。

日曜は良馬場見込み。土曜と同じようなダートになっていると考えておいていいだろう。なお、クッション砂の砂厚は、従来通りで9.0cmとなっている。

──────────────
フルゲートの16頭立て。中央で古馬のダート重賞を勝っている馬がいない。3歳重賞はケンシンコウがレパードSを制している。それでも4歳の上昇馬から8歳の実績馬まで、幅広い世代の実力者がそろった。フェブラリーS(2月18日)の前哨戦として、見逃せない一戦である。

林徹厩舎(美浦)の4歳牝馬パライバトルマリンに◎を打った。

マリブムーン(エーピーインディ直仔)×スマートストライク(ミスタープロスペクター直仔)という配合。「ミスタープロスペクターの3×3」というクロスがあり、祖母の仔にプリークネスSを勝ったルッキンアットラッキーがいる。アメリカ血統でスピード色が濃い。

3歳の春に府中のダ1600mで3歳1勝クラスを逃げ切って勝利し、以降は地方の交流重賞で1着、2着、3着。前走のクイーン賞(船橋ダ1800m)は、逃げを打ったものの2着馬に途中から競り込まれ、外から出られるシーンがあった。それで3着に踏ん張った。タフな船橋の馬場の中で、スピード能力の高さ、底力の高さを証明する走りだった。

今回は2ヵ月ぶりの実戦。1月6日が初時計で、林流で終い重点の稽古を熱心に積んできた。ウッドコースでの本追い切りは70秒0-11秒7で内から先着。ほぼ馬なりで推進力ある走りを見せていたし、体もできている。いい仕上がりにあるとみていい。

ヤネは4戦連続の騎乗となる戸崎圭太。中間の稽古でも跨っている。馬自身、1400mを走るのは初めて。が、これまでのレースぶりから問題なく対応してくるだろう。3歳1勝クラスを勝った時、乗っていたルメールは「1400mの方が良さそう」と話していた。

外めの11番枠。16番枠のアームズレインが抑えを利かせられれば、好位の外を進む形になるだろう。ペースが速くなる可能性はあって、その場合は急がせずにタメつつ運んでもらいたいところだ。もちろん、ずっと外々を走るような形は避けないといけない。

中央で牡馬の強豪が相手、さらに初の1400mとあって好走するには条件が付くが、ビタリとハマってハイパフォーマンスを見せることになってもまったく不思議はない。単勝オッズが1,000円見当で人気はないし、狙う価値があるとみた。結果を出してフェブラリーSに向かうことになるといい。

相手の筆頭はエンペラーワケア。ダートでは、すべて1400mを走って(4.1.0.0)という戦績を残している。パライバトルマリンと同じ4歳馬。府中は初めてになるが、初のオープンが重賞でも見劣りはしない。ヤネは川田将雅。

▲タガノビューティーは府中のダートで(5.5.3.4)のキャリア豊富な7歳馬。当舞台ではブリンカーを着ける前にリステッド競走を勝っていて、昨年の当レースではレモンホップと0秒3差の4着に駆けた。もちろん堅実な末脚は評価すべき。ヤネは主戦の石橋脩。

△サンライズフレイムはオープン特別を含めて4連勝中の4歳馬。脚力は半端でなく、噛み合えば1着まである。ただ、前進気勢が強すぎて抑え込むのが大変。美浦への長距離輸送があるし、当日にテンションが高くなっていないことが条件になる。ヤネは藤岡康太。

以下はベルダーイメル、フルム、アルファマム、アームズレイン、アイオライト、ヘリオスなど。人気上位は力があるが、一角が崩れた時の伏兵陣は多彩である。

──────────────
◎11番パライバトルマリン
○7番エンペラーワケア
▲12番タガノビューティー
△10番サンライズフレイム
※5番ベルダーイメル
×3番フルム
×14番アルファマム
×16番アームズレイン
×1番アイオライト
×2番ヘリオス
×9番エクロジャイト

【単勝】11番(10%)・7番(40%)
【複勝】11番(50%)
──────────────
【馬連&ワイド】
11→全通り
11→7.10.12(×4)
11→14
7→全通り
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
11→全通り(105点)
11→7.10.12.14(×2)(12点)
11→7.10.12(×4)(12点)
11→7.10(×7)(7点)
【3連複】(軸2頭ながし)
7.12→全通り(14点)
7.10→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
11.7→全通り(84点)
11.7→10(×5)(30点)
11.7→12(×3)(18点)
11.7→14(×2)(12点)
11.12→全通り(84点)
11.12→10(×3)(18点)
11.12→14(6点)
11.10→全通り(84点)
11.10→14(×2)(12点)
【3連単】
7-10-11(×5)・10-7-11(×4)(9点)

━━━━━━━━━━━━━━
京都11R
シルクロードステークス(GIII) ◎は激しい気性でも能力秘めて、○は1200mで無敗

京都の芝1200m(内)で争われるGIII競走。

右回り。向正面からのスタート、内回りコースを使用。100mと少し走ると、京都名物の“坂越え”を迎える。なお、外回りコースより越える山は低い。

まず、200m弱の間に約3mの高低差を駆け上がる。3コーナー入り口から平坦に。200mほど平坦を走り、残り約750mの地点から下りに転じる。下りは4コーナーに入る約600mの地点までで、約3mの高低差を一気に駆け下りることになる。

急な下り坂は4コーナー手前で終わるが、そこからは緩めの下り坂が続く。4コーナーを回り切り、直線に入って残り約300mからはごく軽い上り坂になっている。直線距離は323.4m(Bコース使用時)。コース全体の高低差は3.1m。

芝は連続開催の4週目で、Bコース2週目になっている(Aコースから直線4m・曲線3m外に内柵を設置)。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階でJRAから「向正面直線から外回り3コーナー、4コーナーの内側および正面直線に傷みがあります」と発表があった。

土曜は良馬場。短めの距離は1勝クラスの芝1400m(外)戦の1鞍のみで、コンクイスタが1分21秒7で勝利している。2番枠から好位のインにつけ、直線も内めを渋太く伸びて勝ち切った。レースの前半3ハロンは34秒8で、上がりは11秒6-11秒6-12秒3の35秒5。勝ち馬が使った上がりは35秒3だった。

コンクイスタは内を伸びていたが、馬場の三~四分どころ。ジョッキーたちは内を避けるコース取りをしていた。日曜は良馬場見込み。土曜と同じような光景が見られることになりそうだ。

──────────────
フルゲートの18頭立て。ハンデ戦になり、トップハンデが58キロ、最軽量が54キロで、4キロの上下差がある。

底を見せていない4歳馬が複数頭いて、5歳以上は9歳世代まで実力馬がそろっている。高松宮記念(3月24日)向けて、見逃せない一戦になった。

安田隆行厩舎(栗東)の5歳馬サンライズロナウドに◎を打った。

とにかく激しい気性の持ち主。攻めをやるにも問題があり、最近は栗東のポリトラック、Eコース、プールを主体とした調整で、時計になるところは乗っていない。今回も同様の仕上げだが、それで問題はないだろう。

昨夏の新潟での3着は、逃げを打って直線で接触して後退し、盛り返してきたもの。12月の阪神戦は、直線で詰まって追えないシーンがあっての4着だった。どちらもゴールしたあとでスーッと伸びて先頭に立っていて、力を出し切っていない。

そして、前走で初めて1400m(京都)を使って3勝クラスをクリアする。ヤネは横山典弘で、後方で行きたがるの必死に抑えての追走に。直線に向くと、かなり大きく外に動かし、態勢を整えて追い出した。徐々に加速し、ラスト200mから一気に詰めて差し切っている。

このレースのあと、ノリは「まだまだ隠しているモノがたくさんある」とコメントしている。見ているこちら側が受ける印象も同じ。今回は初めての芝1200m、さらに初のオープンが重賞になるが、「噛み合えば通用するのでは…」と底知れぬ能力に期待したい気持ちがわいてくる。

とにかくバカ馬なので、レースに行ってどうなるかわからない。でも、ハンデが55キロで前走より3キロ少ない斤量で走れるし、パニックにならずに回ってくることができれば上位に食い込むことも可能とみた。単勝オッズが3,000円台でまったく人気がないし、穴として狙ってみる。

千田輝彦厩舎(栗東)の4歳牝馬バースクライも注目される存在。

ハーツクライ×ドバウィという配合。1200mに距離を縮めてから、3連勝で一気にオープンまで上がってきた。中山での3勝クラス勝ちは、グッと伸びて差し切ってクビ差以上に強い勝ちっぷりだった。勝ち時計は1分07秒2(良)。ペースは違ったが、当日のラピスラズリS(L)が1分07秒8(良)の決着で、これを0秒6も上回った。

中間は間隔を開け、栗東のCWコースと坂路で乗り込んで仕上げてきた。頭が高いフォームだが、軽快な脚捌きで荒れ気味の馬場の中をしっかりと伸びていて、いいデキにあるとみていい。

京都は初めて。まだ固まっていないところがあり、陣営は「特殊な馬場が合うかどうか」と不安を口にしている。その点が課題にはなるが、攻めを見ると対応できそうな感じが…。ハンデは54キロで問題ないし、(2.0.0.0)の岩田望来とのコンビで勝ち負けになっても。

▲は抑えが利くようになって成長中のオタルエバー(57キロ)で、△は阪神カップ(3着)を叩いて絞れてきそうな実力者アグリ(58キロ)。※エターナルタイム(54キロ)は初の1200mがプラスに出てよく、×の1番手ルガルは57.5キロで内の4番枠でもデキの良さと西村淳也の腕が怖い。

以下、ジューンオレンジ、ショウナンハクラク、ディヴィナシオン、カワキタレブリーなど、穴を開けておかしくない勢力が多くいる。

──────────────
◎9番サンライズロナウド
○15番バースクライ
▲17番オタルエバー
△13番アグリ
※5番エターナルタイム
×4番ルガル
×7番ジューンオレンジ
×18番ショウナンハクラク
×8番ディヴィナシオン
×10番カワキタレブリー
×3番ホープフルサイン

【単勝】9番(10%)・15番(10%)
【複勝】9番(30%)・15番(50%)
──────────────
【馬連&ワイド】
9→全通り
9→4.13
15→全通り
15→4.13(×4)
15→5.17(×2)
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
9→全通り(136点)
9→4.5.13.15.17(10点)
9→4.5.13(3点)
9→4.13(×2)(2点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
9.15→全通り(96点)
9.15→4.13(12点)
9.17→全通り(96点)
9.17→4.13(12点)
9.13→全通り(96点)
9.13→4(×3)(18点)
9.13→5(×2)(12点)

━━━━━━━━━━━━━━
【日曜後半レース】

巌流島S
3連単  10万8,700円
3連複  1万7,500円
馬 連   4,370円
ワイド   1,470円
ワイド   3,140円
ワイド   1,780円(×2)
複 勝    220円(40%)
複 勝    420円(40%)
▲ピンクマクフィー2着(2人気)
◎ハギノモーリス3着(6人気)
×▲◎でヒット

京都12R
3連単  3万2,750円(×2)
3連複   6,220円(×2)
馬 連   1,120円(×4)
ワイド    470円(×4)
ワイド   2,270円(×2)
ワイド    930円(×2)
複 勝    350円(90%)
◎エーティーソブリン3着(7人気)
○△◎でヒット

──────────────
東京12R
4歳以上2勝クラス

2勝クラスの芝2000m戦。開幕週でDコース使用になり、土曜の競馬を見ると芝はスピードが出る状態になっている。

11頭立てと頭数は少なめで、混戦といった印象。そこで3騎の伏兵馬を狙うことにした。

◎エンパイアウエストは昨年の春に今回と同じ舞台で1勝クラスを快勝。続く昇級戦は直線で捌けずに仕掛け遅れになっての3着だった。

今回は6ヵ月半ぶりの実戦。美浦のウッドコースと坂路を併用してかなり豊富に乗り込んでいて、陣営は「前走は体調がひと息。その時よりもいい」と話している。テン乗りとなるキングスコートは攻めで跨っていて、いきなりから動いてきて不思議はない。

○リリーブライトはワンペース気味でもしっかりと脚を使ってくる。当舞台で現級を2着(半馬身差)したことがあり、その時の勝ち馬は重賞レベルのボーンディスウェイだった。

昨秋の3走は加減気味の攻めで、本調子にはなかった感じ。立て直して美浦のウッドコースと坂路でいつも以上に速い時計を出していて、スムーズに伸ばせると一発がある。ヤネは乗り慣れている内田博幸。

▲メジャークロニクルは重の中山で1勝クラスを勝ち、今回と舞台が一緒だった昇級戦は直線でラチに押し込められて大きなロスがあっての5着だった。

ひと息入れて立て直し、美浦のウッドコースで65秒7-11秒8を出すなどして気配は良好。ジリッぽいところはあるが、テン乗りのピーヒュレクが動かせれば。

以下はアヴニールドブリエ、シテフローラル、ドクタードリトル、プラニスフェリオなどで、切り捨てていい勢力はいない。

──────────────
◎2番エンパイアウエスト
○8番リリーブライト
▲7番メジャークロニクル
△6番アヴニールドブリエ
※11番シテフローラル
×5番ドクタードリトル
×9番プラニスフェリオ
×3番エイカイマッケンロ
×10番パトリックハンサム
×4番マルチャン

【単勝】2番(10%)
【複勝】2番(60%)・8番(30%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
2→全通り
8→全通り
7→全通り
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
2→全通り(45点)
8→1.3.4.5.6.7.9.10.11(36点)
7→1.3.4.5.6.9.10.11(28点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
2.8→全通り(54点)
2.8→5(6点)
2.7→全通り(54点)
2.7→5(×2)(12点)
2.7→3.6(12点)
8.7→全通り(54点)
8.7→5(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
京都12R
4歳以上2勝クラス

2勝クラスの芝1600m(外)戦。9頭立てと頭数は少なく、連闘が3頭、中1週が2頭、中2週が2頭で、残りは2ヵ月弱ぶり、1年4ヵ月ぶりとなっている。

ちと異常なレース…。みなが何かしら不安を抱えていて、伏兵馬を狙っていくことにした。

◎エーティーソブリンは前2走でダート使っているが、1勝クラス勝ちが中京の芝1600mで、阪神の芝1600m(外)で現級を3着→2着と続けて好走したことがある。

8ヵ月ぶりで18キロ増だった前走(京都ダ1400m)では、終いにジリジリと脚を使って7着。その時の坂路(栗東)の攻めでは、ペプチドナイル(古馬オープン)に先着して50秒1-36秒2-12秒3の好時計をマークしていた。

連闘でも疲れはないとのこと。富田暁は騎乗歴があり、もつれる展開になると激走シーンも。

○ペイシャフラワーは京都芝1400m(外)の前走で見せ場をつくって0秒2差の4着に駆けた。中1週で上積みがあるか微妙だが、3キロ減騎手の永島まなみを起用して52キロで走れる利がある。永島は同馬に乗って(2.2.4.3)と好相性だ。

中1週でも坂路(栗東)で大きめを乗った。マイルは少し長い印象だが、折り合い重視で丁寧に運べば粘りを見せてきそう。

▲ケイアイオメガは前走で3着、△ムーンリットナイトは前走で2着していて、どちらも中2週になる。以下はアスクビギンアゲン、タガノチュール、トーホウガレオンなど。

──────────────
◎9番エーティーソブリン
○5番ペイシャフラワー
▲8番ケイアイオメガ
△4番ムーンリットナイト
※6番アスクビギンアゲン
×7番タガノチュール
×1番トーホウガレオン
×2番メイショウラナキラ

【単勝】9番(10%)
【複勝】9番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
9→全通り
9→4
5→全通り
5→4(×3)
5→1.7.8
─────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
9→全通り(28点)
5→1.2.3.4.6.7.8(21点)
【3連複】(軸2頭ながし)
4.9→1.8(×2)
4.9→5.7
──────────────
【3連単】(軸1頭マルチ)
9→全通り(168点)
【3連単】(軸2頭マルチ)
9.4→1.8(×2)(24点)
9.4→5.7(12点)

━━━━━━━━━━━━━━
小倉11R
巌流島ステークス

3勝クラスの芝1200m戦。ハンデ戦になり、トップハンデが57キロ、最軽量が52キロで、5キロの上下差がある。

内が荒れて難しい馬場。さらに18頭立てで、ジョッキーたちがどう乗ってくるのか読みづらい。昼前から雨が降っていて、これも影響してきそうだ。大きな波乱になって驚けず、伏兵馬を中心に手広く買っていくことにした。

◎ハギノモーリスは4代母がエアグルーヴで名系の出。昨秋の中山での2勝クラス勝ちは骨折明けで8ヵ月ぶりの実戦という状況でのもので、続く昇級戦(8着)では鼻出血を発症していた。

十分に休ませ、牧場で乗り込んで栗東に帰厩。高野友和厩舎流で坂路でしっかりと乗っていて、仕上がりは良さそうだ。

ハンデは55キロと有利と言える数字。外の13番枠というのは悪くないし、激走があっても。ただ、ヤネが乗れない藤懸貴志で、難しい馬場の中で適切に誘導できるか疑問と感じるところはある。

○アジアノジュンシンは新潟の直線競馬での2勝クラス勝ちが強い競馬。リステッド競走に挑戦した前走は1番人気で16着に敗れたが、16番枠から内へ内へと行く形になって脚をなくしたものだった。

芝で1200mを走るのは初めて。が、中山のダ1200mで2勝していて、対応できないことはないはずだ。ハンデは53キロと軽く、早めに小倉に滞在して乗り込んできた点も魅力。荻野極はテン乗りでも稽古をつけているし、穴として期待したい。

▲ピンクマクフィーは中山牝馬Sを勝ったシュンドルボンの仔。前進気勢が強すぎで、中山の1200mを使った前走で終いに脚を使って勝ち切った。

中間は間隔を取り、気性を考慮して大きめを入念に乗って仕上げてきた。小倉の1200mで忙しい競馬になって冷静に走れるかがポイントになるが、ハンデは53キロと恵まれた数字だし、テン乗りになる北村友一が御して抑え込むことに成功すれば。

△は小倉で差す競馬が合うジョニーズララバイ(54キロ)、※は中間に栗東の坂路で49秒1の猛時計を出したアドマイヤラヴィ(54キロ)。以下はダンツイノーバ、ロードラスター、イラーレ、タツリュウオーなどで、とても印が回り切らない。

──────────────
◎13番ハギノモーリス
○10番アジアノジュンシン
▲12番ピンクマクフィー
△17番ジョニーズララバイ
※7番アドマイヤラヴィ
×9番ダンツイノーバ
×6番ロードラスター
×4番イラーレ
×15番タツリュウオー
×11番ヤクシマ
×8番スズカマクフィ

【複勝】13番(40%)・10番(20%)・12番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
13→全通り
10→全通り
12→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
10.13→全通り(16点)
12.13→全通り(16点)
10.12→全通り(16点)
13.17→全通り(16点)
10.17→全通り(16点)
12.17→全通り(16点)
7.13→全通り(16点)
7.10→全通り(16点)
7.12→全通り(16点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
13.10→全通り(96点)
13.12→全通り(96点)
13.12→7(6点)
10.12→全通り(96点)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜メインレース】

白富士S
3連単  3,310円
3連複  1,680円
馬 連  230円(×16)
ワイド  160円(×16)
ワイド  670円(×3)
単 勝  140円(100%)
◎ロードデルレイ1着(1人気)
◎×△でヒット

舞鶴S
3連単  1,660円(×2)
3連複   400円
馬 連  270円(×15)
ワイド  160円(×15)
単 勝  280円(40%)
バハルダール1着(2人気)

──────────────
東京11R
白富士ステークス(L) ◎は底を見せない4歳馬、連勝式は崩れ待ちで手広く

東京の芝2000mで争われるリステッド競走。

左回り。1コーナー奥にある引き込み線からのスタート。100mと少し走って左カーブが来るため、外枠はロスが出る。向正面は中ほどまで緩めの下り坂。残り約1300mの地点から100m弱の間に高低差が1.5mある坂を上る。少し平坦部分を走り、残り約1150m~約900mまでは下り勾配になっている。

下りが終わると緩い上り坂に転じ、4コーナーを回って直線に向かう。残り460m~残り300mは高低差が約2mある急めの上り坂。上り切ってからは平坦だが、距離は300m残っている。直線距離は525.9m。コース全体の高低差は2.7m。

芝は開幕週でDコース使用になっている。野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。金曜の段階でJRAから「全体的に概ね良好な状態です」と発表があった。

2023年の第5回東京競馬(11月26日まで)以来の開催。芝の張替えは行われていない。Aコースから9m外に内枠が設置される。

土曜は晴れて良馬場見込み。朝の時点で、含水率は高めで、クッション値は「9.7」となっている

──────────────
12頭立てと頭数は少なめ。3勝クラスを勝ち上がったロードデルレイがいて、前走でオープンを走った11頭は全馬が馬券から外れている。

中内田充正厩舎(栗東)の4歳馬ロードデルレイに◎を打った。

ロードカナロア×ハーツクライという配合の4歳馬。3代母が地方の交流重賞を2勝したレディバラードになる。ここまで5戦4勝の戦績で、負けた1走もレコード決着になった神戸新聞杯(GII)の4着(0秒1差)だった。

5走の上がりは33秒1~33秒5の間に収まっていて、切れる脚を持っている。そして、より重要とも言える持久力に秀でていることは注目すべきポイントだ。

ただ、気性はまだ若い。3勝クラス勝ちの前走も前半は力んで走っていて、安心して見ていられるわけではない。

今回は2ヵ月ぶりの実戦。攻めは順調に積んでいて、1週前に川田将雅が跨ってCWコースで66秒7-11秒5で追われ、今週は坂路で52秒5-11秒8を楽にマークした。陣営は「動きはいい」と話していて、力を発揮できる仕上がりにありそうだ。

府中の中距離は前走、そして新馬戦を走って2戦2勝。川田&中内田師は高勝率、連対率を誇るゴールデンコンビで、56キロで走れるのは有利になる。ここは気性面で成長を見せ、春の重賞につながる走りを披露してもらいたいところ。中心視。

相手の筆頭は、同じく4歳世代のシルトホルン。3歳時にはラジオNIKKEI賞(GIII)で半馬身差の2着に駆け、秋に当舞台でオクトーバーS(L)を2着している。入念に乗り込んで仕上がりは良さそうだし、12番枠からジワッと流れに乗って息を入れて運ぶことができれば。

▲シュヴァリエローズは一昨年に当レースを1分57秒8で4着していて、△フライライクバードは間隔を取った方が走る傾向にある。

以下はレインフロムヘヴン、バトルボーン、グリューネグリーンなどで、切り捨てていい勢力はいない。

ロードデルレイが断然の1番人気、これにバトルボーンが続き、2頭の線の馬連は290円と極端に低いオッズになっている。絞り込んでも妙味がなくて、◎ロードデルレイから手広く買って薄めに抜けるのを待つ攻め方でいくことにした。ガミの目が多くあるが、高配当馬券になる可能性がないわけではない。

──────────────
◎1番ロードデルレイ
○12番シルトホルン
▲2番シュヴァリエローズ
△9番フライライクバード
※4番レインフロムヘヴン
×6番バトルボーン
×7番グリューネグリーン
×8番スパイダーゴールド
×3番カレンシュトラウス
×11番パクスオトマニカ

【単勝】1番(100%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
1→全通り
1→6(×15)
1→12(×7)
1→4(×4)
1→2.8.9(×2)
1→3.7.11
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
1→全通り(55点)
──────────────
【3連単】(軸1頭ながし)
1→全通り(110点)

━━━━━━━━━━━━━━
京都11R
舞鶴ステークス ◎はもつれる展開で激走も、○と▲は末脚上位で

3勝クラスの戦いで、舞台は京都のダ1900m。

右回り。正面直線の4コーナー出口からのスタート。1コーナーまではずっと平坦で、380mほどの距離がある。1コーナーを過ぎ、2コーナーを回り切るまではほぼ平坦。向正面の前半は軽い上り勾配で、向正面の中ほどの残り約1050mの地点から、ダートコースにもある“京都の坂越え”が始まる。

まず、3コーナー手前の残り約850mまで、約200mの間に2.5mほどの高低差がある坂を上る。上り切ってからは一転して下り坂に。4コーナーに入って残り約550mまで、約300mの間に3mの高低差を駆け下りることになる。

坂越えが終わると平坦に。4コーナーを回り切って直線に入り、ゴールまで平坦になっている。直線距離は329.1m。コース全体の高低差は3.0m。

先週の土曜は朝の早い段階に小雨が降り、午後にも雨が降る時間帯があった。ダートは稍重だった。土曜の夜にしっかりと雨が降り、雨は日曜の昼前に上がった。馬場は不良で始まり、8Rから重になった。

稍重だった土曜のダート戦を見ると、まず、1勝クラスのダ1900m戦はバンドマスターが1分59秒5(稍)でV。ゲートでアオりながら押して2番手につけ、4コーナーで先頭に並んで直線で突き放した(3馬身差)。レースの1000m通過は63秒3で、上がりは12秒2-12秒2-13秒0の37秒4だった。参考までに1800mの通過は1分53秒0。

2勝クラスのダ1800m戦はダンテバローズが1分52秒1(稍)でV。前出のバンドマスターと同じく2番手追走から4コーナーで先頭に並ぶ形になり、直線で早めに離して押し切った(3/4馬身差)。レースの1000m通過は62秒2で、上がりは12秒2-12秒2-12秒8の37秒3だった。

今週の土曜は、曇りで、昼過ぎから時々晴れという予報。雨にたたられることはなさそうだ。良馬場で進むことはほぼ確実である。なお、クッション砂の砂厚は、従来通りで9.0cmとなっている。

──────────────
フルゲートを割って14頭立て。前走で馬券に絡んでいるのは1頭だけで、自分から行かないタイプが多いメンバーである。

クールミラボー、バハルダール、レッドプロフェシーに人気が集中。連勝式はこれら3頭の線を買う必要があるが、配当面の妙味は薄く、◎には伏兵馬を狙うことにした。

橋口慎介厩舎(栗東)の6歳馬ワセダハーツに◎を打った。

6歳馬に対して血統のことを言うのも何だが、母がパーソナルレジェンド(アメリカ産、デルマーオークス3着)で、上にローマンレジェンド、ミラクルレジェンド、ヒロイックテイルとダートの活躍馬が並ぶ。

ズブさがあって追い込み一手になっているが、昨春の当舞台での2勝クラス勝ちは強い競馬だった。後方追走から4コーナーで最外を回し、直線で一気に脚を使って残り200mで先頭に立つ。そのまま脚色を乱さずに押し切っていて、単純な展開が向いての追い込みではなかった。

3勝クラスに上がってからは9着、7着と目立たない結果。しかし、中間はリフレッシュ放牧に出され、栗東に戻ってからコースと坂路を併用して意欲的に乗られている。先週の土曜にCWコースで67秒8-12秒1で追われ、坂路に入れた本追い切りは坂路で55秒5-12秒5で格下に楽に先着した。いい仕上がりにありそうだ。

ヤネは団野大成。テン乗りで同馬を動かせるかだが、技術もセンスも高いレベルにあるジョッキーで、うまく能力とやる気を引き出してもらいたい。もつれる展開になったりと恵まれないと厳しいのは確か。それでもハマる可能性はあって、一発に期待したい。

○バハルダールは前走で無敗の逸材ヤマニンウルスの2着。直線で少し捌きづらくなったが、抜けるとグイグイ伸びてきた。中1週でも疲れはなさそう。ヤネは騎乗歴がある松山弘平。

▲クールミラボーはダートで底が割れないところがある4歳馬。4着だった前走は4コーナーで動きづらくなったのが痛く、直線は猛然と伸びて差し込んできた。ヤネはテン乗りでルメートル。2ヵ月ぶりでも仕上がりは悪くなさそう。

○-▲の線が崩れた場合は混とんとしてくる。ヒミノフラッシュ、マイネルクロンヌ、コパノリッチマン、レッドプロフェシーなどが続き、切り捨てていい勢力はいない。

──────────────
◎12番ワセダハーツ
○6番バハルダール
▲7番クールミラボー
△8番ヒミノフラッシュ
※9番マイネルクロンヌ
×11番コパノリッチマン
×4番レッドプロフェシー
×10番ダッチマン
×2番サンセットクラウド
×5番メイショウボサツ
×13番ハートオブアシティ

【単勝】12番(10%)・6番(40%)
【複勝】12番(50%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
12→全通り
12→6.7(×2)
12→4
【馬連&ワイド】
6-7(×15)
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
12→全通り(78点)
12→4.6.7.9(6点)
12→4.6.7(×2)(6点)
【3連複】(軸2頭ながし)
6.7→全通り(12点)
【3連複】
6-7-12(×5)(5点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
12.6→全通り(72点)
12.7→全通り(72点)
6.7→全通り(72点)
【3連単】(ボックス)
4.6.7.12(24点)
6.7.12(6点)

━━━━━━━━━━━━━━
【土曜後半レース】

東京12R
3連単  7万7,050円
3連複  1万4,910円
馬 連    820円(×3)
ワイド    380円(×3)
ワイド   1,560円
複 勝    120円(90%)
◎ホウオウムサシ2着(1人気)
○◎△でヒット

京都12R
馬 連 8,880円
ワイド 3,720円
ワイド 1,450円
複 勝  350円(40%)
エーデルサンライズ2着(4人気)

──────────────
東京12R
4歳以上1勝クラス

1勝クラスの芝1800m戦。開催初日で芝のコンディションは良さそうだ。Dコース使用になる。

最下級条件の戦いで、その中でもレベルはそう高くない感じ。人気には大きな差があるが、ノーチャンスという馬はいなくて、伏兵馬が台頭することも考えられる。

◎ホウオウムサシは「馬主=小笹芳央氏・生産者=岡田スタッド」という、よく見かける組み合わせ。“切れる脚はないものの底力があって渋太く脚を使う”といったタイプが多い。同馬もそれに該当し、昇級後は末を伸ばして2着、2着、2着と駆けている。なお、兄にカツジとミッキーグローリーがいる良血馬だ。

中間に除外があったが、在厩のまましっかりと乗り込んできた。府中の1800mは2戦して1着、2着。ヤネは同馬に乗って2着、2着の石川裕紀人。軸として期待したい。

○コスモシャングリラと▲ウインアチーヴは、どちらも◎と同じく岡田一族の生産馬。どちらも気性面に課題があるが、潜在能力は高い。人気はないし、狙う価値がある。

△ラパンラピッドは芝の中距離で大きく変わる可能性があり、以下、レシプロシティ、ハリケーンリッジ、エメリヨンなど、警戒が必要な勢力が多くいる。連勝式は崩れ高配当待ちで手広く買っていきたい。

──────────────
◎10番ホウオウムサシ
○3番コスモシャングリラ
▲13番ウインアチーヴ
△11番ラパンラピッド
※2番レシプロシティ
×5番ハリケーンリッジ
×12番エメリヨン
×16番シルバースペード
×8番マイネルカンパーナ
×15番シエロスティーボ
×4番ハーエクセレンシー

【単勝】10番(10%)
【複勝】10番(90%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
10→全通り
10→2.3.5.8.12.13(×2)
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
3.10→全通り(14点)
10.13→全通り(14点)
3.13→全通り(14点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
10.3→全通り(84点)
10.13→全通り(84点)

━━━━━━━━━━━━━━
京都12R
4歳以上1勝クラス

1勝クラスの芝1400m(外)戦。芝は連続開催の4週目で、Bコース使用2週目になっている。

芝は特に内が荒れた状態。通ったコース、展開等で結果が変わることになり、“流動的”という部分が大きくなっている。そんな難しい状況の中、複数の伏兵馬を狙うことにした。

◎マルクパージュは3歳1勝クラスと古馬1勝クラスで3着が1度ずつある。中京の前走は0秒3差の5着だったが、向正面で挟まれて下がる大きな不利があっての結果だった。

1週前、今週と団野大成が跨って栗東CWコースでしっかりと追われた。初となる京都は合いそうだし、荒れた馬場にも対応できる。激走があっていい。

○チャオバンビーナは古馬1勝クラス(牝馬限定)で2着が1回。昨秋に阪神で4着しているが、この時は甘い角田大河がうまく捌けないところがあった。

栗東の坂路でしっかりと負荷をかけて動ける仕上がりにありそう。ヤネはすぐに外に出そうとしてロスのある騎乗をするケースが多い池添謙一だが、末脚がハマるシーンも。

▲エーデルサンライズの前走(10着)は、道中でハミを噛み、直線は進路を取れずに追えなかったもの。それで着差は0秒5だった。

帰厩して攻めの本数は少ないが、今週は栗東の坂路で格上馬相手に楽な手応えで同入した。2キロ減騎手の田口貫太を起用してきて、これも穴候補。

以下、シタン、スーパーアグリ、スイミーユニバンス、ヴェールクレール、サクセスアイなど、軽視できない勢力は多い。ハマるとビッグな馬券になるので、連勝式は手を広げて買っていきたい。

──────────────
◎10番マルクパージュ
○11番チャオバンビーナ
▲13番エーデルサンライズ
△14番シタン
※9番スーパーアグリ
×12番スイミーユニバンス
×6番ヴェールクレール
×16番サクセスアイ
×18番ランスオブサウンド
×8番リゴレット
×7番ジオパーククラウン

【複勝】10番(40%)・11番(20%)・13番(40%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
10→全通り
11→全通り
13→全通り
──────────────
【3連複】(軸2頭ながし)
10.11→全通り(16点)
10.13→全通り(16点)
11.13→全通り(16点)
10.14→全通り(16点)
11.14→全通り(16点)
13.14→全通り(16点)
9.10→全通り(16点)
9.11→全通り(16点)
9.13→全通り(16点)
──────────────
【3連単】(軸2頭マルチ)
10.11→全通り(96点)
10.13→全通り(96点)
10.13→16(6点)
11.13→全通り(96点)

━━━━━━━━━━━━━━
小倉11R
周防灘特別

2勝クラスの芝1200m戦。芝は開催3週目でAコース使用3週目になり、JRAから「コース全周の内柵沿いに傷みが見られます。特に3コーナーから4コーナー内側の傷みが大きくなっています」と発表があった。

10頭立てと少ない頭数。馬場の問題があるし、伏兵馬を狙うことにした。

◎スカイロケットはデビュー2戦目から未勝利→3歳1勝クラスを連勝。体がしっかりしていないので間隔を開けつつになっているが、持っている能力は高そうだ。父はジャスタウェイで、イギリス産の母ディッカーテープはアメリカンオークスなどGIを2勝している。

今回は3ヵ月ぶりの実戦になるが、1月7日の段階で坂路(栗東)で51秒6が出ていて、今週は古馬オープンのサトノアイと併せ馬を行って52秒5-12秒4をマークした。テン乗りになる鮫島克駿は稽古で跨っているし、大外の10番枠を引いたのもいい材料と言える。一発がないか。

○ミズノコキュウは岡田一族の所有馬で、早めに小倉入りして今週は攻めでしっかりと動いた。▲トールキンは気性に課題があっても短距離性能は高く、△メイショウハボタンは末脚鋭く、中1週での再遠征さえクリアすれば。

以下はカンチェンジュンガ、ハクサンパイオニア、トーホウラビアンなどで、切り捨てていい勢力はいない。

──────────────
◎10番スカイロケット
○9番ミズノコキュウ
▲8番トールキン
△7番メイショウハボタン
※3番ベンガン
×2番カンチェンジュンガ
×1番ハクサンパイオニア
×5番トーホウラビアン
×6番サニーオーシャン

【単勝】10番(10%)・9番(20%)
【複勝】10番(70%)
──────────────
【馬連&ワイド】(ながし)
10→全通り
10→8
9→全通り
9→1.7.8(×3)
9→2.3(×2)
──────────────
【3連複】(軸1頭ながし)
10→全通り(36点)
10→1.2.3.7.8.9(15点)
9→1.2.3.4.5.6.7.8(28点)
──────────────
【3連単】(軸1頭マルチ)
10→全通り(216点)
【3連単】(軸2頭ながし)
1着:8
2着:10
相手:1.2.3.7.9(5点)
【3連単】(軸1頭ながし)
1着:1.2.3.7.8.9
3着:1.2.3.7.8.9
相手:10(30点)
【3連単】(軸1頭ながし)
1着:1.7.8.9
3着:1.7.8.9
相手:10(12点)

━━━━━━━━━━━━━━

タグ: 競馬予想競馬エンペラーワケアルガル東京新聞杯きさらぎ賞イクイノックスフェブラリーステークス高松宮記念ウマ娘

予想記事の購入方法
■記事内の【マガブロを購入する】を押し、購入画面に進んでください。

クレジットカード、またはFC2ポイントで購入できます。FC2ポイントは銀行振込、電子マネー、クレジットカード、銀行ATMなどで購入できます。詳しくはFC2マニュアルでご確認ください。

ご利用いただくには、FC2IDアカウントが必要です(登録料無料)。IDをお持ちでない方は、記事の購入画面から新規登録できます。

携帯電話料金と一緒にお支払いしたい方は、ブログ『note』をご利用ください。『note』版はコチラから。

※キャリア決済は、docomo、au、ソフトバンクモバイルに対応。パソコンからも決済可能。noteに会員登録(登録料無料)している方のみ、ご利用になれます





↑応援クリックお願いします
最近の主な的中実績
【最近の主な的中実績】

■2月24日(土) 予想:5鞍
阪神12R
3連単  1万9,010円
3連複    1,970円(×2)
馬 連   2,030円(×3)
ワイド    670円(×3)
ワイド    200円(×10)
複 勝    120円(90%)
◎キタノエクスプレス2着(1人気)
※◎×でヒット

八代特別
3連複  1万5,940円
馬 連   2,360円(×2)
ワイド    870円(×2)
ワイド   1,430円
単 勝    320円(10%)
複 勝    160円(90%)
◎マリネロ1着(1人気)
◎※でヒット

中山12R
馬 連 1,710円(×2)
ワイド  630円(×2)
ワイド  720円
単 勝  360円(10%)
複 勝  160円(40%)
エレガントムーン1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
八代特別
3連単 6万 340円
3連複 1万5,940円
馬 連   2,360円
単 勝    320円(10%)
複 勝    160円(90%)
◎マリネロ1着(1人気)

筑後川特別
3連単 3万2,370円
3連複 1万1,440円
馬 連   2,380円
単 勝    140円(100%)
◎マイネルカーライル1着(1人気)

阪神12R
単 勝 2,010円(10%)
複 勝  290円(40%)
◎ウォータールグラン1着(7人気)

■2月18日(日) 予想:5鞍
フェブラリーS
3連単  153万 500円
3連複  19万7,060円
馬 連  2万7,850円
ワイド    5,500円
ワイド  1万1,050円
単 勝    3,800円(10%)
複 勝     850円(50%)
◎ペプチドナイル1着(11人気)
◎××でヒット

大和S
3連複  1万3,920円
馬 連   2,630円(×2)
ワイド    880円(×2)
ワイド   1,310円(×2)
複 勝    140円(80%)
◎タイセイブレイズ2着(1人気)
×◎△でヒット

小倉大賞典
3連複 2万2,740円

京都12R
3連単  940円(×3)
3連複  400円(×2)
馬 連 240円(×15)
ワイド 140円(×15)
ワイド 200円(×9)
単 勝 150円(100%)
◎セーヌドゥレーヴ1着(1人気)
◎××でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
大和S
3連単 10万7,340円
3連複  1万3,920円
馬 連   2,630円
複 勝    140円(90%)
◎タイセイブレイズ2着(1人気)

■2月17日(土) 予想:5鞍
ダイヤモンドS
3連単  3,670円(×5)
3連複   820円(×9)
馬 連  530円(×10)
ワイド  230円(×10)
ワイド  270円(×6)
ワイド  280円(×6)
◎ワープスピード3着(3人気)
▲△◎でヒット

京都牝馬S
馬 連    650円
ワイド    330円
ワイド 1万8,310円
単 勝    380円(40%)
ソーダズリング1着(2人気)

小倉城S
3連複  4,930円
馬 連 3,630円
ワイド 1,230円
ワイド 1,000円
複 勝  370円(50%)
◎ロコポルティ2着(5人気)
△◎※でヒット

京都12R
馬 連 970円(×3)
ワイド 420円(×3)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
金蹄S
複 勝 150円(70%)
グリューヴルム2着(3人気)

■2月11日(日) 予想:4鞍
京都記念
馬 連  460円(×11)
ワイド  250円(×11)
ワイド 3,250円
複 勝  120円(90%)
◎ベラジオオペラ2着(1人気)
▲◎×でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
バレンタインS
馬 連 6,300円
レッドヴェイロン1着(6人気)

小倉12R
単 勝 650円(10%)
複 勝 170円(90%)
◎サパテアール1着(3人気)

■2月10日(土) 予想:5鞍
洛陽S
馬 連 2,640円(×2)
ワイド  960円(×2)
ワイド 3,920円
単 勝  380円(20%)
複 勝  170円(80%)
◎ドゥアイズ1着(2人気)
◎××でヒット

東京12R 3連複  7,930円
馬 連  750円(×4)
ワイド  350円(×4)
ワイド 2,480円(×2)
複 勝  170円(90%)
◎ビーアイオラクル2着(3人気)
×◎△でヒット

紫川特別
馬 連 2,030円
ワイド  940円
ワイド 5,890円
複 勝  400円(30%)
ミヤジシャルマン2着(8人気)

クイーンカップ
3連複  1,800円
ワイド   380円
ワイド   530円
複 勝   180円(60%)
◎ルージュスエルテ3着(4人気)
※×◎でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
京都12R
3連単 9万5,330円
3連複 2万2,620円
複 勝    740円(90%)
◎トゥルブレンシア3着(10人気)

紫川特別
3連複 1万4,150円
馬 連   2,030円
複 勝    400円(90%)
◎ミヤジシャルマン2着(8人気)

飛鳥S
複 勝 200円(90%)
◎リフレーミング3着(5人気)

■2月4日(日) 予想:5鞍
東京新聞杯
3連単  60万4,680円
3連複  6万 250円
馬 連  1万1,400円
ワイド   2,550円
ワイド   3,800円
複 勝    300円(60%)
◎ウインカーネリアン2着(4人気)
△◎でヒット

京都12R
3連単  6,970円(×4)
3連複  1,370円(×2)
馬 連  620円(×7)
ワイド  260円(×7)
ワイド  530円
ワイド  340円(×8)
複 勝  120円(90%)
◎コンクエスト2着(1人気)
△◎○でヒット

小倉日経オープン
馬 連 2,150円(×2)
ワイド  570円(×2)
ワイド  260円(×6)
単 勝  240円(10%)
複 勝  120円(90%)
◎ダンディズム1着(1人気)
◎×※でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
由布院特別
3連単 10万3,970円
3連複  1万6,330円
馬 連   2,500円
複 勝    150円(90%)
◎ライツフォル2着(1人気)

きさらぎ賞
3連単 4万9,730円(×2)
3連複 1万6,500円(×2)
馬 連   3,720円
複 勝    430円(40%)
複 勝    480円(40%)
▲ウォーターリヒト2着(10人気)
◎シヴァース3着(8人気)

白嶺S
単 勝 150円(10%)
複 勝 110円(90%)
◎コスタノヴァ1着(1人気)

■2月3日(土) 予想:5鞍
東京12R
3連単  4,540円(×4)
3連複  1,090円(×3)
馬 連  460円
ワイド  220円
ワイド  290円(×2)
ワイド  490円
単 勝  250円(10%)
複 勝  120円(70%)
◎タマモロック1着(1人気)
◎▲○でヒット

JCベストレース受賞記念
3連複  5,310円
馬 連 1,900円(×3)
ワイド  430円(×3)
ワイド  870円(×2)
単 勝  690円(10%)
複 勝  520円(90%)
◎シュトルーヴェ1着(3人気)
◎※×でヒット

アルデバランS
3連単  3,510円
3連複  1,120円
馬 連  410円(×16)
ワイド  200円(×16)
ワイド  530円(×4)
単 勝  200円(10%)
複 勝  110円(90%)
◎オーサムリザルト1着(1人気)
◎○※でヒット

【超万馬券予想】 予想:9鞍
有田特別
3連単 11万8,050円
3連複  1万7,140円
複 勝    190円(90%)
◎ルクスメテオール3着(1人気)

JCベストレース受賞記念
複 勝 820円(50%)
レッドヴェロシティ3着(4人気)

■1月28日(日) 予想:5鞍
巌流島S
3連単  10万8,700円
3連複  1万7,500円
馬 連   4,370円
ワイド   1,470円
ワイド   3,140円
ワイド   1,780円(×2)
複 勝    220円(40%)
複 勝    420円(40%)
▲ピンクマクフィー2着(2人気)
◎ハギノモーリス3着(6人気)
×▲◎でヒット

京都12R
3連単  3万2,750円(×2)
3連複   6,220円(×2)
馬 連   1,120円(×4)
ワイド    470円(×4)
ワイド   2,270円(×2)
ワイド    930円(×2)
複 勝    350円(90%)
◎エーティーソブリン3着(7人気)
○△◎でヒット

根岸S
3連複  2,070円
馬 連 1,660円
ワイド  600円
ワイド  270円
単 勝 250円(40%)
エンペラーワケア1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:9鞍
小倉12R
3連単 4万3,610円
3連複 1万1,690円
単 勝    370円(10%)
複 勝    170円(90%)
◎ヴィンセドリス1着(2人気)

日田特別
馬 連 4,620円
複 勝  510円(90%)
◎ランカグア2着(7人気)

節分S
複 勝 250円(50%)
ディオスバリエンテ2着(6人気)

■1月27日(土) 予想:5鞍
東京12R
3連単  7万7,050円
3連複  1万4,910円
馬 連    820円(×3)
ワイド    380円(×3)
ワイド   1,560円
複 勝    120円(90%)
◎ホウオウムサシ2着(1人気)
○◎△でヒット

白富士S
3連単  3,310円
3連複  1,680円
馬 連  230円(×16)
ワイド  160円(×16)
ワイド  670円(×3)
単 勝  140円(100%)
◎ロードデルレイ1着(1人気)
◎×△でヒット

京都12R
馬 連 8,880円
ワイド 3,720円
ワイド 1,450円
複 勝  350円(40%)
エーデルサンライズ2着(4人気)

舞鶴S
3連単  1,660円(×2)
3連複   400円
馬 連  270円(×15)
ワイド  160円(×15)
単 勝  280円(40%)
バハルダール1着(2人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
東京12R
3連単  7万7,050円
単 勝    630円(10%)
複 勝    240円(40%)
◎コスモシャングリラ1着(3人気)

周防灘特別
馬 連 1,600円
単 勝  810円(10%)
複 勝  230円(90%)
◎カンチェンジュンガ1着(6人気)

■1月21日(日) 予想:4鞍
アメリカJCC
3連単  1万6,330円(×4)
3連複    3,320円(×3)
馬 連   1,160円(×2)
ワイド    440円(×2)
ワイド    920円(×3)
ワイド    770円(×2)
単 勝    650円(10%)
複 勝    190円(40%)
複 勝    260円(40%)
○チャックネイト1着(3人気)
◎クロミナンス3着(5人気)
○※◎でヒット

中山12R
3連単 1万8,170円

豊前S
ワイド  530円
ワイド 3,920円
複 勝  220円(50%)
タガノエスコート3着(2人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
中山12R
複 勝 220円(60%)
複 勝 370円(40%)
◎ウインレイアー2着(4人気)
○マイネルダグラス3着(7人気)

■1月20日(土) 予想:5鞍
石清水S
3連複  3万3,720円
馬 連   3,400円(×2)
ワイド   1,160円(×2)
ワイド   2,470円
複 勝    190円(90%)
◎セオ2着(3人気)
×◎※でヒット

京都12R
3連単  5,720円(×3)
3連複  1,430円(×2)
馬 連  350円(×11)
ワイド  220円(×11)
ワイド  510円(×3)
単 勝  310円(10%)
複 勝  130円(90%)
◎ゴールドサーベル1着(2人気)

和布刈特別
3連複  2,360円
馬 連 1,420円
ワイド  420円
ワイド  390円
単 勝  320円(10%)
複 勝  140円(50%)
ゴッドブルービー1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
石清水S
3連単 22万4,760円
3連複  3万3,720円
複 勝    790円(90%)
◎スミ3着(9人気)

■1月14日(日) 予想:5鞍
中山12R
3連単  11万 810円
3連複  1万2,970円
馬 連   2,400円
ワイド    840円
ワイド   3,280円
ワイド   1,130円(×4)
複 勝    430円(50%)
◎ホウキボシ3着(8人気)
×○◎でヒット

京成杯
3連複  1万5,150円
馬 連   1,670円(×4)
ワイド    660円(×4)
ワイド   3,980円
単 勝   1,150円(10%)
複 勝    310円(50%)
ダノンデサイル1着(5人気)

門司S
3連単  1万8,120円(×3)
3連複    3,660円(×6)
ワイド    750円(×3)
ワイド    780円(×3)
複 勝    240円(90%)
◎トウセツ3着(7人気)
▲△◎でヒット

日経新春杯
馬 連 1,580円
ワイド  600円
ワイド  840円
単 勝  410円(40%)
ブローザホーン1着(1人気)

【超万馬券予想】 予想:6鞍
中山12R
3連単 11万 810円
3連複  1万2,970円
複 勝    430円(90%)
◎ホウキボシ3着(8人気)

京成杯
複 勝 710円(30%)
◎コスモブッドレア3着(10人気)

■1月13日(土) 予想:5鞍
中山12R
馬 連 5,180円
ワイド 1,590円
ワイド 2,290円
単 勝  700円(10%)
複 勝  250円(50%)
◎エコロレジーナ1着(4人気)
◎××でヒット

淀短距離S
馬 連 2,220円(×3)
ワイド  780円(×3)
ワイド  960円(×2)
◎メイショウソラフネ2着(6人気)
※◎×でヒット
特定商取引法に基づく表示
【販売者名】
大谷内泰久

【運営責任者名】
大谷内泰久

【事業者のメールアドレス】
timechart555@gmail.com

【URL】
http://keiba-yoso.jp/

【販売価格】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、 購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入していただけます。 コンテンツの購入に必要な金額は、 1ポイント=1円として計算し、各コンテンツごとに異なります。 販売価格は各コンテンツごとに表示しています。 ▼参考URL //help.fc2.com/fc2id/manual/group79/315

【商品代金以外の費用】
記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツおよびポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。 購入前に当ブログが問題なく閲覧可能か、 必ず動作確認を行ったうえでご購入ください。 ▼推奨使用環境 //help.fc2.com/requirements

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。
訪問者カウンター