過去の重賞レース分析(2014年・秋華賞)

過去に執筆していた【重賞レース分析】のファイルを見つけたので、少しずつ投稿していきます

今の競馬とは関係ありませんが、何か参考になるところがあればと思います

今回は2014年の秋華賞(ショウナンパンドラ)です
成績はこちら(netkeiba)

~~~~~~~~~~
【秋華賞(GI)】

 京都の内回り芝2000mで争われた牝馬三冠の最終戦。戦前に積極的な競馬をすることを公言していた陣営が多く、レースはタテ長で動きのある激しい競馬になりそうだった。まあ、これは秋華賞ではいつもの光景。そんなだから、近年はとにかく差し馬ばかり上位に来ている。

 ハナを叩いたのはペイシャフェリス。軽快なピッチで後続を3馬身ほど離し、3ハロン通過34秒5、1000m58秒0という速いラップを刻んだ。結果、後半で好位勢も伸び切ることはできず、中団につけていた勢力が上位を占めることになった。勝ったのはディープインパクト産駒のショウナンパンドラだった。

◆1着 ショウナンパンドラ(3番人気・6番枠) 浜中俊
 ゲートは6番枠、ヤネは岩田康誠から乗り替わって騎乗歴があった浜中俊。春まではスタートでトモが入らないケースが多かったが、夏から急激に力をつけ、今は問題なくしっかりと出脚がつく。今回も五分に出て、浜中が無理には押さずに自然と流れに乗ってラチに寄せていった。

 ポジション的には9番手。ただ、前とは5馬身ほど離れていて、逃げているような競馬になった。外からプレッシャーを受けることはなく、じっくりと脚と息を残すことができた。リラックスしていて、追走ぶりも文句なかった。

 3コーナーを過ぎたあたりから、浜中が軽くうながして少しずつ差を詰めていく。やはりインを立ち回ってロスはなく、直線入り口では先頭との差が2馬身ほどになっていた。

 直線はペイシャフェリスとリラヴァティの間に突っ込んでいく。残り250mのあたりでラチ沿いから先頭に立ち、そこからも脚を使って少し離す。最後で少し苦しくなったところをヌーヴォレコルトに迫られたが、クビだけ凌いで1着でゴールに到達した。

 勝ち時計は1分57秒0(良)。これは96年にファビラスラフインがつくった1分58秒1のレースレコードを1秒1も上回る数字であり、コースレコード(1分56秒8、アドマイヤコスモス)とは0秒2差だった。高速馬場でレースが流れたといえ、文句なしに優秀な時計である。

 馬体重は紫苑S(2着)の時と同じで440キロだった。しかし、はち切れそうな体つきで毛ヅヤも良く、さらに上向いているという印象を与えた。坂路(栗東)の最終追いでは、少し頭が高いながらも楽な手応えでパワフルに登坂し、ラスト1ハロン12秒4をマークしていた。上昇度が際立っていたのがパンドラだった。

 浜中もうまく乗った。内にこだわったのは6番枠を引いた時から考えていたことだろう。思った通りにはいかないのが競馬だが、今回に関しては“すべてが思い通り”だったはずである。

 母がステイゴールドの妹で、近親にサッカーボーイがいるというしっかりした母系。これから成長していく可能性が高く、先が非常に楽しみだ。次走は体調をチェックしつつ決められることになる。

◆2着 ヌーヴォレコルト(1番人気・4番枠) 岩田康誠
 4番枠からのスタート、ヤネは主戦の岩田康誠。ゲートを少し右にモタれて出て、外から前を横切られもして少し引く格好になった。ただ、行き脚はついたし、内も開いていたので致命的なロスにはならずに流れに乗ることができた。

 パンドラの後ろの外にタガノエトワールがいて、その後ろのインにヌーヴォがいるという隊列。前の2頭と同じく、プレッシャーを受けずにじっくりと脚をタメることができた。

 後半のコーナーに入り、岩田は早めに動かすことをしない。そして、4コーナーに来て、捌くのが難しいとみたか手綱を引きながら大きめに外に出していった。このコース取りがパンドラとの明暗を分けることになったが、内を突いていたとしてどうなったかはわからないので結果論でしかない。

 直線に向いて少しモタついた感じだったが、トモが入るとグッとスピードを上げる。エトワールに迫ってこれを交わし、そこからさらに脚を使ってパンドラに襲いかかった。

 クビだけ負けて2着になったわけだが、とにかく中身の濃い走りだった。普通ならエトワールを交わしたあたりで鈍っているはずである。通ったコースがパンドラと逆だったら、ヌーヴォが楽勝していただろう。

 ローズSを勝ったあとは栗東トレセンに入って調整していた。1週間ほどは環境の変化にとまどっていたとのことだったが、CWを中心にじっくりと乗り込み、1週前追い切りと本追い切りでは併せ馬を行って大きく先着していた。

 オークスが444キロで、ローズSは438キロ。今回の調教後の計量で444キロに戻っていて、秋華賞当日はさらに増えて448キロだった。馬体にはゴツいぐらいの迫力が出ていたし、どんどん良くなっている段階だったのだろう。斎藤誠師は強めに負荷をかけつつ仕上げていく手腕があると思う。

◆3着 タガノエトワール(4番人気・12番枠) 小牧太
 12番枠からのスタート、ヤネはローズS(2着)に続いて2度目の騎乗だった小牧太。ゲートが開いてトモが入らずに少しアオッたが、これはいつものことである。すぐに行き脚がつき、気持ちも乗って小牧が抑えながらでジワッと上がっていった。1コーナー前でパンドラとヌーヴォの間に入り、内は避けて走らせた。

 そのままレースが進行し、3コーナーを過ぎても小牧は仕掛けない。4コーナーに来てが少し手綱を押し、エトワールがすぐに反応してスーッと外を進出した。大きなコースロスがあったわけではない。

 直線に入り、小牧は少し待ってから追い出しを開始する。残り250mのあたりで先頭に出かかったが、ここから頭が上がって推進力が出なくなった。内からパンドラが抜け、外からはヌーヴォに交わされて3着に落ちた。

 小牧はレースが終わって、「もう少し後ろで構えていた方が最後に伸びたかもしれない。(自分の)気が早かったかも…」と悔やんだ。特別に無理をしたわけではないが、少し馬の気分に任せて走らせすぎたのは確かである。

 大きく評価できるのは、直線で頭が上がったあとに止まらずに少し脚を使ったこと。精神力は強いものを持っている。ゲートダッシュが甘いあたり弱いところが残っていて、本格化した時が楽しみだ。 

◆6着 レッドリヴェール(2番人気・8番枠) 戸崎圭太
 8番枠からのスタート、ヤネは主戦の戸崎圭太。ゲート内で少しうるさくなったところでスタートを切られ、少しアオッて出る。行き脚はつき、内がバラけていたのでインに入ることができた。ポジション的にはヌーヴォの2馬身ほど後ろで、脚をタメて運んでいた。

 戸崎は明らかにヌーヴォを意識していて、3コーナーを過ぎても動かずに、4コーナーでヌーヴォが外に行くとあとを追って外に出した。

 直線の追い比べでは、ヌーヴォに一気に離されてしまう。自身なりに伸びてはいる感じだったが、前との差は大きくなり、最後は脚が止まって6着に終わった。

 今回はローズS(6着)から2キロ減って418キロ。これは阪神ジュベナイルFを勝った時と同じ数字である。筋肉のつき方などは悪くなかったが、やはりボリュームという点では物足りないところがあり、結局は成長力で負けている感じだ。ただ、ステイゴールド産駒は停滞期があったあとに突然成長し出すことがあり、早熟だったと決めつけるわけにはいかない。
プロフィール
著者:大谷内泰久

元『競馬研究』記者。的中精度の高さから、入社わずか2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組「ニュースバード」で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

ダイヤモンドS(令和2年)で3連単355万馬券のビッグヒットを達成。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

◆9月19日(土)
【土曜メイン版】(500円)
 …前日23時ごろ
レインボーS、ケフェウスS
中山12R、中京12R

【土曜当日提供版】(価格未定)
 …当日11時ごろ
最強競馬予想+超万馬券予想
(いずれも9R以降)

◆9月20日(日)
【日曜メイン版】(500円)
 …前日23時ごろ
ラジオ日本賞、ローズS
中山12R、中京12R

【日曜当日提供版】(価格未定)
 …当日11時ごろ
最強競馬予想+超万馬券予想
(いずれも9R以降)

◆9月21日(月)
【月曜メイン版】(500円)
 …前日23時ごろ
セントライト記念、JRAアニバーサリーS
中山12R、中京12R

【月曜当日提供版】(価格未定)
 …当日11時ごろ
最強競馬予想+超万馬券予想
(いずれも9R以降)
予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
タグ

競馬 競馬予想 中央競馬 3連単 万馬券 万馬券予想 中央競馬予想 無料予想 馬券 3連単予想 無料競馬予想 アーモンドアイ サートゥルナーリア ダノンスマッシュ 天皇賞 グランアレグリア ダノンファンタジー インディチャンプ クロノジェネシス ラッキーライラック セントライト記念 キセキ アドマイヤマーズ サリオス コントレイル 高松宮記念 阪神大賞典 スプリングS ローズS オークス ラヴズオンリーユー ダービー 安田記念 レイデオロ ヴェロックス アイビスサマーダッシュ 大阪杯 ユニコーンS エルムS 関屋記念 函館スプリントS クイーンS マーメイドS タワーオブロンドン エプソムカップ モズスーパーフレア 皐月賞 日本ダービー 目黒記念 デュードヴァン レパードS ダノンプレミアム セントウルS 函館2歳S 函館記念 宝塚記念 フィエールマン ダノンキングリー ラジオNIKKEI賞 京成杯オータムH 中京記念 小倉記念 金鯱賞 フィリーズレビュー 札幌記念 北九州記念 新潟記念 桜花賞 新潟2歳S 府中牝馬S プロキオンS ブラストワンピース 七夕賞 ステルヴィオ キーンランドカップ NHKマイルC NHKマイルカップ ノームコア マイラーズカップ ダイヤモンドS フローラS ヴィクトリアマイル 秋華賞 デアリングタクト 紫苑S 若葉S ヴェルトライゼンデ 小倉2歳S サトノフラッグ 平安ステークス アエロリット 根岸S フェアリーS シルクロードS 根岸ステークス きさらぎ賞 東京新聞杯 中山牝馬S アメリカJCC 札幌競馬 アメリカジョッキークラブカップ 新潟競馬 アイビスSD ライオンボス オジュウチョウサン 東海ステークス 東海S マーチS モズアスコット レシステンシア ワーケア 弥生賞 有馬記念 ローズステークス フェアリーポルカ 阪神ジュベナイルF ファルコンS タイムフライヤー 新潟大賞典 葵ステークス 日経新春杯 ミヤジコクオウ 菊花賞 ジャパンカップ クイーンステークス 京成杯 マテラスカイ 阪急杯 ミライヘノツバサ エプソムC ニュージーランドT 京王杯スプリングC 川崎競馬 阪神牝馬S スカイグルーヴ アンタレスS 鳴尾記念 CBC賞 フィアーノロマーノ 共同通信杯 クリノガウディー ダービー卿チャレンジT 大井競馬 中山記念 サングレーザー CBC賞 日経賞 シンザン記念 京都大賞典 毎日王冠 カペラS マイルチャンピオンシップ チャンピオンズC チャンピオンズカップ マイルCS スプリンターズS エリザベス女王杯 グレイトオーサー オールカマー 小倉大賞典 フェブラリーS 京都記念 モンファボリ 神戸新聞杯 朝日杯フューチュリティS タガノビューティー アクアミラビリス キーンランドC サウンドキアラ 福島牝馬S 新潟2歳ステークス 京都新聞杯 ユーキャンスマイル ミスターメロディー 愛知杯 中山グランドジャンプ カフェファラオ 予想 メイショウテッコン エタリオウ アーリントンC グローリーヴェイズ ダイアトニック アルゼンチン共和国杯 みやこS 船橋競馬 ルフトシュトローム 札幌2歳S マイスタイル エアスピネル 浦和競馬 南関東 ステイヤーズS 青葉賞 シゲルピンクダイヤ プリモシーン ミッキーチャーム ウィクトーリア ダノンチェイサー エアウィンザー 京都金杯 三連単予想 中山金杯 京都2歳S オーシャンS ホープフルS チューリップ賞 パクスアメリカーナ 毎日杯 リアアメリア ターコイズS 中日新聞杯 ヴァロックス 富士S 京都牝馬S 競艇 チャレンジカップ 穴予想 マイラーズC クイーンカップ 武蔵野S ラストドラフト スワンS シリウスS アルテミスS インティ ニシノデイジー デイリー杯2歳S ビーチサンバ 鞍馬S 大井競馬予想 ロシュフォール 東京スポーツ杯2歳S ソダシ トゥインクル アーモンドイ WIN5 カントル 京阪杯 競艇予想 フラワーC ワイドファラオ 南関東競馬 地方競馬 スワーヴリチャード 新潟大賞典予想 ルックトゥワイス マーメイドステークス コロナ ミッキースワロー ワグネリアン WIN5 皐月賞予想 ミスターメロディ 府中牝馬S 3連予想 オ-クス タイセイビジョン 天皇賞春 札幌2歳S 大穴予想