重賞レース分析アーカイブ(2014年・府中牝馬S)

今回の【重賞レース分析アーカイブ】は、2014年の府中牝馬ステークス(勝ち馬ディアドラマドレ)です。

結果はこちら(netkeiba)

~~~~~~~~~~
【府中牝馬S(GII)】

 エリザベス女王杯やマイルチャンピオンシップにつながる牝馬同士の戦い。府中の芝は開催2週目でAコース使用2週目になり、スピードと瞬発力が要求される状態だった。

 レースを先導したのは予想通りオツウ。後続を3馬身ほど離す形になったが、3ハロン通過が35秒0、1000mが59秒2で、平均より少し遅いかなぐらいといったペースだった。そんな状況の中、直線で外から伸びた4歳のディアデラマドレが勝利をものにしている。

◆1着 ディアデラマドレ(4番人気・5番枠) 藤岡康太
 5番枠からのスタート、ヤネは主戦の藤岡康太。ゲートの出は速くなかったが、トモが入らなかったというわけでもない感じだった。康太は出す気はなくて自然とポジションが下がり、後方2番手を進む形になった。

 康太は意識していたか前に壁をつくり、抑えつつ脚をタメる乗り方をしていた。油断するとスイッチが入りそうな感じもあったが、息を入れて走らせることができた。

 直線に向かい、外に動かして追い出しを開始する。少し頭が高いところがあるものの、独特の大きなフットワークでしっかりと脚を伸ばす。とりわけ直線半ばで使った脚は素晴らしかった。しかし、さらに後ろにいたスマートレイアーが外から不気味に迫ってくる。残り200mを過ぎてからは両実力牝馬による壮絶な叩き合いになった。

 レイアーが並んできて交わされそうな感じになったが、マドレも反応して簡単には抜かせない。渋太く脚を使い、レイアーは最後で勢いが鈍って半馬身差で勝利をつかむ結果となった。勝ち時計は1分45秒7(良)で、自身の上がりは33秒2だった。

 母のディアデラノビアは、牝馬重賞を3勝し、GIはオークス、マイルチャンピオンシップ、エリザベス女王杯ですべて3着とタイトルを手にすることはできなかった。秋は母の無念を晴らすべく、GIに乗り込むことになる。

 3歳だった昨年はエリザベス女王杯に挑戦して7着だった。今年はエリザベス女王杯(11月16日)を進むか、マイルチャンピオンシップ(11月23日)を使うか、現時点で未定とのことである。どちらを選択するにしても、注目される存在になることは間違いない。

◆2着 スマートレイアー(1番人気・3番枠) 横山典弘
 3番枠からのスタート、ヤネは初コンビとなった横山典弘。ゲート内で左を向いていて、スタートが切られるとアオッて後手に回る。ただ、阪神牝馬S(1着)の時ほどヒドい出遅れではなかった。

 そのまま最後方に下がり、道中は慎重に抑えながらの追走になった。気性的にハミを噛むのは致し方ないところがあるが、ノリが丁寧に誘導した分で何とか息が入っていた。

 直線に入る少し前に来ると、ノリが大外を回して追い出しに入る。ノリのことだから「内を回って直線で仕掛けを待つ」という攻め方も考えていたと思うが、春のヴィクトリアマイルで気をつかって馬群に突っ込まないところがあったので、陣営か馬主から外を回すようオーダーが出てしたものと推察される。

 レイアーは力感あふれる走りでグッと伸び、直線半ばでマドレを射程に入れる。交わしそうな感じもあったが、マドレも脚を使っているだけになかなか前には出られない。クビから半馬身ほどの差が詰まらず、最後は勢いが鈍って2着に終わった。

 テンションが高いところがあり、ゲートが安定しないし、道中もガッと行ってしまわないか心配なところがある。京都の2200mで脚をタメられるかは微妙であり、マイルチャンピオンシップを使うのがベターだろう。マドレと同じ4歳世代。精神面での成長を待ちたい。

◆3着 ホエールキャプチャ(2番人気・12番枠) 蛯名正義
 外の12番枠からのスタート、ヤネは昨年の当レース(1着)でも跨っていた蛯名正義。いつも通りゲートが開いて軽くアオり、一旦は後方に下がる。蛯名がうながしてハミを取らせ、ジワーッという感じで2番手に上がった。道中はオツウと離れて落ち着いて走っていた。

 直線に向いて自然とオツウとの差が詰まり、蛯名はなかなか仕掛けない。これは「一頭になるとソラをつかう」というホエールの気性を考えてのことである。先頭に並んでからも十分に待ち、しごき出したのは残り300mを過ぎたあたりだった。

 体力が残っているので脚を使って先頭に躍り出たが、やっぱり気を抜いている感じ。馬体が合えばまた別だったが、マドレとレイアーは離れた外で併せ馬で伸びていた。最後は完全に集中力が切れたか、スタミナが切れたかどちらともわからない感じでスピードが落ち、何とか3着に残るという内容だった。

 ヴィクトリアマイルを勝つなどGIでの好走実績は多く、能力が高いことは説明するまでもない。しかし、6歳になった今も気性の問題がつきまとう。次はエリザベス女王杯を予定していて、ただ、馬場が悪くなりそうな場合は翌週のマイルチャンピオンシップに切り替えるとのことだ。

◆4着 キャトルフィーユ(3番人気・2番枠) 福永祐一
 内の2番枠からのスタート、ヤネはレコード勝ちした札幌のクイーンSに続いて福永祐一。ゲートが開いてポンと好スタートを切り、物見をしたようで外にヨレてしまう。少し行って3コーナーに入るところで外から寄られて引いて下がるシーンがあり、これが痛かった。

 道中は中位の少し後ろのインでじっくりと。直線は内めで馬群を割る形になり、自身なりにしっかり伸びて4着に上がった。スパッと切れるタイプではなく、上がりの速い競馬のなかでよく頑張ったと言えるだろう(自身の上がりは33秒9)。本格化していることはアピールできた。
プロフィール
著者:大谷内泰久

元『競馬研究』記者。的中精度の高さから、入社わずか2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。不可能と言われた馬連の全レース購入・均等買いでの年間回収率プラスを達成した実績あり。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組「ニュースバード」で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

ダイヤモンドS(令和2年)で3連単355万馬券のビッグヒットを達成。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

◆10月3日(土)
【土曜メイン版】(500円)
 …前日23時ごろ
秋風S、シリウスS
中山12R、中京12R

【土曜当日提供版】(価格未定)
 …当日11時ごろ
最強競馬予想+超万馬券予想
(いずれも9R以降)

◆10月4日(日)
【日曜メイン版】(500円)
 …前日23時ごろ
スプリンターズS、ポートアイランドS
中山12R、中京12R

【日曜当日提供版】(価格未定)
 …当日11時ごろ
最強競馬予想+超万馬券予想
(いずれも9R以降)
予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
タグ

競馬 競馬予想 中央競馬 3連単 万馬券 万馬券予想 中央競馬予想 無料予想 馬券 3連単予想 無料競馬予想 アーモンドアイ サートゥルナーリア ダノンスマッシュ 天皇賞 コントレイル ダノンファンタジー グランアレグリア セントライト記念 インディチャンプ クロノジェネシス ラッキーライラック サリオス キセキ アドマイヤマーズ ローズS スプリングS 高松宮記念 阪神大賞典 オークス ラヴズオンリーユー 安田記念 レイデオロ ダービー ヴェロックス アイビスサマーダッシュ 大阪杯 ユニコーンS クイーンS 函館スプリントS マーメイドS タワーオブロンドン 日本ダービー 皐月賞 モズスーパーフレア フィエールマン エルムS 目黒記念 エプソムカップ 関屋記念 レパードS 函館2歳S 中京記念 ラジオNIKKEI賞 小倉記念 セントウルS オールカマー 神戸新聞杯 京成杯オータムH 宝塚記念 函館記念 ダノンプレミアム デュードヴァン ダノンキングリー 新潟記念 キーンランドカップ ブラストワンピース 金鯱賞 新潟2歳S フィリーズレビュー 札幌記念 府中牝馬S プロキオンS 桜花賞 ステルヴィオ NHKマイルC 北九州記念 七夕賞 マイラーズカップ ヴィクトリアマイル 秋華賞 ダイヤモンドS フローラS NHKマイルカップ ノームコア 紫苑S 小倉2歳S フェアリーS デアリングタクト 根岸ステークス 根岸S ヴェルトライゼンデ きさらぎ賞 東京新聞杯 シルクロードS 若葉S アエロリット サトノフラッグ 平安ステークス 札幌競馬 ワーケア 東海ステークス アメリカジョッキークラブカップ 東海S 新潟競馬 中山牝馬S モズアスコット 弥生賞 ライオンボス ローズステークス レシステンシア アメリカJCC マーチS オジュウチョウサン アイビスSD タイムフライヤー 日経新春杯 ミヤジコクオウ 京成杯 葵ステークス 菊花賞 ジャパンカップ クイーンステークス 有馬記念 新潟大賞典 ファルコンS 阪神ジュベナイルF フェアリーポルカ 日経賞 共同通信杯 阪急杯 CBC賞 ミライヘノツバサ 大井競馬 フィアーノロマーノ スカイグルーヴ モンファボリ アンタレスS CBC賞 クリノガウディー ニュージーランドT 阪神牝馬S 中山記念 ミッキースワロー 川崎競馬 シンザン記念 グレイトオーサー 京王杯スプリングC サングレーザー 小倉大賞典 マテラスカイ エプソムC フェブラリーS 毎日王冠 スプリンターズS チャンピオンズカップ マイルCS マイルチャンピオンシップ 京都大賞典 エリザベス女王杯 チャンピオンズC 鳴尾記念 京都記念 ダービー卿チャレンジT カペラS カフェファラオ アルゼンチン共和国杯 みやこS サウンドキアラ 福島牝馬S グローリーヴェイズ ユーキャンスマイル エタリオウ 予想 アクアミラビリス 朝日杯フューチュリティS 京都新聞杯 青葉賞 ダイアトニック タガノビューティー ステイヤーズS ルフトシュトローム ミスターメロディー メイショウテッコン アーリントンC ウィクトーリア シゲルピンクダイヤ 中山グランドジャンプ プリモシーン 船橋競馬 南関東 エアスピネル マイスタイル 札幌2歳S 愛知杯 ミッキーチャーム 浦和競馬 新潟2歳ステークス キーンランドC ホープフルS 中山金杯 ダノンチェイサー オーシャンS 京都2歳S エアウィンザー 三連単予想 チューリップ賞 パクスアメリカーナ 京都金杯 クイーンカップ 中日新聞杯 ヴァロックス 富士S 毎日杯 リアアメリア 穴予想 チャレンジカップ 京都牝馬S ターコイズS 競艇 マイラーズC ニシノデイジー 大井競馬予想 デイリー杯2歳S ラストドラフト 武蔵野S アルテミスS スワンS ロシュフォール 鞍馬S インティ 東京スポーツ杯2歳S トゥインクル ビーチサンバ ソダシ シリウスS カントル WIN5 マーメイドステークス 3連予想 札幌2歳S オ-クス WIN5 ミスターメロディ 府中牝馬S 競艇予想 京阪杯 アーモンドイ 大穴予想 スワーヴリチャード 地方競馬 皐月賞予想 ワグネリアン 天皇賞春 タイセイビジョン ルックトゥワイス 新潟大賞典予想 南関東競馬 コロナ ワイドファラオ フラワーC