プロフィール
著者:大谷内泰久

『競馬研究』元記者。的中精度の高さから、入社2年目で栄誉ある本紙予想者に抜てきされる。不可能と言われた馬連の全レース購入・均等買いでの年間回収率プラスを達成。ジョッキーや調教師とのコネクションが最大の武器。

多くの競馬著書や雑誌執筆があり、「ジョッキー格付けランキング」はTBSの情報番組で取り上げられた。NHK教育テレビ(Eテレ)の競馬ドキュメント番組で主役を務めたことも。

ダイヤモンドS(令和2年)で3連単355万馬券のビッグヒットを達成。専門紙時代から高配当馬券を的中させることで定評があった大谷内泰久の予想に注目を!



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックお願いします
今週末の予想提供
※提供レース、提供時間、価格は変更になる場合があります

◆4月17日(土)
【土曜メイン版】(350円)
 …前日23時ごろ
中山グランドJアーリントンカップ

【土曜最終レース版】(250円)
 …当日12時ごろ
中山12R、阪神12R

◆4月18日(日)
【日曜メイン版】(350円)
 …前日23時ごろ
皐月賞アンタレスS

【日曜最終レース版】(250円)
 …当日12時ごろ
中山12R、阪神12R

【日曜無料予想版】(無料)
 …当日13時ごろ
新潟11R
予想のスタンス
わたくし大谷内泰久は、「競馬専門紙」、「会員制予想会社」、「インターネット予想」と、様々な業界で予想を出してきました。予想家としてのキャリアは20年を超え、ジョッキーや調教師、調教助手、馬主、エージェントなどと強いコネクションを築くことができました。

500円で売られている専門紙の予想は、単純に買い目を並べていて、“均等買い”の形になります。予想会社は情報料が1開催で数万円になることもあり、資金配分を指定します。お客さまの中には、1レースに100万円を超えるような投資をする方もおりました。インターネットサイトでの予想では、月に2,000円とか3,000円の料金をいただいていました。馬券の購入額は、ユーザーによって差があるでしょう。

購入額が違えば、馬券の種別や攻め方が変わり、買い目までも変わってきます。競馬ファンの購入額には大きな幅があり、すべての方に対応する予想を出すのは現実的には難しいです。そこが競馬予想家の悩みどころになります。

現在は均等買いの形で予想を出しています。馬券の種別は「単勝&複勝」、「馬連&ワイド」、「3連複」、「3連単」になります。「これらをすべてを買ってください」という意味ではなく、専門紙的な買い目の出し方をしています。

均等買いということもあり、積極的に穴予想で攻めるケースが多くなっています。堅い軸馬から流す場合は、いわゆる“ヒモ荒れ”を狙っていきます。もちろん、堅いレースとみた時は少ない点数で勝負します。

「予想を買うという行為に抵抗がある」、「買い目は自分で決めたい」という競馬ファンは多いです。しかし、これまでに提供してきた予想サイトのユーザーには、推奨されている穴馬を買い目に足したり、予想をアレンジして購入するという形で利用している方がおりました。

予想の出し方については、なるべく多くのお客さまのご要望に応えるべく、模索しつつ柔軟に変えていきたいと考えております。

専門紙の本紙予想時代から、ポツンと一人だけ◎を打った本命馬が激走することで定評がありました。高配当馬券的中にご期待ください。

予想の印や買い目だけでなく、「結論に至った根拠」もしっかりと書きます。記事の分量が多くなりすぎるという問題はあるのですが、「狙い馬の状態の解説」、「予想されるレース展開」、「騎手や調教師の本気度」などを丁寧に解説します。

競馬とは不確定要素が多く、結果を読むのは簡単ではありません。当たることもあれば外れることもあります。そんな競馬予想ではありますが、有益な情報をお届けできるよう、全力で取り組んでまいります。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

クリソベリルの国内初黒星の話と、川田将雅のGI連敗の話…

はじめに…
もろもろの事情であまり時間が取れず、サッと書いたコラムになります。いつものことではありますが、あっちこっちに飛んだりで読みづらい文章になっています。この点、ご容赦ください…【泰】


先週の日曜(12月7日)に行われたダート最強馬を決めるチャンピオンズカップ(GI)。勝ったのは戸崎圭太騎乗で4番人気のチュウワウィザードで、断然の1番人気に支持された川田将雅騎乗のクリソベリルは4着に終わった。

クリソベリルの敗北に関し、ネット上では一部のファンが不満を漏らしている…。

GIとなると特別参加の馬券購入者もいるため、注目される要素がある馬には必要以上に人気が集まりがち。結果は別にして、クリソベリルの単勝140円というのは、個人的にはオッズが低すぎたと思う。詳しいことはここでは書かないが、菊花賞のコントレイル=単勝110円とか、ジャパンカップのアーモンドアイ=220円なども十分に異常な配当だった。

一部で騒ぎになっていること。それは「GIの川田だから勝たせられなかった」、「川田と音無秀孝調教師がレース後に『(クリソベリルが)本調子になかった』という内容のコメントを発した」、この2点になる。

ちと話がそれるが、GIだろうと重賞だろうと下級条件だろうと、馬を勝たせるのは大変なこと。調教師サイドの視点からは、基本的に体質が弱い競走馬を競馬に耐えられる状態まで仕上げるのは簡単ではない。

ジョッキーサイドからの視点では、知能レベルが低く、どのくらいの距離を走るかわからないし、勝つことを目標としたりもしない競走馬を御して勝利にみちびくのは難題である。

戻って川田…。今年はJRAのGIで17戦0勝であり、騎乗馬、成績は以下のようになっている。

高松宮記念     ダノンスマッシュ  10着  3人気 モズスーパーフレア
大阪杯       ブラストワンピース  7着  3人気 ラッキーライラック 
桜花賞       リアアメリア    10着  4人気 デアリングタクト
天皇賞(春)    エタリオウ     10着  6人気 フィエールマン
ヴィクトリアマイル ダノンファンタジー  5着  6人気 アーモンドアイ
オークス      リアアメリア     4着  8人気 デアリングタクト
ダービー      ガロアクリーク    6着  7人気 コントレイル
安田記念      アドマイヤマーズ   6着  6人気 グランアレグリア
宝塚記念      ブラストワンピース 16着  4人気 クロノジェネシス
スプリンターズS  ダノンスマッシュ   2着  3人気 グランアレグリア
秋華賞       リアアメリア    13着  2人気 デアリングタクト
菊花賞       ガロアクリーク    9着 10人気 コントレイル
天皇賞(秋)    ダノンプレミアム   4着  6人気 アーモンドアイ
エリザベス女王杯  リアアメリア     7着  7人気 ラッキーライラック
マイルCS     アドマイヤマーズ   3着  5人気 グランアレグリア
ジャパンカップ   グローリーヴェイズ  5着  4人気 アーモンドアイ
チャンピオンズC  クリソベリル     4着  1人気 チュウワウィザード

参戦したレースの勝ち馬を見ると、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、グランアレグリア、クロノジェネシス、フィエールマン、ラッキーライラックと、GIで複数回の勝利がある超強豪ばかり。これではたまったものではない。

高松宮記念のダノンスマッシュは、馬が得意としない道悪だった。唯一、1番人気馬への騎乗だったクリソベリルも、終わってみてほぼノーチャンスだったことがわかった(詳しくは後述する)。

そう、今年の川田に関して、これまでのGIで勝つ可能性は極めて低かった。誰が乗っても結果は同じである。

田中勝春はGIで139連敗した。三浦皇成はGIに180戦以上騎乗し、いまだ未勝利である。この2人に関してはどちらもレベルの低いジョッキーだが、GIを勝つのがいかに難しかを示す材料にはなると思う。

川田が一流のジョッキーであることは疑う余地のない事実。全国リーディングはルメールに次いで2位となっていて、12月6日現在の2人のデータを並べてみた。

     ルメール 川田将雅
勝利数   193勝   162勝 
勝 率   .264    .285
連対率   .436    .470
3着内率   .547    .572
単回収率 75.01%  84.47%  
1人気回数 368回   285回
1人気勝率  .350    .428

前置きとして、「ルメールが乗っているから」、「川田将雅が乗っているから」という理由で人気になる部分が少しはある。勝利数には31の差があるが、連対率等の数字はすべて川田が上。1番人気馬に騎乗したのは、ルメールの方が83回も多くなっている。何のことはない、リーディング順位に差があるのは「ルメールの方が勝てる可能性が高い馬に多く乗っている」というだけのことだ。

1番人気馬での勝率も川田の方が優秀。特筆すべきは単勝回収率で、人気馬に乗るケースが多いのに84.47%というのは驚異的な数字と言っていい。ルメールの75.01%も上々である。

また話がそれて申し訳ないが、固定ファンが単勝を買っていると思われる藤田菜七子は、単勝回収率が37.50%とかわいそうな数字になっている。

川田は調教師や馬主から大きな信頼を受けている。依頼が集まり、乗ってもらうのも難しいというのはよく聞く話だ。私は馬乗りではないが、腕っぷしの強さとか、馬を御す能力の確かさとか、さすがに見ていればわかる。

先週に阪神で行われたチャレンジカップでは、レイパパレを駆って勝利を収めた。我が強く、線も細くて完成前の牝馬…。無敗馬なので単勝160円と過剰人気になっていたし、大変な状況だったと言える。

実戦に行くと予想された通り行きたがってしまい、ヒヤヒヤものの道中になった。それでも直線で川田が何とか押し、最後まで保たせた。武豊とか福永祐が乗っていたら負けていただろう、と普通に思う。

川田は確かな腕を持ったジョッキー。これを“私見だろう”と言うなら、別にそれでいい。

なお、これまで予想コラム内では、ジョッキーのレベルや特長について触れてきた。乗れないジョッキーは「乗れない」とはっきりと書いている。今後もこのスタンスは崩さないでいきたい。

次にチャンピオンズカップにおける、クリソベルの状態面に関する話…。先にも書いたが、結論から言えば「勝てるようなデキになかった」ということになる。

540キロ級の巨漢馬。これまで海外を含めて10戦しているが、チャンピオンズカップを使う前までの最短のレース間隔は中8週だった。チャンピオンズカップは中4週弱で、“初めて経験する詰まった間隔”だったことになる。

11月3日に大井のJBCクラシックを強い競馬で快勝。その後、初めて時計になるところ乗ったのが19日で、坂路(栗東)で51秒4だった。順調だったからとも取れるが、今にして思えば少し違和感を感じる。太くなっていたので、早い段階で強く追ったのかもしれない。また、ここでやりすぎて疲れが出た可能性もある。

1週前には川田が跨ってしっかりと追われ、52秒6-12秒4でダンビュライトと同入。数字は悪くないが、モタモタしたところがあった。最終追いにも川田が跨り、54秒0-12秒5でサンライズノヴァに少し遅れている。一杯に追われたわけではないが、川田がうながしても進んでいかない感じだった。

もともと攻めではそう動かないタイプだし、普段から調教を見ているトラックマンは「何か違うけど、大丈夫なのでは…」と思った人が多かったかもしれない。

3日(木)の計量は562キロで、JBCクラシックの542キロと比べて20キロ増。そして、レース当日は554キロだった。

4日に坂路で15-15を乗り、レース前日となる5日にも坂路に入れて58秒5-12秒8と強めに追われた。言うまでもなく、これは異例の調整。藤沢和雄厩舎とか普段からこんな調整をすることがある厩舎ならともかく、音無秀孝厩舎ではそうあることではない。仕上げるのに苦労していたのだろう。

もともと巨漢馬は難しい。冬場ともなると、汗をかかずに絞りづらいし、寒くて馬が硬くなるので、よりやっかいだ。安藤勝己元騎手は、チャンピオンズカップが終わったあとにツイッターで「馬体重然り明らかに精彩欠いた。初めて間隔詰めて調整難しかったんやろな」と書いている。

音無師も川田騎手もレースに向けてのコメントでトーンは上がらなかった。正直、「レース前の段階で負けた言い訳をしていた」という感じである。勝つとは思っていなかったはずだ。

ただ、不安を吐露しつつも「勝てるだろう」というような話をしていた。特に大きいレースの場合、状態に問題があったとしても走る前に「不安がある」とは言いづらい。今回は2人とも正直に話した方だと思う。

レースが終わって、川田は「今の具合でよくここまできた。能力の高さで4着まで辛抱してくれた」と話し、音無師は「追い切りの動きからパッとしなかったし、前日にやらないといけないくらいだったから…」とコメントした。

これが原因でネット上で叩く人間が出てきたわけだが、そもそも戦前は威勢が良く、負けたあとで「本調子にはなかった」と発言するというのは昔からしょちゅうある話。今回のクリソベリルの敗退でああだこうだ言われても、「今さら?」という感じがある。

川田、音無の両氏の立場に立って考えると、人気を裏切って負けはしたものの、重圧から解放されてホッとしているのではないだろうか。

悪く言うわけでなく、「ツイッターとかで叩いているのは、ホースマンたちの苦労をきちんと知らない人なんだろうな」と思う。競走馬は基本的にひ弱。人間の7倍も8倍もの体重があるのに、脚の太さは人間と変わらない。脚元、トモなどがしっかりしない馬が多いのは当然だろう。内臓も弱いし、怪我や病気であっけなく死んでしまう。

チャンピオンズカップの前日、名牝スイープトウショウが亡くなった。享年19、腸捻転だっという。スワーヴリチャードの仔を宿していて、前日まで元気だったとか。非常に痛ましい報であり、ただ、競馬の世界の日常である。

競走馬を仕上げるのがいかに大変かは、一口馬主で何頭か馬を持ったことがある人はわかっているかもしれない。牧場にいて体が固まらず、なかなか厩舎に入る段階までいかない。入厩できたとしても、攻めを強めていく過程ですぐに体にガタがきて牧場に戻ってしまう。そうこうしているうちに引退、ということを経験しているだろう。

あと、育成ゲームのダービースタリオンでは、管理馬が前触れもなく死んだりする。これは虚構とか誇張ではない。繰り返しになるが、競馬の世界は甘くないし、また、残酷なものである。

今一度、大きな馬の話を。体が大きいと大変というのは、人間と一緒である。アスリートも大きな人は怪我をしやすい。プロ野球選手が筋トレをしてムキムキになり、怪我を離脱してしまう…。そんなことがあると、元プロ野球選手の解説者が「筋トレをするからだ!」と叱りつける。まあ、よく見る光景だ。

メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有は筋トレ推奨派。先の日本シリーズでソフトバンクホークスがジャイアンツをこてんぱんに負かしたしたことに関しても、「体が違う」と話している。

でも、ダルビッシュにしてもソフトバンクの選手にしても、体格が良かったとしてもマッチョマン風になっているわけではない。詳しいことはわからないが、古い人が言う筋トレとは根本から何か違うのだろう。

ムキムキになって壊れやすくなったといえば、わかりやすいのが元プロ野球選手の清原和博だ。体がスマートだった時の方が、シャープに動けていたし、スイングスピードが速かった気がする。ボリュームアップしてからどこか鈍重になり、故障も多くなった。

ムキムキ清原の対比として挙げたいのがイチローである。彼が必要以上に体を大きくすることに懐疑的なのは、みなさんもご存知と思う。イチローはとにかく怪我をしなかった。コンパクトな方が体にかかる負担は少ないし、コントロールもしやすいのだと思う。

競走馬の世界でイチローに当てはまるのがディープインパクトと言えるかもしれない。ディープの馬体重は、デビュー戦(1着)の時が452キロで、引退レースの有馬記念(1着)の時が438キロ。トモが少し甘そうだったし、関係者が楽だったはずはないが、競走馬につきまとう「故障しそうで心配」と思わせるところが少なかった。

「馬体が大きいと頑強でパワーがある」と思い込んでいる人もいるようだが、実際は逆である。例えば巨漢馬は芝の道悪が苦手な場合が多いし、調教でも力の要る馬場だと動けなかったりする。あと、緩さがある大きな馬は斤量に敏感だ。

書きたいことはもっとたくさんある。でも、要点は書けたのでこのぐらいで締めたい。ネット上で多く見られる「状態が悪いなら使うべきではない」という意見についても触れたかったが、これはまたの機会に…。

ジョッキーの力量、競走馬の仕上げについてのお話は、予想コメントやブログ、ツイッターで書いていきたいと思う。

最後になって恐縮だが、チャンピオンズカップを勝ったチュウワウィザード、戸崎圭太騎手、大久保龍志調教師ら関係者には拍手を送りたい。

タグ: 競馬 競馬予想 クリソベリル 川田将雅 阪神ジュベナイルF ソダシ メイケイエールサトノレイナス 中日新聞杯 カペラステークス

予想記事の購入方法
■記事内の【マガブロを購入する】を押し、購入画面に進んでください。

クレジットカード、またはFC2ポイントで購入できます。FC2ポイントは銀行振込、電子マネー、クレジットカード、銀行ATMなどで購入できます。詳しくはFC2マニュアルでご確認ください。

ご利用いただくには、FC2IDアカウントが必要です(登録料無料)。IDをお持ちでない方は、記事の購入画面から新規登録できます。

携帯電話料金と一緒にお支払いしたい方は、ブログ『note』をご利用ください。『note』版はコチラから。

※キャリア決済は、docomo、au、ソフトバンクモバイルに対応。パソコンからも決済可能。noteに会員登録(登録料無料)している方のみ、ご利用になれます





↑応援クリックお願いします
最近の主な的中実績
■4月11日(日)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
春雷S
3連単 1万1,410円
3連複   2,410円
馬 連   1,830円
単 勝    320円(60%)
ジャンダルム1着(1人気)
○×◎でヒット

桜花賞
3連複 2,660円
馬 連  670円
単 勝  320円(70%)
◎ソダシ1着(1人気)
◎▲でヒット

梅田S
3連複 5,220円
馬 連 1,050円
単 勝  970円(10%)
複 勝  260円(50%)
◎クレスコブレイブ1着(3人気)
◎※でヒット

やまびこS
ワイド 4,050円
ワイド 1,230円
複 勝  210円(50%)

中山12R
馬 連 750円

■4月10日(土)
【最強競馬予想】 予想:4鞍
阪神牝馬S
3連単 1万6,130円
3連複   4,550円
馬 連    680円
単 勝    310円(20%)
複 勝    140円(80%)
◎デゼル1着(1人気)
◎○×でヒット

ニュージーランドT
馬 連 920円
単 勝 320円(40%)
バスラットレオン1着(2人気)

中山12R
馬 連 4,040円
単 勝  330円(30%)
ベイビーボス1着(1人気)

阪神12R
馬 連 2,110円
単 勝  240円(40%)
シャイニーブランコ1着(1人気)

■4月4日(日)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
大阪杯
3連複 7,240円
△×◎でヒット

中山12R
3連単 5,770円
3連複 1,290円
馬 連  910円
単 勝  290円(10%)
複 勝  130円(70%)
◎カフェスペランツァ1着(1人気)
◎▲○でヒット

美浦S
3連複 4,730円

■4月3日(土)
【最強競馬予想】 予想:4鞍
コーラルS
3連単 17万1,800円
3連複  1万8,480円
馬 連  1万6,290円
単 勝   1,140円(10%)
複 勝    350円(60%)
◎リアンヴェリテ1着(5人気)
◎×○でヒット

ダービー卿チャレンジT
3連複 5,210円
複 勝  220円(60%)
◎ボンセルヴィーソ3着(5人気)
△×◎でヒット

■3月28日(日)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
六甲S
3連複 1万1,720円
馬 連   2,250円
単 勝    500円(10%)
複 勝    210円(50%)
◎クリスティ1着(2人気)
◎▲×でヒット

高松宮記念
馬 連 1,010円
複 勝  140円(80%)
×◎×で決着

中山12R
3連複 4,450円
馬 連  760円
複 勝  190円(60%)
◎オンリーワンボーイ2着(3人気)

阪神12R
ワイド 1,670円
ワイド 3,900円

■3月27日(土)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
中山12R
3連単 4万8,250円
3連複   9,970円
馬 連   6,560円
単 勝    170円(20%)
複 勝    110円(80%)
◎コスモカルナック1着(1人気)
◎×▲でヒット

日経賞
3連複 1,630円
馬 連 1,000円
○◎▲でヒット

毎日杯
3連単 2,550円
3連複  710円
馬 連  260円
▲◎△でヒット

■3月21日(日)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
中山12R
3連単 2万1,940円
3連複   5,790円
馬 連   2,810円
単 勝    230円(20%)
複 勝    150円(80%)
◎ハンメルフェスト1着(1人気)
◎×○でヒット

名古屋城S
3連複 9,800円
馬 連  920円
単 勝  210円(60%)
◎テーオーケインズ1着(1人気)
◎※でヒット

スプリングS
3連複 5,410円
複 勝  140円(80%)
※×◎でヒット

阪神12R
馬 連 3,370円
ワイド 1,350円
ワイド 2,430円

■3月20日(土)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
ファルコンS
3連単 6,600円
3連複 1,090円
馬 連  750円
▲◎○でヒット

フラワーカップ
3連複 2,880円

中山12R
3連複 2,700円
馬 連  980円

阪神12R
馬 連 1,250円

若葉S
馬 連 480円

■3月14日(日)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
阪神12R
3連複 13万3,970円
馬 連   3,620円
複 勝    400円(30%)
◎サンライズラポール2着(7人気)

金鯱賞
3連複 3万4,650円
馬 連 1万3,570円

アネモネS
3連複 5,060円
馬 連 4,250円
単 勝  630円(10%)
複 勝  200円(40%)
アナザーリリック1着(3人気)

中山12R
馬 連 3,260円
ワイド 1,260円
ワイド 2,530円
コーラルティアラ2着(6人気)

■3月13日(土)
【最強競馬予想】 予想:4鞍
中山12R
3連複 6,830円
馬 連 3,650円
単 勝 1,110円(10%)
複 勝  280円(40%)
モエレコネクター1着(5人気)

中山牝馬S
馬 連 6,440円
ワイド 2,080円
ワイド 1.320円

阪神12R
3連単 4,340円
3連複 1,250円
馬 連  670円
単 勝  220円(20%)
複 勝  110円(80%)
◎スコルピウス1着(1人気)
◎※△でヒット

■3月7日(日)
【最強競馬予想】 予想:5鞍
壇之浦S
3連複 2,430円
馬 連 1,190円
複 勝  130円(90%)
※◎▲でヒット

弥生賞
3連複 810円
△▲◎でヒット

■3月6日(土)
【最強競馬予想】 予想:4鞍
オーシャンS
3連複 1万8,650円
馬 連   4,550円
×◎▲でヒット

中山12R
3連単 9,640円
3連複 2,340円
馬 連  530円
△◎○でヒット

チューリップ賞
3連単 2,710円
3連複 1,990円
馬 連  910円
単 勝  110円(20%)
複 勝  110円(80%)
◎メイケイエール1着(1人気)
◎○×でヒット

阪神12R
馬 連 690円
特定商取引法に基づく表示
【販売者名】
大谷内泰久

【運営責任者名】
大谷内泰久

【事業者のメールアドレス】
timechart555@gmail.com

【URL】
http://keiba-yoso.jp/

【販売価格】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、 購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入していただけます。 コンテンツの購入に必要な金額は、 1ポイント=1円として計算し、各コンテンツごとに異なります。 販売価格は各コンテンツごとに表示しています。 ▼参考URL //help.fc2.com/fc2id/manual/group79/315

【商品代金以外の費用】
記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツおよびポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。 購入前に当ブログが問題なく閲覧可能か、 必ず動作確認を行ったうえでご購入ください。 ▼推奨使用環境 //help.fc2.com/requirements

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。
訪問者カウンター